ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

謝 辞

DSC04457あ
Carl Zeiss Jena 'Pancolor' 1.8/50 (Early-1970's)

今回のキッカイな私の疾病に関しては、
ブログ仲間の皆様にも、様々ご意見を賜りつつ、
痛みを抱える当人には、とても長い大型連休中にも
拘らず、適切な治療を受けることが出来、
最悪な状況を回避できたことに関して、
是非、皆様にお礼を言わせていただきたいと思います。

みなさま、ほんとうにありがとうございました。

皆様ご指摘の通り、持病の苦しみ、入院のストレス(?)等々
に起因する免疫不全による帯状疱疹!ということで、
連休中にも関わらず、然るべき治療を得ることが出来た為に、
危惧された角膜を傷つけることも無く、最も軽微な状態で、
既に快方に向かっているとのことで、安堵しております。

重ねていいます。ありがとうございました。



今朝も、連休明けで混み合う病院で
延々と順番を待ちながら、ヤッパリ聴いてた音楽は

Frank Zappa。

しかもザッパの全曲中でも、たぶん一番有名だろうベタなこの曲。

初めてこれを聴いたのは、高校1年生のとき。
実はかなり遅かった!...しかし衝撃の凄まじさは、
たぶん一生忘れることは無いだろう。

以来、ことあるごとにこれを聴き続けているから、
たぶん、他の何よりも、一番、回数聴いてる音楽、
何千回と聴いてる曲…ということになるはずだ。

LPはたぶん5枚以上、CDも4枚(4種類=ミックス違い)は買ってる…。
ああ、一度、典型的なコピー盤(アナログLP)も、
いかさまと承知の上で、おもしろがって買ったし、
この曲のシングルCDも、確か史上初のアダプター式
シングルCD仕様に、やはり初のゴールド仕様!だったはずで、
ヤッパリおもしろがって買った。

ザッパは、1968年にマルチプレーヤーのイアンアンダーウッドと
オーディションで出会い、彼のカラフルな演奏力に刺激されて、
音楽的に大きく飛躍を遂げる。

そういう意味ではアンダーウッドのおかげで完成したアルバムが
このHot Ratsというアルバムで、それまでの難解さが影を潜め、
実に分かりやすい、カラフルで華やかなジャズロックアルバムとなってる。

「クリムゾンキングの宮殿」っていうアルバムのタスキには
「あのアビーロードをトップから引き摺り下ろしたアルバム」
と書かれていたけれど(英メロディメイカー誌)、
その「〜宮殿」を、さらに一位から引き摺り下ろしたアルバムこそ、
この「Hot Rats」に他ならない。

しかしね…日本では実に、1980年代中頃のCD化発売に
至るまで、アナログ時代は一度も国内盤が発売されてなかった
アルバムでもあったわけで、なんだかね…ワーナーさんも
たぶん儲け損ねたと思う!!

では、Zappaでは一番売れたというわけではないけれど
曲として最も有名と思われるこの曲を….。

Frank Zappa - Peaches En Regalia


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

バニーマン says...""
なにはともあれ良かったですね。
帯状疱疹も悪化すると麻酔科に長期にかからないといけなくなるし、
角膜も無事なようでなによりです。
経験者のご意見、スゴイです。

>その「〜宮殿」を、さらに一位から引き摺り下ろしたアルバムこそ、
>この「Hot Rats」に他ならない。

それはまったく知りませんでした。
というかザッパにチャートアクション云々の作品があること自体
ビックリです・・・(^_^;)
2017.05.08 19:09 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."バニーマンさん まいどです"
皆さんに背中を押されました。
独りだと、痛みに耐えながら、イジイジと連休を過ごし、
手遅れで取り返しのつかないこともあり得た状況でした。

全米的には、Apostrophe(!)がビルボードの何十位だか!に
しばらく居座ってたはずですが、何しろ日本と米本国以外の
英国を含むEU圏では、絶大な人気があったはずです。

高校生の頃は、「いたち野郎」と「興奮の一夜」が、
まあまあ売れた(!?)って、ワーナーの担当者が行ってました。
(何しろザッパザッパとうるさい、地方のミニコミ編集者の我々でした!!)。
2017.05.08 20:58 | URL | #- [edit]
ギターマジシャン says..."ホットラッツ"
77年に出たエイプリル出版のムック本「ロック&ギター」には、「ギタリストのためのロックアルバム30選」のコーナーがあり、「ホット・ラッツ」が載っていましたが、レーベルやレコード番号の記載がなく、「廃盤」と書いてありました。

廃盤でも載せるくらいのお薦め名盤なのかと思いつつ、ザッパもマザーズも難解でサイケデリック、アバンギャルドだろうと、特に探しもしなかったのですが、CD時代になり、しかもツタヤにまで置いてあるので、レンタルしたところ、自分がジャズロックやフリージャズも聴ける大人になったせいか、すんなり入ってくるご機嫌なサウンドでした。


まだまだ不安定な気候も続くので、ご自愛ください。
2017.05.09 19:02 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ギターマジシャンさん 毎度です"
その節は失礼しました!

77年だったら、どうでしょう?、そろそろザッパのレコードも
入手しづらくなってきた頃でしょうか??80年前後だと、
ボロボロの米盤中古のホットラッツですら7〜8千円はしてたように記憶してます。
そのうちに、ザッパ当人が私財を注ぎ込んで、過去の自分の版権を全部買い戻し
デジタルマスタリングを施したアナログ盤(!)を、箱単位で売り始めて、
それがそのままCDにい移行し、やっとザッパのほぼ全作品が、
いついかなる時も安定的に買える、幸福な時代になるわけです。
2017.05.09 19:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/870-fa5148f2
該当の記事は見つかりませんでした。