ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ワダカマリも五十まで...?

60301.jpg copyright by adidas

私はいわゆる「洒落筋」ではないから、
遊び用のカジュアルスーツとか、イタカジの洒落た革靴なんて、
ついぞ縁のない人生だった。

だから仕事用の革の通勤靴以外の履物は
全てスニーカー…。

そんな奴だから、外国に行っても自分へのお土産(?)は、
だいたいスニーカー(とTシャツ)。
外国だからって決して安くはない。
シャーロックホームズによく出て来る
ロンドン・ベーカー街で買ったReebokなんて、
帰国後近所のABCマートでチェックしたら、
ロンドンの半額くらいで売られていて、
軽くショックを受けたりするのも、一度や二度ではない。

まあMade In GBとMade In Koreaの違いはあったけれど…。
結局Reebokもやがて身売りし、今ではあのAdidas傘下の、
堂々たるMade In Chinaだったりする。

とはいえ、私にとって、というより、
1970年代初頭のサッカー少年達には、
Adidas、そしてPumaというのは特別なメーカー。
いや憧れの麗しきブランドに違いない。
おもえばまだ1ドル=360円という超円安固定な時代だった。

アディダスとプーマは共に西ドイツのブランド。
いわば同じ同盟国の敗戦国にも関わらず、
なぜ為替は360円/$なのだろう?
と多少疑問に感じながらも
日本製のスパイクが4〜5千円だった時代に
アディダスで2万円前後、プーマで1万円強というところで、
秋田でも大手のスポーツ店にはウヤウヤしく置いてあって、
サッカー少年は買って貰えるわけもないのに、
何故かお店に通い詰めては眺め、
時には匂いを嗅ぎ(!)、
舐めはしなかったが、
ホホズリくらいはしたかもしれないほど憧れのスパイクだった。

結局、中2の時に、
親の手伝いをします。
勉強にせいだします。
また教室の何かを壊して担任に呼び付けられるようなことは
今後いたしません等々、
ワリに合わないほどの親の要求と引き換えに買ってもらったのは、
残念ながら日本製の「モンブラン」というメーカーの靴(スパイク)だった。
これはこれで嬉しかったけれどね。
結局高校でもサッカーを続けることになっても、
やはりアディダス、プーマは買えなかった。

そうしていつの間にか大人になって、ふと気がつくと、
サッカーマンどころかベースボーラーもバスケ族も、
さらには普通にジーパンを履いた若者達が、
あの憧れの三本線とピューママークのズックを!
いや、そのとき既にスニーカーと呼ばれていたが、
その麗しの高級品を履いて街を闊歩しているではないか!? 

西ドイツ製のアディダスとプーマは、「ライセンス」という取引方法で
日本のスポーツメーカーが製造販売し、
昔より大幅に安く、大量に流通するようになった。

これで心ゆくまで憧れの品のオトナ買い!!
と、思いきや、どうしたことか私はこの2社のスニーカーを
一切購入することはなかった。

やがて草サッカーを始めるに到っても、
やはりアディダスorプーマに手を出すことはなかった。
いや、実際は手に取って買おうとした!
しかし革の風合いも、匂いも、感触も、
その昔広小路にあった竹谷スポーツとか竹半で感じたアディダスの、
独特の恍惚感、高揚感は全く消え去ってしまっていて、
あろう事か哀しくなってしまったのだった。

50歳を過ぎて、ポンコツになって、秋田に舞い戻って、
さてスニーカー買うべ!と靴屋に出掛けた。
そこで何のワダカマリもなく手に取ったのがなんとアディダス。
理由はわからない…なにも迷うことなく
その三本線をすんなりと、
生まれて初めて購入した…。

実に軽くて快適だ、なぜこれまで履かなかったのだろう…って感じ。
ジジイになるとワダカマリって消えるのかね?
この調子で昔絶交した旧友と連絡を取ろうか!
と一瞬思ったが、ヤッパリやめた。
ワダカマリ以上に、傷つくのは
歳をとったとは言え、ヤッパリ怖いからね。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

スポンサーサイト

秋田に於ける当世ラヂヲ生活事情

6005.jpg

ラジコ(radiko)」っていう、サイマルキャスト云々…というより、
単純に言えば「インターネット経由のラジオ放送サービス」というのがある。
それが始まった3~4年前あたりから、
なんと私にとっては、ABS&NHK-FMのラジオッ子以来、
30数年ぶりのラジオ三昧、いまや完全に依存状態なわけです。

で、病気が思いのほか厄介なことが判明し、
秋田の実家に籠ることになって、
さてラジコはどうなるんだろうか?
秋田はまだ(未だに)ラジコネットに加盟してないどころか東北全体が…と、
他人から見れば何を他愛ないことを!?なのだろうが、
本人は意外に真剣に心配し、かつ半ば諦めてもいたのだった。

ところが、バチ当たりな話で申し訳ないのだが、
震災復興支援という名目で、期限付きながら
ラジコが東北全体をカバーする状態になっていた。
つまり東北でも基本「TBS(954)」「文化放送(QR)」「ニッポン放送(LF)」
「ラジオ日本」「TOKYO FM」などなどが、
高音質&STEREOで聴けるわけで、
これには驚喜した。

ただし11年6月には終了と言われ、確かにHPでも既に終了済み!
と宣言されても、なぜだか変らず聴けるのはどうしたことだ?
しかし、余計なことを言って止められても困る!というわけで
こっそり、少しだけ罪悪感を感じながら、
朝は森本毅郎に始まり、
昼は小島慶子(現在は赤江珠緒)と大竹まことをザッピングしながら聴き、
DIGで社会問題に憤りつつ、
深夜は伊集院(天才!)~爆問~山里で笑い転げる(ほとんどTBSだなあ)…

しかし、これがいつ突然終了するか?を考えれば恐ろしいのと、
秋田もいよいよラジコに参入!となれば、
おそらくはABSとFM秋田が明瞭に聞こえるだけの、
ハイクォリティ・ローカルラジコになってしまうこの恐怖を...
この残念さを...
いったいどう表現したらよいのだろう!

秋田にも良いラジオコンテンツ、面白い番組はあるのだろう(と思う)。
稲の作柄情況や、7号線の渋滞情報、大雪情報も大事かもしれない。
しかしABSはどういうわけだか、
在京キー局番組表の一番面白くない番組(聴取率最下位)しか
ネットしてくれてないようにしか思えないから(本当!)、
ラジオ実機に電源投入することは
いまのところ、一切ない。

因みに「東京セット」(たまに大阪セット)のラジコは、
WIFI (WiMax)などの無線接続には歯止めが掛からず、
既存ネットを持たない、空白地帯の秋田や山形では
「中央のラジオ局セット」がヤムナク聴けてしまうのだそうだ。
(通常の有線ネットでは「この地域では対応してない」となるらしい)

またNHKはラジコのネットには加わってないが、
独自でサイマル放送は行っていて、
第一、第二、NHKFMがネット上で高音質で聴ける上、
ラジコとNHKを統合した便利アプリも登場している。

結局、東京と全く同じ環境となる秋田にいて、
ウルトララッキー!というわけで、
私はPodcastやタイマー録音アプリで補完しながら、
快適なラジオ生活!
楽しんでます!....でも突然終了が何より

怖い、怖い、怖い!!

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

少数意見のようですが、表明しておきます

332012.jpg

どうも理解に苦しむことが世の中多くなってきた。
自分の考えが段々世の中と乖離してきているのだろうか? 

それでも自分の立ち位置くらいは
しっかりと表明しておかなければならないのが、
歳くった者のツトメではないかと思う。

自分の子供の志望校が、教師の不当な暴力が原因で自殺者を出し
しかも学校ではそんな体罰が日常化していて 
学校側どころか生徒や父兄、市教委まで日常の光景として見て見ぬ振り…
それどころか校長や一部父兄が
暴力を推奨までしてる実態がアラワになったとなれば、

親としては他の学校への志望変更を促すのは必然であり、
その結果、準備不足で子供が受験に失敗したとしても、
親の責任でしっかり子供の浪人か別の高校選択なども含めしっかりと受け止め、
子供を全力でケアする。

間違っても安易に大混乱の渦中にある学校等に入れる道理はない。

(中学)教師だって、師としての責任と誇りにおいて、
志望校変更を指導をするのもまた当然。

ところが実際は真反対…。
「夢を取り上げられそうな可哀想な自分を誰か助けて!?」
っていう打算に満ちた、狡猾すぎる中坊には心底呆れる。

私には学校も生徒も父兄も、
当該学科の入試中止という
当然すぎる措置を非難するマスコミまで

狂ってるとしか思えない。

自殺した子だって、そんな異常な環境に、
逃げ場がなくなっていたんじゃないかとさえ思う。
殴られた痛みなんて我慢出来るけれど、
誰も助けてはくれない苦しみに
心底病んでいたのではなかったか…?。

誰かが言ってましたね…
「この飛行機は故障してますが、急いでるお客さんが可哀想なので、
 取り敢えず飛ばします…」

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

神様となかなか折り合いがつかない男

9896.jpg
家人が信心深いお陰か(ってか神社フェチ!)、
40歳前後の数年間、私は毎年正月元旦にはしっかりと
「厄祓い」では有名な神社で祈願祈祷をお願いしていたのだが、
日頃の厄溜まりがもはや祈祷に敵わぬ手強いものだったのか、
実にマッタク...
見事に災厄にハマってしまった。

前厄:サッカーで骨折
本厄:父親他界
後厄:勤務先倒産

まさに怒濤の3年間である。
「四十にして不惑」などと言うが、
私の場合、見事に
「四十にして大いに困惑!」
となってしまったわけだ。

そんなわけで、残念ながら私の「不信心」は並大抵ではないようだ。
それでも家人の影響で、アチコチの神事すなわち
奉納系の祭は数多く見物してきている。
見るだけではご利益はないというわけか…。

などとカヨウなことを考えながら
懐かしい手形方面まわりで、サクサクと雪をかき分けつつ
去年に引き続き、三吉さんの『梵天奉り』へ。

プログラムの全体像は既に体験済みなので、
順々に楽しませていただくこととしても、
正直あのクライマックスのあり方は私個人としては得手ではない。

見物人は野次馬ではないのだ。
皆それぞれに「幸福」を祈願したいから祭に足を運んでいる。
演者の傍若無人さはまだ仕方がないとしても、
本当のクライマックスは参加者、見物人全員の幸福を祈願するような
「礼」のような何かが完全に不足してるような、
去年同様にそんな気がしたわけです。

だから毎度安心のエンターテインメント
「なまはげ郷神楽」御一行の存在感には、
いつも救われたような気分になるわけです。

あくまで私の得手の問題ですけどね...。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

秋田のトーン、冬仕様

9158.jpg
東京にいる家人とは電話でよく話すのだが、
どうも最近私の喋るトーンが重くゆっくりで、
沈んでるようにも感じる…
と心配されてしまった。

意識して落としているつもりは全くないのだが、
恐らくこれが秋田のトーン…テンションだと思う….ボソボソ。

思うに、それまで親類や友人の冠婚葬祭で
秋田に『日帰り帰省』することは何度もあったが、
今思えばテンションとか喋るトーンは「東京」の「それ」なわけで、
明らかにその場にそぐわず、浮いている!と常々感じていた。

一生懸命に「秋田弁とイントネーション」を思い出して使うのだが、
言えば言うほど墓穴を掘るのだ。

違うのは言葉自体ではなく「テンション」だったのかもしれない。
学生の頃などは帰省すると
「なんだよ秋田のクセに東京弁なんか使って、いいふりこきやがって…」
なんて言われたものだが、
言葉自体ではなくコミュニケーション時のテンションの違い…であったわけだ。

普通は数日、あるいは数時間で元に戻るのだろうけど、
私の場合はいかんせん35年もの東京生活だから、
やがて2年を迎えようという今頃になって、
やっと秋田のテンション、
しかも冬仕様!に戻った…のだと思う。

だから秋田テンションに戻ってる私を、
今度は東京側が「違和感」を覚えたのだろうな。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

ハイライト

9299.jpg
音楽マニアを自称しているけれど、
吉田拓郎のアルバムを1枚もきちんと聴いたことがない。

だから彼に影響されたわけでは断じてないが、
私は2年前に禁煙するまでの30数年間

ハイライト一筋!

思えば、かつて家に居た小さな悪魔には、こういわれた。
「煙草ヤメてとは言わないけど、せめてもう少し…
 オシャレな煙草にしてよね!かっこ悪いから…」

人生、どこに行くにも水色パッケージのハイライトと一緒だった。
行く先々では、トイレや非常口をチェックするより、
「喫煙所」または喫煙可能なエリアを捜し、
確保するのが最優先事項。

レストランなんかも喫煙席がなければオーダー前に「さようなら」。
「スタバ」なんてのは「敵の本丸」だから絶対近づかない。
初めてスタバに入ったのは,禁煙後の「秋田駅前店」だった。
古い自分のポートレイトでは、
殆ど煙草をくわえた自分がそこに居る。

しかし、30数年間も一途過ぎると(?)
人間の身体はこうなる!
という痛すぎるサンプルが、
今の私の悲惨きわまりないコンディションに違いなく、
自らの不摂生に基づく自業自得で
一切の申し開きも出来ない
情けない立場でもあるわけだ。

というわけで、YouTubeでこの歌を見つけた。
短い歌詞に何故だか私の想いの全てが
語り尽くされている気がした。
いまさらながら
「拓郎おそるベし!」

ではどうぞ!

ハイライト / 吉田拓郎

僕はハイライトを吸ってます
女房は鬼の顔で見ぬ振りをしています。
取っ組み合いをしなかったにしろ女房は
奪い取ろうとしてやけどしました。

癌になっても知らないからと
いうのですが僕もわかっていて
重々わかっているのですが
ついついくわえてしまうのです

僕はトイレの中ですってます
女房は台所でレタスを切ってます
様式トイレであるにしても
やはり惨めな気分ですが
ああハイライト

隠れて吸わなくてもいいわよと
いうので 
なあんだ知ってたのか
と言うと
だってキスされるとわかるもの
だから今キスはちょっと中止なのです

ぼくは早死にしたくないのです
女房は生命保険を気にしています
そうして新聞にタバコの害について
触れてあると 
これ…て読ませます

そんな煙のドコが美味しいのと
尋ねるので吸ってみたらと差し出したら
すうーっと一気に吸い込んで
ごくりと飲み込んでしまいました
(パタリと倒れ込んでしまいました)

[…以下90年追加部分]

あれから月日がずいぶん流れ
僕はマイルドセブンに換えてみましたが
先日明石家さんまさんに言われました

やめてくださいよ
神様が健康に気をつかうなんてことは

僕は早死にしたくないのです
だから今ではカールトンを吸ってます
ニコチンやタールが抑えめで
ちょっとオシャレなところも今の僕に…です

煙草を吸う人が少なくなりました
だけど僕にはやめられそうにもありません
どうせのことならみんなでもっと
もう、もうもうと煙って生きませんか

吉田拓郎/ハイライト

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

秋田人として??

9129.jpg

秋田駅前FONTEの前で、
私と同じようなトシカサのオッサンから不意に呼び止められます。

男『ちょっとお聞きしたいんですが』
私「はいはい」
男『この近くにパチンコ屋さんなんてありますかねえ??』
  
(パチンコ屋…そういえばココラ(駅前)にはすっかりなくなっちゃったなあ…
昔はパチンコ屋だらけだったのに….いや待て…国鉄の裏にB-GAL…)

私「徒歩で5分くらい掛かりますけど…そこの信号を渡って….」
男『ありがとうございます。東京から初めて秋田に来たんですが
  右も左もわからず困ってました。いや助かりました...』

それに対する自分の思いがけない応答に、私自身が驚いた!

「…んだすか…いがったすな…」

 どうしたいんだ,自分??



上京したてのお正月、帰省した時も秋田は雪が深くて、
軽装な私は、恥ずかしながら親にブーツを買ってもらった。
いわゆるウエスタンブーツ的な、つま先が尖った革のブーツ。
数万円したように記憶している。

それを履いて意気揚々と、本来はブーツなど必要ない
乾いたアスファルトの冬の東京、
しかもそれが一番似合わない四畳半アパートに戻ったのだ。

アパートは豆腐屋の2階の、キッチン(ってか単なる「流し」)付きではあるが、
風呂なし、トイレ共同、そして共同玄関=つまり靴を脱いで上がるタイプ。
その時は荷物も多かったのだろう、NEWブーツはウッカリ玄関に脱ぎ捨てたまま…
あっ、いけね!と思い出したのが10分後。
見事に数万円のお気に入りブーツは玄関からなくなってるわけです。

住人の出入りはさほどではなくて、
夕方の時間帯、出入りの多いのが「新聞配達!」
3~4社の新聞が配達されているようで、
その日からの私は、来る新聞屋の足許をチェックする毎日!。

新聞販売店の玄関先もチェックしたが見当たらない。

そのうち春になり夏になり....
ブーツのことはもうすっかり忘れていた。
ところが事態が動いたのが翌秋のこと。

ついつい某プロ野球のプラチナチケットにツラレて、
それまで定期購読していた新聞とは別の新聞と契約することにした。
すると拡販担当の30年配のオジサンが、
見覚えのある革のブーツを大事そうに抱えているではないか!
「こういう共同玄関って意外と危ないんだよねえ…」とか呟きます。

「あっ、それ自分の!」
なんて言えないのが秋田人(?)

冷静に!と自分にいい聞かせながら。やっと出た言葉が

「いいブーツですねえ!ドコで買われたんですか?」

と聞くと、30年配は
『あっこれ?ウチのね、配達バイトから安く譲ってもらったんですよ。
 ほぼ新品だけど自分の足に合わないからって…』
「….そうですか….」
それ以上言えなかった。

まあ今更返されても仕方ないし…。

ただし購読契約はキッパリ中止した。
理由?を聞かれたが、
「それは、その靴を売ってくれた配達員さんに聞いてみてくださいな!」
と言って追い返した。

勿論、以後その新聞をとることは、30数年経った今に至るまでない。

この執念深さも「秋田人」??


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

挨拶って難しい

60.jpg
明けましての、本年もよろしくです…。

イイトシこいて、満足な挨拶も出来んのか!というなかれ、
本当に新年挨拶って、なんでか苦手なの。
妙に照れると言うか、
何が哀しゅーて皆が皆同じ挨拶を繰り返さねばならぬのか?

しかも「本年も昨年と同様、よろしくお願いいたします」までを
先に端正に言われてしまうと、
同じ言葉しか用意してなかった自分に何故か焦り

「こちらこそ本年も○△□ХБФЯёйЖ」
とカミカミのシドロモドロになってしまいがちで,少し悔しかったりする。

人と人の付き合いは、
それぞれの関係性の深さ、接し方、気の許し方などまさに十人十色。
それをみんな同じに、新年あけましてドコがメデタイのか!と
イチイチ突っ込みたくなり、とてもすんなり正月挨拶など出来ないのだ。

そもそも平たい仲間うちで「〜ございます」も変だ。
「今年もよろしく!」で充分だとは思うが、
先方から先に「〜ございます」と言われてしまうと、
同輩とは言え「よろしくね…」ではやはりバランスが取れないから
「ございます」を採用せざるをえない。

それってどう?
何だか無責任じゃないか??
オレタチその程度のウワベだけの薄っぺらい付き合いかよ?
と思うと、もはや言葉を失ってしまうのだ。

逆に近年「あけおめ」「ことよろ」って言葉を聞く。
これはこれでわかりやすい。
所詮俺達って、アケオメでコトヨロ程度の雑な付き合いじゃん…
ってのが実に明確でわかりやすく、むしろ爽快ですらあるのだ。

まあ使ったことないけどね…
メールで「○○ナウ」って一度使ってみたことがあるが、
むちゃくちゃ恥ずかしかった。
ナウって何だよナウって....。
それってナウいのかよ?....。

というわけでいつも通りメンドクサイ奴かもしれませんが
本年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

該当の記事は見つかりませんでした。