ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ちょっとふり向いてみただけの...

14749.jpg

秋田に半身ながらも戻って来て丸2年が経つ。
というか、3回目の初夏を迎えることになった。

残念ながら未だ積極的に秋田社会と
密接に関わったとは云い難いのだが
何となく秋田のあらましと言うか
イケナイ風潮とか因習的なもの。
ナサケナイ主に公的な方々や
論壇やメディアの低すぎるココロザシなど充分に理解できた。

というか、そのイケナサに段々馴れて来て、
あろう事かみるみる染まって行く自分を発見し、
焦るのも今やしばしばであるのだ。

高校2年になった時に、東京から転校生がやって来た。
何事にも積極的な奴だったが、
ナカナカ在来生徒の輪の中に入ることが出来ないようで、
悩んでる様子だった。

そんな彼だが、1年後には立派に輪の中で一目置かれる存在になっていた。
彼は、決してネイティブ発音ではないが、
立派に「秋田弁」を使いこなしていたのだ。

私は、彼が裏で必死に秋田弁の単語帳を作り、
密かに勉強していたのを知っていたから、
逆の立場で、秋田において、
外来者が秋田人の集合体の輪の中に入り込むことの大変さというのを知った。

今の自分は「秋田弁」が酷く苦手である。
というより、実は異様に緊張するのだ。
いや、喋れてしまう自分がまた怖くもあり、
東京にいる家族への裏切りにも思えてしまうのだ。

だから買物などしてる時に、
ふと会話の中にギャップが生じ、
いい知れぬイヤな空気感とともに、
先方が対応を瞬時に微調整して、

「観光客!」

という扱いに切り替わるのがはっきり理解できるのだ。

この時の挫折感をご理解いただけるだろうか!?

私の今のスタンスは、
明日にも東京に戻るかもしれないし、
来年もあいかわらず秋田にいるかもしれない。
やがて60歳だ、70歳だ…という時に、
自分の居場所がどこかなんて見当もつかない。

なんとなくどっちにいても私は

「♩あなたにとって私、ただの通りすがり 
ちょっとふり向いてみただけの異邦人….」

ってな情況を自覚しないといかんのだなあ、
そう思うのであった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

スポンサーサイト

秋田のユルい初夏...最高!

55071.jpg
藤倉水源地近くの遊歩道(サイクリング道?)。

子供の頃、父と自転車で
ヒーヒー言いながら
よくこの辺りまで来たものだが、
去年は行く手の先の長い山道に対峙した瞬間、
一気に気持は萎え、自転車を乗り捨て、
バス行に切り替えた!。

今年は迷うことなく…最初っからバスを選択。
体力にはすっかり自信を失っている今日この頃であった。




「なんだかおかしいぞ?」
と、いう声が一向に聞こえて来ないから、
私の考え違いかと思われるが、
どうしても気になることがある。

外れ馬券が「必要経費」として認められるなら、
競馬場に雪のように棄てられた「外れ馬券」は、
確定申告時には領収証と同じ扱いになり、
それ自体が金券化するわけで、
何だか世の中ヤヤコシクならないだろうか?

まあ、不良債権買取なんかも
立派な金融ビジネスなわけだから(ハゲタカ?)
何がどう商売になっても
今更たいして驚きもしないが、
裁判所は今後この種のトラブルに
きちんと向き合う気概があるのだろうか??

宝くじの「外れ券」も、同じリクツで金券化することも考えられるし、
そのうちクーリングオフまで認められて、
抽選後でも返品可能になったり、
パチンコの出玉確率が既定より低いからコンプライアンス違反だあ!
とか騒がれて、法的に投資額が返還されたり等々、
ハチャメチャな世の中になりはしないだろうか??

なんて、ついつい心配してしまう。

ビジネス界が益々先鋭化する中で、
政治とか法曹界、お役所の有様が、
幼稚と言うか、白痴化して
全然噛み合ってないような、
そんな気がする、今日この頃である。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

5秒間の桃源郷

09477.jpg

30歳くらいの時に、原付バイクに乗っていて、
四輪自家用車と衝突事故を起こした。

突然眼前に自動車が現れ、瞬間、
「ああやってしまった。家族のみんなゴメン!」
と思った後、ふわっとカラダが浮いたような奇妙に軽い感覚。
そしてよく言われる
「走馬燈のように一気に巡るそれまでの人生…」
まさしく「そのものズバリ」を
確かに見た。

子供の姿の自分が、
お花畑のようなところで無邪気に走り回っている…
ちょうど上の写真のような色彩感覚。
意識が完全に飛んでいたようだが、
実は時間にして5秒にも満たない間だとおもう。

不意にガラの悪そうな大声が聞こえた。
相手側の四輪車の運転者のようだ。

「完全に向こうの過失だ、信号無視だ…あんたら見たでしょ!
 証言してくれるよね、オレ何も悪くないよね!?….」

「おいおい、こちとら信号無視なんかしてないぞ!」
その悔しさ、怒りの感覚で
私は強引に現世に引き戻され、目覚めたのだった。

私は中央分離帯(グリーンベルト)に倒れているようだった。
咄嗟に、手はあるか?足はあるようだな、動くか?動くみたいだ。
取り敢えずさほどのダメージはないみたいだ。
立てるか?オッ、立てそうだぞ…。

大破したバイクの残骸が見えた。
自動車はフロントガラスがぐしゃぐしゃに割れていた。
私がフロントガラスに頭から突っ込んだ後、
反転して飛ばされたらしい。
ふと気が付くと、もぎ取ったフェンダーミラーを握りしめていた。

夏だったので何とも情けないTシャツ&短パン姿だったから、
両膝と肘を軽く擦りむいた。
あとは一切損傷箇所なし。
不幸中の幸いとはこの事だなあ、と思った。

10分ほどして救急車が来たので、普通にヒョイっとジャンプして乗り込んだ。
検査結果はもちろん問題なし。

しかし気になるのは、たった5秒にも満たない不明な意識の中で、
確かに見た「桃源郷」の、眩い光と強烈な色彩感…。

記憶では定かではないが、
その時、白い衣装のドナタサマかが降りて来て、
私をふわりと抱き上げ、助けてくれたのではないか?
「こっちに来るのはまだ早い。現世でもっと苦労しなさい」

そう言われたような、そんな気がするのだ。

そして、しっかりと...
苦労してます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

正論が通らないリクツ

IMG_0249.jpg

大阪方面の某為政者による「慰安婦発言」。

彼が間違ったことを言ってるとは全く思わないが、
同氏が唯一勘違いしているのは、

「日本は敗戦国」ということ…。

歴史は常に勝利者のもの。
負けた側には一切の正論は許されず、
常に卑しい立場。

〈負けたくせに何をナマイキなことをホザイているのだ?〉
…そういうことだ。

ちなみに「なぜこの一連の慰安婦発言が駄目なのか?」
という論理的な反論を、未だに私は知らない。
ただただ下卑た形容詞が並ぶ勘違いな感情論だけ。

彼が代表の政治政党も、
アタフタして火消しに躍起なのも笑止。
意に添わなくても、
代表者の説を擁護し、
正当化するくらいの知恵と論理性くらい
常に持ち合わせてろ!と思う。

「ああ女性票が離れてゆく…どうしよう?」
「大逆風…さあ困った!」という発言が漏れ聴こえるが、
元々が超保守=極右なスタンスの党であり、
もう一人の代表=暴走老人さんなんて

「悪意そのもの」な人。

今更何を恐れるというものだろう?
各人がこれを「正論」として、
熱意を持ってキチンと説明すれば、
簡単に世論など握り返せるのに、
ホントに駄目な連中だなあ…と思う。

まあ、そんな「仲間達のレベル」に苛立つ代表!の姿が、
今般の発言に繋がってるんだろうねえ。

なげかわしや。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

頑固なスマホ

0271.jpg
いまだiPhone3Gというのを使っている。
日本初号機だから、まもなく6年目に突入する。

あんなもの流行りっこない!
きっと後悔する!
iPodなら良いけど、電話ってナニさ!?
わけわかんない!
…と散々酷評された。

今じゃあ考えられない、
相当昔の話みたいだが、

北京五輪があって…
リーマンショックがあって…
中国の毒入り餃子が話題となって…
秋葉原通り魔事件があって…
崖の上のポニョが公開されて…
M-1グランプリではNON STYLEが優勝して…
首相が福田康夫から麻生太郎に替わった
そんな年のことである。

ある理由があって、動作は緩慢になってしまったが、
いつかきっとAppleは改心し、きちんと悔い改め、
修正対応してくれると信じていたが、
どうやら我々「旧型難民」は
見事に切り捨てられたようである。

なあに、毎度のことさ!

もう随分以前に、OSの更新も適応外となったから
(常に最新状態!の表示が虚しい)、
最新アプリは当然「動作不適」が殆どである。

しかしきちんと電話機としてはもちろん、
メール、ネットも充分機能するし、
多少古いが、当時鮮烈だったお役立ちアプリも
充分重宝する。

最新機種では不安定なGPS機能も、ライバルのGoogle社製地図アプリが、
基本アプリとしてきちんと機能しているから、
迷子になっても安心だ(何度も救われた!)。

そして何より、
スティーブ・ジョブス-イズムに溢れる滑らかなフォルム。
シンプル=粋を見事に極めたデザインと重厚な質感は、
残念ながら現在のiPhone5にはノゾムベクもない。
もちろん(昔からのAppleファンとして)他社スマホは選択の余地すらないから、
つまるところ....
買い替えのタイミングを一向に感じないのだ。

そういうわけで、
壊れるのが早いか、バッテリー逝去が早いか分からぬが、
そこまで使い倒す事に「確実に」なるのだろうと思う。

秋田のヒトはみんなTDLが好きみたいで、
修学旅行生も楽しんでるみたいだけれど、
私的にはTDLよりも遥かに
「横浜港周辺」のほうが見どころも多くて楽しいし、
仮想ではなく、リアルな街の姿として
なにげに得るところも多い...と思うのだが、

やっぱTDL...は凄い...のかね。
仕事でしか行ったことないけど。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

所詮「こだわり」されど...

IMG_0217.jpg

長年にわたって「ロック好きオヤジ」を営んで(?)いる。
当然、好き嫌いに関わらずRock正史というものは、
きちんと押さえているつもりだ。

ビートルズやストーンズの全曲に関して、
そのひとつひとつに造詣を持つのは当然だし、
その影響と派生に類するアーティスト達への探求や心酔も抜かりない。

先日話題にしたE.クラプトンにしたって、
クラプトン本人をカタチ作るブルースメン達や、
その影響下のハードロックの系譜。

プログレッシブ系なら、その引用元のクラッシック曲やら、
ジャズの形態やらも研究対象となり得るし、

マイルスデーヴィス周辺から、ビバップやらモードの関連を知り、
モードとは何ぞや!?と勉強すれば、
今まで見えなかった真髄みたいなモノまで見えて来る。

そうした音楽界の「巨匠」であり、
「核」となるアーティストと、その系譜をキチンと押えるだけで、
音楽界の全貌や歴史観、価値観などを得る事が出来る…

音楽に限らず森羅万象全てが、そういった「関連付け」で、
物の本質が立体的に見えて来る!というものだと思う。

早い話が「王道」を極めれば、
その派生などで、何らかの関連や、接点を見いだす事が出来る筈だ。

ところがごく稀にだが、同じ音楽好き、もといロック好きでも、
その「核」が異なると、
大きな違いとなって話が全く噛み合なくなる場合もある。

もう20年近くも前に、大阪在住のさる方とメル友になった。
まだ草創期のネット雑誌(!)で
「メル友募集!」の記事で彼を発見したのだが、
条件として掲げられた趣味が当時の私とまったく同じで
「ああ、こんな危篤なヒトも世の中にはいるのだなあ」と驚愕して、
メールを送信した事を覚えている。

「Mac好き、ロック好き、ギター好き、サッカー好き、スタートレック好き…」

それから数年間、大阪在住の、私より4つ年上のその御仁とは、
順繰りに上記の話題などで語り合い、
時には盛り上がり、本当に楽しかった。

ところが、どうしても噛み合ないのが「ROCK問題…」
趣味が違うというのではなく
「核」となるアーティストが違い過ぎて殆ど噛み合ないのである。

彼にとっては、ビートルズよりモンキーズ…が重要。
英国3大ギタリスト系のクリーム、ZEPなどよりも、
グランドファンク/マークファーナーとかバニラファッジ、
ステッペンウルフが核となるから、
その後もジャーニーだとか、ヴァン・ヘイレン、STYX(?)なんかが
彼にとってのメインステージ。

ギターの方も、いわゆるメタル系の馬鹿テク系=タッピング系!…が大好物。
ジャズも基本がセロニアスとか西海岸系だから、
マイルス基本の私とは接点すら見いだせない。
「人生最高のアルバムはスレイヤーの…」となれば、
もう看過できず息苦しくなるばかりだったと思う。

ロックはロックでも、似て非なる音楽趣向の溝は一向に埋まらないまま、
自然と距離が開いていったように思う。
所詮「こだわり」されど「こだわり」…

少し検索してみたら、「こだわり」と同義語は….

信念 ・ 硬直的 ・ 妄念 ・ 恨み ・ 執着 ・ 愛 ・ 痼 ・ 美意識 ・ 思い入れ
固定観念 ・ 哲学 ・ 偏執 ・ ダンディズム ・ 傷痕・傷跡 ・ 一杯 ・ 流儀
頑固 ・ 美学 ・ 執着心 ・ 蟠り ・ 執拗 ・ ポリシー ・ 愚直 ・ 妥協しない

ダンディズムの違い!といえば
なんとなく正当化できそうな気もするけれど、
結局のところ、箸にも棒にも掛からない、
どうでもいいようなものなのかも知れないな。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

ポンコツ野郎、突然花を語る

IMG_0204.jpg

スイセンの写真なんか今更ベタすぎて何だかなあ…。

なんて、まさにリアルタイムにそう思いながら、
少し自嘲気味にシャッターを切ったのだったが、
「現像」してみたらビックリ!
今まで見た事ないような、スイセンの、
生命をかけた子孫繁栄の瞬間というのか
迫りくる姿があまりにも生々しくて
思わずゴクリと息を飲んだ。

ちなみにスイセンは、6枚に分かれた花びらと、
中心に筒状の花びら(副花冠)を持つ。
6枚に分かれた花びらのうち、
外側3枚は咢(がく)であり、
内側3枚のみが花弁であるとのこと。
原産地はスペイン、ポルトガル、北アフリカなどの
地中海沿岸地域。

スイセンは冬に花が咲くため、
寒冷地では栽培が難しいとされ
自生の北限は岩手県陸前高田市の広田半島とされていたが、
実際には函館あたりでも確認されているらしい。

キャラじゃないのでヒジョーにテレるのだが、
一応、花言葉(やっぱ超恥ずかシ)!

「うぬぼれ」「自己愛」「エゴイズム」…

やっぱ言うべきじゃなかったかな…?
ってか、意味同じじゃないかあ!

ちなみに実家の小さなテラスでは
雪解けとほぼ同時に突然ニョキニョキ・シュッシュッ!と
一直線な葉が生え始め、あっという間に花が付きました。
とってもセッカチな植物だなあ、と思って見てましたけどね。



連休中の秋田は天気も悪かったが、
私も体調が悪くて、ついつい引き蘢りジジイに成り下がりがち。
それはやはりマズいではないか!?
雨で寒いとは言え、それでも一応満開の千秋公園もオツかなあ…と
出掛けてみたのがまたイケナかったらしくて、
今度は咳が止まらなくなった。

まったくこのポンコツぶりにイラツクばかりの
連休明けも相変わらずサンデー毎日な今日この頃、
普通に仕事されてる方々が、本当にうらやましい。
人生何よりも「健康」が大事だ。

間違いない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

サイボーグ化されたい!

0129.jpg
いつもは誰もいない静かな橋なのだけれど、この日ばかりは...。
秋田市民の愛すべき共有財産。(4/29=連休中唯一の晴れ日)



かなり以前から、右側の犬歯がグラグラしていて心地が悪い。
すっきりと抜けてくれた方が有り難いが、
歯が根っこからみるみる押し出されて、
表出してる大きさというか高さが倍以上になって、
口の中で邪魔な事この上ない。

しかもグラついているから、
食事中についついグギッと噛んでしまい、
激痛に顔を歪ませるのももはや日常。

軽く引っ張ってもみるが、
根の底の方では意外にもシッカリくっついてるようで、
触ると激痛が伴うから仕方なく放置。

歯医者に行けば問題即決なのは承知しつつも、
他にもたくさん要治療の歯があるのは明白で、
ここだけ抜いてくれ!
ではどうやら済みそうもなく、
あれやこれやと半年とか1年とか
延々と生真面目に通いつつも、
いざサボりだすと戻るのが憂鬱になる。
残されるのは罪悪感と
中途半端で中断の治療途中の歯。

だからさっぱり気が進まない。
どんどん悪くなって気が付けば「総入れ歯…」決定だなあ。

夢のインプラント施術!なんて言っても、
今はただただ別世界の憧れでしかない(1本数十万?)。

眼の方のレーシックだって、
遠近両用レンズでは片眼38万だっけ(宣伝によると)!?
…ちょっとね。

国会中継なんか見てると、
昔と違って、老眼鏡掛けて書類読んでるセンセなんて
もはや独りとしていらっしゃらない!
皆さん両眼80万ほどのサイボーグ化手術済みって事ね。

そういえば議事堂のセンセー方々におかれましては、
アケスケに頭髪毛根の不自由な…
いわゆる「○ゲオヤジ」など、今や殆ど見掛けない。
皆さんお年にソグワズ異様なほどフサフサ黒々。
白い方もそれはあくまでも「狙い」....
美しく白く、軽くウェーブなどしてオシャレであらっしゃいます。
サイボーグ済みですか....? 

植毛+レーシック+インプラントは、
既に裕福な階層を示すシンボルとなっているのだろうねえ。
○ゲアタマ(そろそろヤバいかも…)+老眼鏡+ミソッ歯オヤジなんて

もはや……

あーあ!
と、ぼやいてみる今日この頃である。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

感じ悪いが気になるオヤジ

Eric-Clapton-Old-Sock-Album-Cover.jpg
なんと最新作である。
何故か手元にあるが、全く聴く気が起こらない。
何だこの青空は!? リラックス加減は(鼻なんて灼けちゃって)!?.....
まったくバカにしてやがるぜ!........。



この御仁、実に困ったオヤジなのである。

ブルー・ノート・スケールの使い手としての技量は、
ある程度認めねばならぬだろうが、
音楽自体は正直凡庸。
はっきり言ってしまえば1973年発表の461オーシャンナンチャラが頂点で、
後は惰性…取り立てて魅力などないし、面白味もない。

有り体に言えば、老いぼれ&落ちぶれロックアーティスト…。

ところがね、何故だか知らぬが、
このオヤジの存在感というのか、
アイコンというのか、
かつてのアイドルとはカクシテカヨウなるものなのか?
いつの時代も動静が気になる存在であることに間違いないからイヤラしい。

来日公演にも(昔々だが)何度か出掛けた。
素晴らしいとか、感動したとかいう高揚感など一切なく
いつも「まあこんなもんだろ…」ってな感じ。

そんなイイカゲンな調子ではあるが、
実は私自身、

ギター弾きとして最も影響を受けていることは否定できない。

というよりその手癖指癖の模倣は、
公然の秘密であるばかりでなく、
どうやっても抜けなくて困り果ててさえいたのである。

現役時代には泣くほど必死に、
ややこしい分数系コードや
ナンチャラスケールをたくさん覚えて、
リー・リトナーとかラリー・カールトン、
スティーブ.ルカサー、パット・メセニーなんてのを真似して、
ちょっとオシャレなフュージョン系ギタリストを気取り、
ただいまそっち方面で売り出し中よろしく!
なんてチャラケてみても、
ある時忘れもしない

「アンル△ス姐御」に、
イミジクモ言われた台詞…

「なあんだアンタも結局エリクラ小僧やん!
 チャーやニシシンジと同じ匂いがするよ…ああクセクセ!…」

気が付けばストラトキャスターを抱えれば、
パブロフの犬よろしく条件反射的にTONEツマミを「0」に絞りきるこの悪癖…。

その元祖たる厄介なオヤジこそ他ならぬ
エリック・クラプトン…

明らかに色男で、タチの悪い男である。
もっと言えばヒトデナシのロクデナシ。

資産家令嬢姉妹を順番にモテアソビ、
自身のヤク中&アル中期の最低時代を支えさせ、
回復したらあっさり捨て去り、
あろうことか親友の嫁を奪う。

代表曲『愛しのレイラ』の盗作騒ぎが起きると、
共同作曲者(ジムゴードン)は自責の念か?神経を病み、
殺人事件まで引き起こすが(現在も服役中)、
このオヤジは相変わらず飄々能天気で、
近頃は健康に留意するバカオヤジ。

もうロックアーティストとしての魅力なんぞまるで皆無なんだが、
何故だか気になるんだねえ…

この人の着地点はどこにあるんだろうか??と。

ちなみに何度も青山あたりの骨董屋や、
西麻布の関西おでん屋あたりでこのオヤジを目撃したが、
いつも我が国の超人気アイドルやら女優やらがへばりついていて、

感じ悪いぜスケ○オヤジ!...なのであった。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

該当の記事は見つかりませんでした。