ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

昭和の真髄!

DSC07174.jpg

ここは竹下通り?渋谷センター街(今は呼び名が違うらしいが知らない)?
街並的には巣鴨に近いが、それにしちゃあ若い人が多い。
…ってわざとらしいっすね。

何しろ土崎の曳山といえば、私の最後の秋田Year以来だから遡る事36年!?
その時もたいそう盛大なお祭りでしたけど、
完全に当時より規模拡大してるようですし
ヒトも段違いに多い!ここだけ見事に「昭和」してました!。

ちなみにその36年前は、土崎駅近くのタバコ屋の倅とバンドを組んでて、
祭だから来い!といわれ参上したら、

他のメンバー全員彼女連れ!

私だけ一人かよ!….。

んで偶然なのか必然なのか?喧嘩に巻き込まれます。
もうボコボコ….。
他の奴らは皆、連れの彼女に優しく介抱されてるのに、
私だけ一人ペッぺと口の中の血を吐き出すのみ。

ザキの祭なんかもう二度と来るもんか!

と心に誓ったまま幾星霜…..。

祭ってのは基本的にイニシエから「男女の出会いの場」が本道だから、
ジジババではなく若い人が集って盛り上げるのが正解。
男子はこの時ばかりは颯爽と、かつ勇壮に神輿や山車を操る。
それを近隣の村の若い女性が「♡♡」。
女性も優雅に盆踊りを舞い男どもは見事に「♡♡」。

めでたく子孫繁栄、五穀豊穣、家内安全!!
というわけで言う事なし!。いや目出度い。

まだ宵祭とのことで、明日もなんとか駆けつけようと思いますが、
いやーしかし何とも祭の真髄を堪能させていただいてます。
演じる方も見る方もキチンとTPOをわきまえ、
双方互いに気を使いながら粛々と祭は進行します。
大人も子供たちにキチンと祭の作法を教える光景を数多く目撃しました。
いやはや感服しましてございますです。

おまけです。
オトーサンの浴衣の裾丈とカンカン帽の取り合わせが、
なんとも東京五輪な感じですな!?
♫オリンピックの顔と顔〜ってか!
DSC07123.jpg

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/100-baed68e0
該当の記事は見つかりませんでした。