ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

極上エンターテインメント

550.jpg
これはヤバい….相当にヤバい!

確かにこれは単なるイベントヴァージョン。
もしくはプロモ営業に過ぎないのだろう。
本来とは全く別の、実に安直な「アゴラ広場」で数十分見せてもらっただけで,
私は見事にノックアウトされたのが
初めて見る西馬音内盆踊り…のサンプル・ダイジェスト版の夜でした。

中学生の頃に目覚めた音楽趣向は、
その後も常に時代の最先端(流行という意味ではない)のモノに
限定していたと自負している。
時に応じてそれがロックだったり、ジャズだったり、或いはエスニックだったりと
ジャンル自体はぶれるが、その趣向は50を過ぎた今も変わらない。
いいトシなんだからもう少し枯れた音楽を聴くべ、なんざ

「いずれこれより御免被り音頭の無駄を言う??」であるのだ。

20代のはじめの頃はプライベートではSexPistols、Televisionなどのパンクロック、
さらにTalking HeadsやXTC、Elvis Costello辺りに刺激を受けハマりつつ、
家を出ればJAZZだのAOR、時にはアイドル歌謡を生業として
スマシ顔でチャカチャカプレイする。

スタンダードJAZZをなるべく多くメモリーしとかないと仕事が来ない!?
というから必死で覚える。
仕事と割り切ってサテンドールだ酒バラだを聴き、
歌集を見て次々にコード進行を記憶する….
そんなだから未だにスタンダードなんて大キライ!

まあ、そんな生きていくにはハードな趣向を持ってしまったから、
「安直でいい加減キワマリナイ演し物=偽エンターテインメント」に遭遇すると、
殊更に腹が立つのだ。

そんな中で、今晩、実をいうと夕食を終え、入浴なんぞしていると、
窓から何やら笛太鼓のお囃子が風に乗って聴こえてくる。
どこかで盆踊りでもやってるのかな?
と、音の方向を辿り出掛けてみたら「アゴラ広場」だったというわけで、
全くの偶然ながら、私は西馬音内盆踊りに俄然魅了されました。
行きますよ!来月、羽後町!、絶対に!。

もうちょっとカメラの練習しないと.....夜の動きもの...難しい....。
フラッシュの質感好きじゃないし...コマッタ...。

スポンサーサイト

2 Comments

朴狸 says...""
近場ですし、早いですね、プレ参戦ですか。

縦画が好きな朴、見習いたい。
動きが有ると素人ジジイには難敵、ISO上げてもフラッシュが無いとぶれぶれ。
練習してご教授を! カメラ高機種買えませんし、F値の低いのも高いかな?

僕自身は指先が好きで、そこにこだわってピント! 難しい。
2012.07.29 09:41 | URL | #YDOxSa4Y [edit]
pipco1980 says...""
朴狸さん あっついですね!

いや、単純に「山傘」が意外と静止してるんで、そこに焦点持ってっただけですから
指先なんてめっちゃハードル高いですし、この夜も例によって失敗ブレブレ作の山に違いないですから。
感度上げると噓くさいし、フラッシュは使いこなせないし、薄暗さ「そのまんま」を撮るってのがいかに難しいかを痛感しました。なんとか本番まで作戦を練り直さねばというところです。


2012.07.29 12:24 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/103-731f0865
該当の記事は見つかりませんでした。