ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

堂々たる存在感?

post.jpg


全国に郵便ポスト数あれど、これほど凛とした佇まいのポストはなかなかあるまい!
千秋公園の表玄関にありながら、
もはや裏観光スポットともいえる味のある存在ですね!?




五輪たけなわ!といっても私は相変わらずほぼサッカーしか観てません。

そもそも五輪自体あんまり好きじゃないんです!。

その嫌悪感の根源はどうも「アマチュア精神」とか
逆に「アマチュアだから許される」的な甘えの空気がどうにも大会中に充満していて
それがどうも鼻につくというのか

「出場することに意義がある」

だからお寒い記録とか初めからブービー狙いとか、
そんな輩が跋扈する実に怪しげな大会のくせに,
やたらと美化して無駄に盛り上げようとする姿勢も鼻持ちならないのだ。

だから安心して観れるのは
「プロフェッショナルな競技」
これに限定されることになるわけです。

それと昔から気になって仕方ないのが,
選手はアマチュアでも、指導者や審判、競技役員さんは
恐らくそれで御給金をいただくプロなのでしょうから、
プロの仕事人に徹していただきたい!と思うんですね。
いかにも情報収集不足、思慮不足、言葉足らず、
指導者や審判員としての資質を疑うしかないヒトがこれまで多すぎます。

具体的な競技名は控えますが、協会、コーチが競技のルール変更を知らず
五輪本番で何だかおかしいな??で初めて知ったという.....
勿論、可哀想なのは選手です。
(英文の通知書を協会の誰も読めなかったのが原因らしい)

その辺りの全てにおいて稚拙すぎる部分というか、
お役所的で無責任な放り出し方が、
五輪を観ていて「不快」になる要因かもしれないです。

それにしてもどこかの国のお家芸!
せめて審判は千秋公園のポストのように凛とした
堂々の存在感を示して欲しいモノです。
人間のジャッジよりビデオを信じるなら、
もう競技自体もジャッジもテレビゲームで充分じゃん!
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/104-6f7ca565
該当の記事は見つかりませんでした。