ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

エレキ大王のご降臨!

99.jpg
先日の続きで大事な事を云い忘れていたので加筆。

”PORTO”という幼馴染み2人によるオヤジバンドの、
東京恵比寿でのオヤジバンド全国大会の日、
そのバンドの中になんと35年以上前、
当時高校生の私が憧れていた言わば神様のようなブルースギタリスト
「M氏」が参加して…否、参加されていたのには、
秋田弁で言うまさに「ドデンした!」であったわけです。

当時、彼のギターが聴きたくて高校生ながらに
M様(!)のホームグランドであらせられる大町ビル内「田中屋」に通い詰め、
迂闊にも補導されたなんて事もありながら、こっそり隠し録音し、
神々しいばかりのプレイを、有り難や〜とコピーさせていただいたり….

そんな御仁が…いや神様がこんなワルガキ仲間…
いやいや幼馴染みのところにご降臨なされていたとは!!?

私が秋田の音楽シーンの片隅に存在したのは、
実際ホンの数ヶ月であったわけだけれど、
その間もいつも「M氏」を意識しつつ、
いつの日かM氏のバンドに呼んでもらえる日を夢見てたわけだけれど
それは叶わぬまま、私は人生の舞台を長い長い東京時代に移すわけで、
なんだか輪廻とか縁(えにし)とか人生の轍とか、サマザマ感じるに至るわけです。

それにしてもM氏のエレキはヤッパリ良いです。
35年前から憎ったらしいほどの「間(マ)」とか「タメ」の利いた渋さでしたが、
今はもう仙人、いやエレキ大王の境地かも!?
(神様と仙人、大王のステージの違いが良く分からないですけど)

いやはや…まったく.....
結局進歩してないのは私だけってことですかね??。

スポンサーサイト

2 Comments

Mitsui says..."PORTO"
こんにちは、三ツ井です。
義哉から見せていただきました。
この度はありがとうございます。
記事は自分が見てて恥ずかしくなるほど
お褒めいただいてて、恐縮しております。
6年前、不良してた時期がありまして、
誰も声なんぞかけてもらえない時に、
ハタエ君、義哉が誘ってくれて今に
いたっております。
機会ありましたら次回はお声かけてください。
お身体無理せずに、また
よろしくお願いいたします。
2012.09.11 16:38 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."いやはやどうもです。"
Commentありがとうございました。
いやその....感激でありますです...はい。
今後の更なるご活躍をお祈り申し上げます。
心より応援させていただきます。

....て、なんか硬くなってしまいます。
取り敢えずメ、メ、メークラブさんのファンでありました!
35〜6年前の秋田で、我々オバカ高校生の前で
ロックバンドの形でありながら ハービーハンコックやら
セロニアスモンクを軽々と演って見せたくれたことの衝撃は
自分にとって計り知れないものでありました。
何しろ今回はありがとうございました。
2012.09.11 22:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/121-4e851af0
該当の記事は見つかりませんでした。