ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ブルースカイ...なのだけれど

DSC02959.jpg


やっぱ晴天は気持ちがイイ!

理屈ではわかってることだけれど、あらためて生活してみて
秋田は圧倒的に晴天日が少ないことを思い知らされる。

気取って言えば、ロンドンみたい!?
レイ・デービスもジョージ・ハリスンも、お天道様はありがたい!
って唄ってる。
霧のロンドンといえばロマンチックだが、実際には殆ど毎日、曇天か
雨の日で、しかも寒いから、観光客は雨の中あちこち歩いているうちに
ほぼ風邪をひく。夏目漱石は留学中にうつ病になったんだっけ?
そういえば秋田も.....

ロンドンの人は多少の雨では傘をささないのと同様、秋田っ子も雪で
傘はささない。北海道はじめ他の東北も同じらしい。
だから東京でのささやかな雪の日は、東日本出身者とそれ以外が明快に
区別できる。そしてその時ばかりは、東日本出身者は「フン!」と鼻を
鳴らしながら、何故か誇らしげに胸を張って街をゆくのである..
この程度の雪でオタオタしてんじゃねーぞ、こちとら雪国出身じゃい!
文句あっかー、おらおら退けどけい!、何い?電車止まった?根性足りね。
大渋滞?逆ハンきってケツ振らしたろか!!などと何かと威勢が良い。
一応東京ではそんな日が、年に2〜3度ほどある。殆ど東北人の祭りだな、
雪の日は。






スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/15-f19f7fcb
該当の記事は見つかりませんでした。