ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

役に立たないCD批評

BrianEno-(2012)-Lux.jpg

ENOといえば私にとっては未だにROXY MUSICの「エノ」で、
同バンドの飛び道具的役割を担った人。

FRIPP & ENOでは彼の前に楽器はなく、
2台のオープンリールテープレコーダーがあるだけで、
King CrimsonのRobert Frippが繰り出す清音濁音に、
多様で奇怪なループやエコーをテープレコーダで作り出していた人。

801Bandでは「ライオンは寝ている」を
大真面目にカバーしたひょうきんなオッサンだし、

私にとっては「人生最高傑作」に近いアルバム
『Another Green World』を創出した人であるし、
デビッドボウイやトーキングヘッズ、U2やらのプロデューサー。

さらに世間ではアンビエント=環境音楽の創始者として、
サティ〜ケージ〜イーノという系譜で、同列に語られる歴史上の偉人。

最も有名なのが、WindowsOSの起動音「ジャンジャラララリーン…」の創作者。
楽器が弾けないミュージシャン。
それがブライアン・イーノ、英国人。

彼の2012年新作「LUX」を聴いた。
彼の代名詞である「アンビエント」だが、なんと今世紀初のアンビエント作品…
これだけで少し感慨深いではないか!。
しかもかつて彼の作品に必ずあったシチュエーションの規定
(=空港とか宇宙船とか木曜の午後とか…)が、
今回は『ルクス』即ち『光』となっている。

光ってなんだ?という哲学的思索をしたところで、
得られる解答は「時間」としか答えられない。
森羅万象全ての問と答は「時間」であると思うから、
ツマルトコロENOのアンビエントはすべて

「MUSIC FOR TIME」が裏解答なのであったあ

と、30年くらい前に京橋の居酒屋で音楽仲間でもある
ザギンのボンことザボン君と熱く語り合ったかつての怠惰な「時間」が懐かしい。

こうした時間軸が歪んだり、複数の時間軸(別の運命による別の人生時間)
が、たまに交差し合うエピソードが
唐突ながら私が敬愛するSFテレビシリーズ
「スタートレックシリーズ全700話」の中にいくつか紛れ込んでいて、
個人的には愛しくて大切なエピソード達なのだが、
そういう過ぎ去った過去時間へのオマージュ的にENO作品は充分に
誰にでも楽しめる音楽だと考えるのだが、

決しておススメはしない。

考えてみればかつての自分はアンビエント否定論者だった。

前だけを向いて生きてる(時代の)人には
アンビエントは、全く無意味で退屈な音楽でしかないからね。

常に自分の人生、時間経過に疑問を抱いている人。
あのときの判断は正しかったのか?
別の決断だったらどうなった?
人生どう変った??
そう考える、イジイジ、グジグジとした
厄介な性格の私や君(?)には

絶対オススメします。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/151-6d5959b2
該当の記事は見つかりませんでした。