ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

たまには政治でも語ってみる。つまんないけど...。

I9634.jpg

政治的な話はあまりしたくはないけれど、
福島や六ヶ所村を抱える東北人の一員として、
経済性を理由に原発を是とする政治家を
輩出(排出)させるわけにはいかないのではないか!と考える。
かといって民主…?本当に分かりかねるパーティだ。
というより民主を取り巻く言論にも理解出来ない私がいる。

疑問①;鳩山氏は以前から普天間基地の県外or海外移設を
持論として唱えていたから、
首相となったからには当然持論通りに行動したはいいが、
性急に実行出来るような事ではないのに、沖縄の地元や野党の圧力に屈し、
よせばいいのに約束手形のように結論に期限を切らされ、
結果地元からも野党からも、マスコミにまで「嘘つき」と呼ばれ総理を辞任した。

普天間県外国外移設という理想を現実に唱えたのは鳩山首相が唯一で、
言わば彼は沖縄への最大の理解者であるのだから、
本来はもっと頑張れ!と応援すべきところを、何故だか嘘つき呼ばわりし、
出て行け!総理辞めろ!とアジる沖縄県民…なんだかなあ…??
と率直に哀しく思ったものだ。

疑問②;…なんだか東電は作業員を福島第一から撤退させるみたいですよ!…
事故からまだ数日しか経ってない時点でこんな無責任な話を聞いたら、
首相でなくても東電に怒鳴り込みたくなる!
んで菅直人という人は新橋の東電本社に乗り込み怒鳴りまくった。

ざけんなバカやろう。社長出て来やがれ!…

この粗雑で野蛮な行動によって東電の指揮系統は乱れに乱れ、
重大な冷却スキームの遅れに至ったそうで、
これは正式な事故処理遅滞原因として内閣に報告されたのだそうだ。

なんか何処かおかしくないか?論理として。

それを言うならマスコミのミスリードの方が数段デカイ問題でしょ!?
ついでにマスコミを中心に「菅辞めろ!今すぐ辞めろ!」の大合唱!
しかし菅氏の何がどう悪いのか誰も説明しないまま、
さて何処のどなたなら、或いは何党のどなた様なら適任で菅氏より
どう優れているのか??がさっぱり分からないまま、
やがて「復興」など微塵も考えてない、
口を開けば増税しかいわない現政権が誕生した…
あの騒ぎは何だったのか??

疑問③;一時、松本龍なる復興相に就任し、エラい大柄で高邁な態度で
一夜にして国民に嫌われ、辞任させられた男がいた。
しかしだ。私は少しばかり、多くの国民とは別の見方をしていた。
大柄な態度は勿論自己演出である。
つまり彼は「ハイハイ、分かりました、ヨロシクお願いしますね…」
という名目だけのひ弱な代議士像ではなく、毅然とリーダーシップを発揮し、
きびきびとした軍隊式の縦型の指示系統を作ろうとしていたのは明白である。

彼はハッキリこう言っている。
遅れてきた宮城県知事に対し
「アンタらの声がな、町長も村長もだ、中央にはっきり聞こえないのだ。
 何が欲しい、いついつまで絶対欲しい、オマエら何やってる、
 現場の要求を聞けよこら!くらいの迫力でものを言わないと
 中央には何にも伝わらないんだよ!
 言わないってことは要らねえってことだ。
 だから、言わない奴には何もやらん!
 アンタらは今日俺を待っていた筈だ…しかし出迎えがなけりゃ、
 なんだ俺を待ってないのか、俺にはたいした要求も願いもないんだな…
 そう思うだろ!行動は大事なんだよ、次から気いつけろよ」

口汚いが、真っ当なことを言ってるなあと私は感じていたが、
なにしろ非情時なんであるわけで、いかにも使えなそうなオヤジが赴任して
現場の邪魔になるより、はるかにマシな人選..と思ったのだが、
マスコミの切り取り方も問題だが、
多くの国民は彼が傲慢で信頼に足る人材ではないと判断した。

実は私も昔は随分傲慢!と言われたから気持ちは良く分かるののだ。
旧くは小学生時代は、グループで協力して行動する理科の実験を
「あー、また一人でやっちゃってる〜いけないんだあ!」と指摘(非難)されていた。
仕事では、期日が迫った仕事に対してはノンビリみんなで議論して…
なんて時間はないから、先輩も後輩もなく、各人のポテンシャルを鑑みて、
仕事を問答無用で強引に割りふる。そうして納期になんとか間に合わせた
その後に、ゆっくり愚痴でも非難でも聞く。
しかし多くの場合、非常時という事はすっかり忘れ、
乱暴すぎる、一方的すぎる...と、理解してはもらえないものだ。

繰り返すが私は民主党員でもないし支援者でもない。前回は入れたが、
恐らく今回は入れないと思う(何を?)。
勿論原発是認候補にも入れない。
と、するとあんまり居ないのよねえ〜。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/156-edab8e8d
該当の記事は見つかりませんでした。