ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

投票はしたけれど......。

DSC03755.jpg
予想されていたこととは言え、
選挙結果は、ネオコン側(弱肉強食)が圧勝し、
リベラル(庶民・弱者目線)は壊滅…いやっ絶滅!?という情況になった。

もはや、なりふりかなわぬ土建政治が跋扈し、
為替も景気も物価も一旦上昇するだろうが、
年金などの社会保障額は減額され(自○党の公約にそう明記されている!)、
医療費もキッチリ上がった頃には消費税増税も待っている。

雇用は若干増えるだろうが給料は大して上がらない。
そうした選択を、今回、国民の大半が望んだわけでは断じてないとは思うが、
小選挙区制とはそうしたもので、
いつものことながら、
民意と政治が噛み合わないのは、
もはや国民的不幸と思って諦めるしかないのだろうか?。

政治家先生(代議士)といえば、尊敬すべき偉い人!って教えられたけれど、
親類のお葬式や結婚式で出くわす
「腰は低いが頭が高い」代議士さんと言われるオヤッサン達に、
そんな高度に研ぎすまされた政治思想も、
指導者的風格すらも全く感じず、
ただの田舎臭いテカテカ&ギンギラジジイとしか見る事が出来なかった。

その後、今に至るまで、様々な代議士や候補と会食=
いわゆるパーティというもので語り合ったり
(政治のプロなら1分で私を感服させ、ひざまづかせろ!と思う)
人間的に全然気に入らないまま、
業界的なバックアップを仕方なく行うなどと関わってきたが、
遂に子供時代の油っぽい印象を覆すような人材には巡り会う事はなかった。

だから私は政党ではなく、
なるべくヒトトナリを見て熟慮し選ぶ事にしている。
だから選挙権を得て30数年経つが、

いまだに私が選んだヒトが当選した試しがない!。

でもそれでよいと思っている。
政党結社なんて充てにならないし、裏切られるのがアタリマエの世界。
脱政党政治で、政治家個人が自らの思想と意思と責任で
自由に賛成側、反対側に廻れる「自由政治」って成り立たないものかなあ?
などと思う昨今である。

いずれにしても勝利者側が
その「公約」を守ってしまうならば
「社会的弱者」には、
非情に困難な世の中になるのは間違いない事になってしまった。

スポンサーサイト

4 Comments

ぽん says...""
こんばんは。
寒い毎日の続く中、上手にネガってらっしゃいますか?(おっと失敬)

今回の選挙、投票率の低さに衝撃を受け、
政党の得票数の格差に、ふたたび、軽く衝撃を受けておりました。

大勝した政党への一票一票が、期待票とはかけ離れたものであることと、
投票にいかなかった人たちの思いには、同じようなものを感じてしまいました。

「日本をとりもどす」というキャッチフレーズが、大嫌いでした。
言葉の意味ではなく、今、このタイミングで
「その言葉」を「あの政党」が、
まるで「水戸さまの印籠」のように口にすることがイヤでした。

その言葉を、正々堂々と口にする資格が、あるというのか?
どのへんから、取り戻してくれるというのか?
今回のことで「御祓が終わったわけではない」ということを判っているのか?

などという想いを、もっと子どもっぽいコトバで、
テレビCMのたびに、心の中でつぶやいておりました。

なんだか、眉間のシワがふかくなり、
唇が、3ミリほどつきだしたような気がします。

こうやって、どんどん指名手配のオンナみたいな人相になっていく。
次の免許更新の写真が思いやられます、まったく。

>いまだに私が選んだヒトが当選した試しがない!。

ここまで自信をもっていわれると、ほぼアッパレです(笑)

子供の頃、ずっと総理大臣をやっている佐藤栄作氏をみて、
子供心に、総理大臣は天皇陛下と同じように、
ずっと続くお仕事だと思っていました。

「三角大福」時代で、びっくりでした(笑)

政治屋さんではなく、政治家さんの登場を熱望しています。
2012.12.17 21:39 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん毎度です!"
ぽんさん、どうもです。

酒の席(?)で政治を語ること程、愚かしいことはない!
と思ってる自分が、このような白い話題を繰り出すことになってしまって、
実は反省&自己嫌悪しきりなんですが、
ぽんさんには真っ向勝負で返信されてしまいました。
素晴らしすぎて尊敬すらしています。
有り難うございました。

もうちょい軽い話題で今後ともヨロシクなのですが、
たま〜に、ネガティブエネルギーが大爆発したときには
どうかまたフォローのほど、お願いします。
では。


2012.12.17 22:12 | URL | #- [edit]
ぽん says...""
タブーの政治ネタに
真っ向からのコメントしてしまい、すみませんでした(汗)
ヤボだとは思っていたものの、なんだかもやもやしていたところだったもので。

時々、こんなことをやらかします、私。

自分のブログには「ひれカツサンド」のアップなんかのっけてるにも関わらず、
ひと様のブログにながながと…。

年々、時々「ブレーキのない車」みたいになります。
微妙なお年頃ゆえなのですかね。いやはや・・・です。

ほんとうに、すみませんでした。
はんせい(ダケナラサルデモデキル(汗))
2012.12.18 00:10 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん"
いえいえ、有り難いです。

結局は気が弱いので、下手に政治ネタを振り回して
非難されたらどうしよう! すぐにゴメンナサイで許してくれるだろうか?
なんて考えると、政治ネタはブロガーには相当リスキーだと思います。
「正義感」の取り扱いや暴発には、お互い気をつけねばならないようですね。
(勝手に同志にしちゃって申し訳ないっす!)

2012.12.18 01:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/163-2dfa88bb
該当の記事は見つかりませんでした。