ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

やっぱりトホホな年末年始

DSC09099.jpg
大家族….。
去年も同じ場所で、同じように撮った筈だが
技術的進歩全くなし! 残念!。



年末年始の「帰省」というのか、
私の場合「東京(イ・ナ・カ)へ帰る?」になるのかどうか微妙なところだが
取り敢えず来年の検診日までは一旦戻ろうと計画していたのだが、
ここ数日、あまり体調が良くない。
しばらくは収まっていた酷い目眩がまた…。

と云うわけで「帰省(!?)」は中止!
なんだかんだと、すっかり秋田から離れられなくなってしまってる。

年末は基本的に大晦日まで仕事して、夕方乾杯して散開!
というのが例年のスキームだが、
31日は他に、タチの悪い風邪をひくか、突然の歯痛に襲われ、
既にシメナワをして休暇態勢に入ってる歯科を無理矢理おこし、
応急処置の治療をしていただく! など、体調を壊すのもまた通例!

暮れの超多忙さと宴会疲れが、
どうもひと安心した31日の一瞬の気の緩みにつけ込み、どこか悪くなる….
そんな感じ。

それでも新年は気持ちを入れ替えて、
若い頃はセッセとお世話になった方々へのお宅へ挨拶まわり。
少し歳をとると挨拶回りされる側になるのだが、
面倒くさいし、私より家人が大変!というわけで

年始・挨拶、一切不要!

...として、正月は温泉あたりに出掛けることにした。
まあ箱根辺りが定番だが、
年を越し、元日チェックインとすれば、意外と空いているもので、
家人にとってもこれが最も楽らしい。
元日は朝食分の軽いおせちと雑煮だけで、
午后には初詣経由で
そのまま新宿発小田急ロマンスカーに飛び乗って箱根湯本…
これホントに極楽です。

ところがこの「年始挨拶一切不要」が誤解され、

「あいつは秘密主義らしい」とか
「公私のケジメにうるさい」

との評判が立ち、
結果、私が怪我や病気で入院しても、
部下達が勝手に「見舞い無用」と判断し
本当に近親のスタッフしかやって来ず、
寂しい想いをした。

父の葬儀の時も「弔辞弔電もちろんお布施も一切無用…!?」
などと一声も言ってないのだが、
「不要」と判断され、関係各位に流布してしまい、
これがヒトによっては、
実は相当に礼を失する思想、行動と受け取られてしまい、
後々怒られたりしてちょい困った。
まあ「弔辞も弔電もお布施もWELCOMEですよ〜」とも
敢えて言えないけどね…。

まあそんなだから、賄賂とか接待なんかに殆ど縁がなく、
盆暮れのツケトドケも殆ど届くことはなかった。
あの人は高潔すぎて、
ツケトドケすると逆切れされ返品されるらしい?!
という都市伝説(個人伝説か?)が
勝手に一人歩きしていたようだ...。

ハムも大好きだし酒も好き…
いただけるものなら有り難く…なのだが、
どうもここでもトホホで損な性質であったようだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
スポンサーサイト

2 Comments

    朴 狸 髭 says...""
気難しい世の中ですね、なってきちゃったのかな?
ニッポンという中での集団生活、何処かで協調の一線も欲しいし…
でも、あれですね~職場と言う世界から脱すると、気持ちの中にゆとりが増幅、しすぎて駄目になりつつですけどね。

田舎?へは結局無理なんですか、残念!と言った方がよろしいのか…
一泊¥6.500-の宿で湯船に浸ってきます、湯船が一番の(お酒も) おともだち!

 目眩、ご注意を、私も時々起きていますが怖いですね。
 気まぐれ者にお付き合いいただいた本年、どうも有難う御座いました。
2012.12.30 15:51 | URL | #YDOxSa4Y [edit]
pipco1980 says..."朴 狸 髭さん!"
毎度です、師匠。

こちらこそお付き合いいただき、有り難うございました。
来年もまた本年同様、よろしくお願い致します。

PS. 師匠ブログでの「マクドナルド初体験記」を待っているのですが.....!!
是非MEGA MAC(今あるのかな?)のご感想など期待してます! 
では。


2012.12.30 20:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/170-258cc1ff
該当の記事は見つかりませんでした。