ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

少数意見のようですが、表明しておきます

332012.jpg

どうも理解に苦しむことが世の中多くなってきた。
自分の考えが段々世の中と乖離してきているのだろうか? 

それでも自分の立ち位置くらいは
しっかりと表明しておかなければならないのが、
歳くった者のツトメではないかと思う。

自分の子供の志望校が、教師の不当な暴力が原因で自殺者を出し
しかも学校ではそんな体罰が日常化していて 
学校側どころか生徒や父兄、市教委まで日常の光景として見て見ぬ振り…
それどころか校長や一部父兄が
暴力を推奨までしてる実態がアラワになったとなれば、

親としては他の学校への志望変更を促すのは必然であり、
その結果、準備不足で子供が受験に失敗したとしても、
親の責任でしっかり子供の浪人か別の高校選択なども含めしっかりと受け止め、
子供を全力でケアする。

間違っても安易に大混乱の渦中にある学校等に入れる道理はない。

(中学)教師だって、師としての責任と誇りにおいて、
志望校変更を指導をするのもまた当然。

ところが実際は真反対…。
「夢を取り上げられそうな可哀想な自分を誰か助けて!?」
っていう打算に満ちた、狡猾すぎる中坊には心底呆れる。

私には学校も生徒も父兄も、
当該学科の入試中止という
当然すぎる措置を非難するマスコミまで

狂ってるとしか思えない。

自殺した子だって、そんな異常な環境に、
逃げ場がなくなっていたんじゃないかとさえ思う。
殴られた痛みなんて我慢出来るけれど、
誰も助けてはくれない苦しみに
心底病んでいたのではなかったか…?。

誰かが言ってましたね…
「この飛行機は故障してますが、急いでるお客さんが可哀想なので、
 取り敢えず飛ばします…」

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ


追記
大阪市教育委員会は21日、臨時会議を開き、同校体育系2科の入試中止を決定した。
スポンサーサイト

2 Comments

ぽん says..."難しい問題ですね"
今回の波紋をみるにつけ、自分の経験して来た学生時代を物差しにして、
世の是非を問うには、時間がたちすぎたのだと思いしらされています。
今回問題になった教師が、私よりも年下だという事実に軽く驚きながら、
彼の過ごした学生時代での体験などを推し量ってみたり・・・して。

決して、その教師を擁護しているわけではないんですよ。
彼が学生時代に経験したことが、
今の時代そのまま通用しないという「ずれ」に関して、
あまりにも鈍感だったのだと思ったりします。

すみません。抽象的ですよね。

今の子供たちが晒されている現実は、私たちの時代とはかなり違っていて、
同じ言語を話し、同じ感覚や慣習の船にのっているとしても、
心や頭の中のしくみや構成要素が大きく違っているのだということを
教育の現場にいながらリアルに体感できていなかったのだ…と思いました。

「私が高校生だった頃」と話す話しが、すでに30年以上前のことだという現実。
例えていえば高校生の私が、戦後間もない高校生の話しを聞くほどのタイムラグ。
あ、これはちょっと極端過ぎますか?(汗)

そして、もう一つ引っかかっているのが・・・。

今回の大阪市長の決定がいいもの…とは思えないことなんです。
というよりも、あんなに胸を張って豪語できるほどの内容なのか?
ちょっとね、妥協案にしかみえないのですよ。
彼が胸を張る理由は別のところにあるのではないかと勘ぐってしまいます。

市長の決断や判断が、教育の現場の形を変え(=介入し)、
政治や行政にとって大きな一例(既成事実)を作ったという事実の方が重い。
机上でなんど繰り返してもこえることのできないハードルを
「事件」に乗じて、前例を作ってしまったのではないか…と。

では、正解はどこか…というと、心もとなかったのですが、
pipco1980さんのブログにある一文をよんで、なにかが腑に落ちました。

「間違っても安易に大混乱の渦中にある学校等に入れる道理はない。」

親が、出来うるならば同じ教育の現場にある中学校が、子供(=生徒)を守る。
「行かせない」という決断を、子供を守るために親がする。
そして、その結果を地域がきちんと受け止める。
渦中に放り込まれた子供の親が決断し、子供を守るべきなんだと思いました。

なんだか、自分の道程も含めて、いろいろ考えさせられる事件でしたね。
胸の奥がもやもやとする事件でしたね。
このブログのおかげで、ずいぶん、すっきりしました。ありがとう。

そして、もう一つ、強く思ったのは
「思えば、遠くに来たもんだ」ということでした。はぁー。
2013.01.23 03:07 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん どうもです。"
熱いコメントありがとうございます。

確かに在校生や受験生のリアクションが一番意外で
違和感を感じます。
あくまでも被害者としてのスタンスはゆるがないのですね...。
ましてや受験生には「暴力→自殺」など関係ない話しで
とんだ迷惑!どうしてくれる....。

それを戒めるでもないオトナやマスコミが多すぎるのが
もっとも理解出来ないところですかね...。

橋下市長の言動に関しては、
クソ忙しくて、本来なら市教委に丸投げ出来る厄介事を
あえて渦中に飛び込み、また敵を沢山作ってしまう...
ご苦労なことです。

これが大阪ではなく我らが街だったら!と考えますと
「......」
考えるべきではありませんでした。。

中島みゆきの歌が聞こえますね。
....ファイト!闘う君の唄を....♫











2013.01.23 08:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/177-53046340
該当の記事は見つかりませんでした。