ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハレンチ小学生は御免だぜ!

28.jpg



おそらく小5の時に、何故だかこれが欲しくて欲しくて、悩んだ挙句、意を決して
千秋久保田町の「東光レコード」という店で購入したのを、今も鮮明に覚えている。

何故わざわざホーム?の駅前「全音」でなく、少し手形寄りの「東光」かといえば、
おそらくこのレコードを買うのが(または買うのを知られるのが)恥ずかしかった
のだろう。今の感覚でもかなりキテレツだが、当時はまさに破廉恥ここに極まれりな
エロいレコード(?)だから、小学生がこんなものを買ったら、即座に学校に通報
され、翌日から「ハレンチ小学生!」として辱めを受けるかもしれない!
そう言えば、今もある「加賀屋書店」で、平凡パンチを買って通報され、
「エロ小学生」の称号を受けた奴がいたなあ、などが不意に頭をよぎったりした。

そこで面がなんとなく割れている?「全音」を避け、目と鼻の先ながら、普段あまり
顔を出さない「東光レコード」。
しかも「朝日ソノラマ版ウルトラセブン」を同時購入することで、あくまでも
「...酔っぱらい」は、兄貴かオヤジさんの頼まれモノ!というスタンスで、なんとか
「ハレンチ小学生」の称号拝領だけは避けたい!その一心だったと思う。

しかして「ハレンチ音楽」もとい「アバンギャルド、前衛、ヘンテコ!」は、実は未だに
私にとっての音楽には不可欠な要素となって、ややこしくて理解困難な音楽大好き!
な厄介なカラダになってしまったその事始めが、フォーク・クルセダーズ、そして
この少し後に出た(と思う)ジャックスの「からっぽの世界」が小学時代の最後を飾る
華々しい??マイ・テーマソングとなるのであったぁ!
立派な「ハレンチ小学生」??

哀悼 加藤和彦さん...









スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/18-b47dc1e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。