ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

梅開花予想...あれっ?

9120.jpg
関東地方に住む友人達からは

202.jpgこんなのやら(新宿御苑)
 
f0138158_17424553.jpgこんなものまで(横浜公園)

春の到来を告げるウララかな情景
いかにも自慢げな写メ....。
(よく見れば写メなのに美しい周辺ボケが?
…明らかに一眼レフカメラで撮影された上質画像!)

こちらのありのままの現状として送り返したのが
上の自虐的な「表題写真」
これが秋田の、2月も後半の嘘偽りない現実…
文句あるかあ!…であるのだ。

ちなみにレスポンスだが、
「どこ?秋田の…郊外?」
「穀倉地帯?」
『………街ナカだあ、ばかけ!(怒)』

で、ふと気付いたのが、秋田に住んでいて
「梅見」って記憶が、殆どないこと。

多少の開花の遅れは許容するにしても、
やはりあの可憐な「梅」の、桜とはまた違う趣きの
美しさ、儚さ、独特の日本的風情を

「秋田」で楽しみたい….

と思うのだが、なんと驚くべき事に、
秋田の梅の開花は、桜とほぼ同時!なのだそうで、
これは一体どういう植物的摂理なのだろうか?。
明らかに秋田の梅タイマー(?)は狂ってるに違いない。

雪のせい?…
何となく調べてみると、
どうやら梅の北限がそもそも青森県辺りらしいから、
秋田辺りの梅も、花を咲かせるのがやっとのことで、
そもそも梅タイマーはブチ壊れている?というのが真相らしい。

そういえば子供の頃、桜の花見で
「あっ!あの桜…なんか変ってるね!?」というと、親に
「あれは桜じゃなくて梅だよ…」
「なんだ紛らわしいなあ」
なんて記憶が甦ってきた

ちなみに秋田市は梅タイマーだけでなく、
他にもイロイロ知らず知らずのうちにブチ壊れてる事柄が
ヒジョーに多いように思う。

思い起こせば秋田の論壇(S新聞だね!)は、
行政に対し常に盲動的であり続け、
批評的意見(クリティカル・シンキング)を封殺し続けてきたように思う。

ここ数十年のちょっとした街の歴史を振り返ってみれば、
誰にでも「失敗点」のいくつかは容易に思い浮かぶ筈だが、
論壇が糾明せぬ限り、表立った論争にはならない。

そうやって市民は自分達の街を、
知らず知らずに

諦める…..。

勿論絶対諦めてはイケナイ! 

取り敢えず、梅でも強引に咲かせて
春の到来を1ヶ月くらい早めてみようか!

そういう事が「秋田」には
必要なのだ……と思う。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ






スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/186-c378561f
該当の記事は見つかりませんでした。