ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

50代の中ニ病!?有りか?

66505.jpg
大尊敬する伊集院光氏らが唱えるところの「中ニ病」という奴に、
私もかなり以前から感染していると自覚せざるを得ないのだが、
むしろ『50歳を過ぎての中ニ病のぶり返し』って感じが、
どうにも哀しくて楽しくて心地良くて…結局のところ情けない!?。

以下、中ニ病の症例の一部...

• 自分は特別な存在だと思い込む
• 因数分解が何の役の立つのか?
• 洋楽を聴き始め、その一方で邦楽を否定しだす。
• 突然ブラックコーヒーを飲みだす。
• 急に母親の事を、オカン、オフクロなどと呼びだす。
• 売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
• 自分は、やればできると思っている。
• 好きな女の子の家の近くに行くが何もせずに帰る
• 眠れない午前2時
• 行き場の無いエロを筋肉トレーニングに費やす。
• 急に詩を書き始める。
• プロに対して評価が辛い。
• 母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
• 自転車の乗り方に無駄なアクションが入る
• 「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。 
• 流行に流されずマイナー路線を好み、他人とは違う特別な存在であろうとする。
(別にサブカルが好きなわけではなく、他人と違う趣味の自分は格好いいと
 思い込んでいる)


で、リアルな私の「中ニ病」の象徴が、
恐らくこのアルバム=

ピンク・フロイド『原子心母』ーAtom Heart Motherー。

直訳なのに何故だか地の底から力が湧き出るような言葉の力!?
…を当時モリモリと感じた筈だが、今は?…

ただし後の歴史的名盤で彼らの代表作『狂気』よりも、
或いは大好きだった「エコーズ」が入ったアルバム『おせっかい』よりも
今まさに毎日聴くのはこの『原子心母』に他ならないわけで、
実際初めて聴いたのも中ニの秋であるし(発売して既に1年くらい経っていた)
身の丈に合わない壮大すぎる設定や、
仰々しすぎる世界観を持った作品に対して、
何をどう理解したか、さっぱりわからないし、

今もわからない。

牛がいる長閑な風景が、音楽が始まると
地底からニョキニョキと無数の手が現れて?
やがて空が壊れて?…
そのうち大団円で牛の群れがオウオウしく行進し
メデタシメデタシ??

何の事やらさっぱりわからないのだが、
今またこのアルバムを聴きながら、
中2の時とほぼ同じ妄想を抱く事が
何だか楽しかったりするのである。

「50歳過ぎの中ニ病」…
間違いないですな。

http:/www.youtube.com/watch?v=_T3KhcGXfbc

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

スポンサーサイト

4 Comments

ぽん says..."それはそれは"
おめでとう。
一年経ったら、卒業ですね・・・おっと失敬。

私は、高校1年生ころに、中二病でしたね、きっと。
2年は、遅れてました(笑)

遅れた分、気持ち的にはキツかったぁ。
感覚的にですけど、女子の中二病のほうが厄介な気がします。

50歳過ぎの中二病は、けっこう、ややこしい?
きれいな先生のいる保健室にでも、逃げ込んで下さい・・・またまた失敬。

ピンク・フロイド…もう、30年くらい聴いていないかも、です。
そもそも、そんなに聴いていなかったかも、です。
2013.02.26 17:14 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん毎度です!"
中ニ病から発展した高ニ病というのもあるそうです。

こっちはもっと辛辣で、
例えば学校が無意味と気付けば辞める事だって出来るし、
自分探しなんかを「夢想」ではなく、実行出来てしまったりと
事態は深刻です。

中ニの男の子はあくまでも夢想....。
現実の対象が現れ、ややこしいことに巻き込まれたりするのは
もう少し後と....いう事になりますね。
2013.02.26 19:58 | URL | #- [edit]
朴 狸 髭 says..."いがったいがった!"
ここも三日にあげずに来ねばねぐなってしまった…
なんとか分かち合える(らしい)お方もいらっしゃったし。
ろくすっぽ中学も出ていないから、ナンカイなお話はパスしとります。

左方向へ前進してしまう回転難病?も今は物語。
ただ、心の臓とは愛想を振り向きながら参りますが、
覗きのテンポはこのまんまで! 
デッカイ銭湯でぶっ倒れませんように!!
2013.02.27 15:15 | URL | #YDOxSa4Y [edit]
pipco1980 says...">いがったいがった"
ふらふら&ゆらゆら人生まっとう中!?
文章も機嫌も揺れまくってますが、
どうか今後とも
’ポックリ義兄弟’で
よろしくお願いしますです。

2013.02.27 16:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/189-e5bfc4c8
該当の記事は見つかりませんでした。