ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ビートルズが来日した頃の秋田駅前のささやか過ぎるお話

5346.jpg
♪路地はひっそり閑(かん) 俺はすっからかん 

相合傘 はっぴいえんど




またまた古〜い話で恐縮であります。
小学生の頃の夏&春休み中、毎朝の行事と言えば、

町内子供会毎の「ラジオ体操!」。

我が「駅前2区子供会」のラジオ体操開催場所は「高等裁判所前庭広場」。
公式には「仙台高裁秋田支部」なる名称であるのは大人になってから知った。
いずれにせよそれは現在の「駅前西武」のあたり。
正門は広小路に面しており、
中央通り側(現在の公営駐車場)にあった
「東北電力秋田支社」とは背中合わせになっていた。

つまり仲小路は今のように貫通してはおらず、
高裁と東北電力の間、
つまりそれぞれの裏側はやや小高い土手の空間になっていたのだが、
もちろん入場は出来ない。
子供ならでは…と思って赦して欲しい。

煉瓦作りの建物と、木々の葉で相当日当りが悪かったのか、
苔むす感じの雑木林。
少しジメジメした空間ながら
隣接の金座街や、駅前の各ヨコチョウの喧噪との対比で
不思議な異次元的静寂空間となっていて、
そういう場所には即座に「秘密基地」を作りたがるのが子供…
いやいや私の習性だったかもしれない。

実際には既にどちらも建造物としての役割を終えていたようで、
ある日突然、建物は我々の秘密基地モロトモ撤去され、解体されてしまった。
殊に我々のささやかな苔むす異次元空間は、
何とも恥ずかしくも道路となって、その姿を世間に晒したのだった。

「仲小路ここに貫通」である。

貫通当初は新たな商店街構築を模索したようだが、
過渡期には野外ステージなどが出来て、
金座街主催のイベントなどで一時盛り上がった時期もあったが、
そこはやがて知らぬ間に 
日本全国制圧支配を企み、
結果失敗して、今はボロボロな中央資本による大店舗ができて、
高いアーケードが掛かってしまってるが...

活気はご承知の通り。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/199-d487b834
該当の記事は見つかりませんでした。