ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

寒い空なんだけど...

31.jpg

いやー、凄かったすねーバルサ! 
サッカーにおいて「完璧」なんてあり得ないし、あってはならない!
と思うけど、あれはもう人間の可能性超えてます。
人智を超えた個人、というのはサッカーに限らずよく見かけるけれど、
11人すべてが完璧に流動する様なんて....いいモノ見せてもらいました
クワバラクワバラ、ナンマイダブ....。

因みに旧トヨタカップ時代、80年代は昼間の開催だったもので、まあ
来るチームによって気が向いたら国立競技場までお出かけ...という不真面目
状態ながら、90年代に入り、夜開催となってからは、毎年皆勤賞な私です。

80年代はサッカー暗黒時代ですから、知り合いのツテで近くの東京トヨペットさん
までチケットを貰いに行くと、トヨタカップ?ああラグビーの券ね、いっぱい余って
るから、何枚でも持ってってよ!という調子。
それが90年代になるとプラチナチケットと化して、ある時、丁度マンUが来た時で、
目の前をヨタヨタと走る、まだ若きベッカムの不甲斐ない姿を見ながら、隣の席の
小学生とその父らしき親子が、ふと私に声をかけます。

「あのーワタシラね、山形から来たんだども、息子がどうしても観たいって言う
もんでね、山形から券手配したんだどもうまく行かなくてね、そしたら違法だども
ダフ屋に2枚で3万も払えばなんとかなるべ!って言うから来てみたら、なんとなんと
15万も取られてしまった……あんた方はなんぼでこの席買われましたか?」
さすがに気の毒すぎて、タダ券ダヨ〜ン!なんて言えなくて「似たようなもんですよ。
でも今回のマンUなら、それだけの価値ありますよ!」なんてね。

上の写真と全く関係ない話になってしまいました。

取り敢えず、秋田の、最も秋田らしい冬の日です。街を往く人も寒そうには違いない
のですが、ふと気がつくと、気のせいなのか?皆さん表情が明るい!ように見えます。
実はこの雪模様は、秋田の風情を最も惹き立たせる天気で、市民県民も実はその毎度な
風情を、むしろ悦んでいるのではないか! と思えるわけです。

いやー嫌な雪ですなあ! ホントに嫌な雪ですね...では雪かきがありますんでお先に、
御免あそばせ.......さてと、ウチもやるがなー、雪かき!! なんか楽しそうでしょ。





スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/22-6919d3c3
該当の記事は見つかりませんでした。