ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ド真ん中へズドン!

285785hp2.jpg Getty/www.goal.com/

FIFAワールドカップ2014ブラジル大会 アジア地区最終予選B組
日本代表対オーストラリア代表の2013年6月4日さいたまスタジアム...
の試合結果はご存知の通り
1-1のドロー。
この試合によって勝ち点1を得た日本は、B組の2位以上を確定。
同大会ブラジル本戦出場権を獲得!…。

おそらく、いや間違いなく世界中のあらゆる子供達も大人達も、
自国および自分たちの地域の代表チームが
ワールドカップに進出するということ自体が夢であり、希望である。

しかしそれは殆どの場合、決して叶わぬ「見果てぬ夢」であるわけで
 (FIFA加盟の国と地域は209。W杯本戦出場枠は32。
  ランキング208位のブータン王国でも最大人気スポーツはサッカー。)、
昨日、開催国以外では最初の出場を決めた「日本」の人々は、

まさに世界垂涎の...
超ハッピーな国民!
に、違いないわけだ。

ところがその至高のヨロコビを、
「引き分けだから」「塩っぱい試合だった」などと、
どういう目線か、いかにもフットボールを知らない
馬鹿げた意見で愚弄することは、
世界市民に対しての冒涜!。

「引き分け」はサッカーにおいては順当な戦略だし、
故意に狙えるものでもない。
技術と技術、メンタルとメンタル、
ギリギリのつば迫り合いの結果が
ドローであったに過ぎないのだ。

個人的に「本田推し」ではないものの、
迷いの一切ない、
ど真ん中一閃のPKにはシビレまくりです。

取り敢えず、今月は最終予選の最終・対イラク・アウェイ戦と、
大陸王者ばかりが集うコンフェデレーション・カップ(ブラジル)が観られる幸福月。
当分興奮状態はオサマリそうにありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/223-07be9c51
該当の記事は見つかりませんでした。