ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

秋田の正しい嗜み方

1378.jpg

秋田に戻ってきて、突然「写真」に目覚めたことは、
既に何度も語っているのだが、
惜しむらくは、
なぜ東京にいる長〜い35年間に、目覚めなかったか?ということ。

秋田は名所旧跡が少ないから…そういうことではない。
写真を撮ろうかという充分な日光を得るのが、
5月中旬以後あたり。
お花見シーズンはまだまだ暗い。

そしてまばゆい夏の光も、
9月からは急激に弱くなり、
やがて暗く長い冬を耐え忍ぶ。

賑やかなお祭りも8月の竿燈や、
各地盆踊りを過ぎればもう何もない。

カメラ自体は真冬と言えど、いつも持ち歩いているが、
必然とシャッター回数は少なくなり、
なんだか当ブログの為に捻り出して、
無理矢理撮ってる感じが、我ながらイタい。

そんな中で秋田にいて、これぞ真髄!と思えるイベントが
この「蕗刈り撮影会」。

オジサンとしては、本物の秋田美人と
間近に触れ合える機会でもあり(かといって触れないよ!)、
滅多にない美しい方々を撮れるチャンスでもあるわけで、
間違いなく秋田にあって、年に1度の貴重な1日なわけです。

本当に短すぎる「輝く秋田」の、
夏満喫の、その第一歩がこの「蕗刈り」…。
ずっと続いて欲しいと願う。

ただ、もうちょい自由に構図が取れるようにしてもらうと
もっと楽しいのけれどね。
背景の蕗の位置が近過ぎ&暗すぎて、
さっぱりボケてくれないから立体感も出せないし、

毎度逆光なのにレフ板もなし…。
その辺りをもう少しご検討いただければ、
さらに素晴らしい機会に熟成すると思うのだが、
まあそんな諸々を差し引いても、
秋田にいて本当に良かったと思える、
さほど多いとはいえない楽しいイベントである。

秋田観光コンベンション協会に感謝!。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/224-6ed921af
該当の記事は見つかりませんでした。