ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

フカフカの絨毯は誰のもの?

2012149.jpg
アメフットの試合(秋田大vs山形大)…随分と久しぶりに観戦できた。
偶然だったけれど…。



それにしても、八橋球技場…きれいになったもので、
我々の時代(中・高)は当然ながら芝ではなくて土。
結構石ころも混じっていたし、
水ハケもあまり良くなくて、
雨の日は、ゴール前には大きな水たまりが出来て、
狙い済まして転がしたシュートなんて、
ゴールに届く前に、水たまりでピタリと止まってしまうなど
あまり良い思い出はない。

しかしながら、当時の秋田サッカーの公式戦は全てココで行われていたし、
フットボールの殿堂でもあったわけだ。

ちなみに隣の陸上競技場には当時から少々荒れてはいるが、
一応「芝」のピッチがあったが、
子供には一切使わせてもらえなかったし、
高校サッカーでも、準決勝以降とか、決勝のみっていうプレミアムさで、
「ウエンブレーか!」ってツッコミを入れたいが、
サッカーファンしか通じないギャグで失礼した。

芝に関しては未だに皆勘違いしてるところで、
芝生こそ子供達のものであり、子供達の為に存在する!
….はずなのだが、どうも秋田では

「芝生のピッチは大人が怪我しない為のもの」
「子供にはそぐわない…??」と思われているようだ。

このあたりの間違った発想を早急に改めないと、
秋田のサッカーレベルは、正直相当苦しいまま。
事実、小学生レべルからかなり見劣りがする。

クラブレベルでのきちんとしたコーチングはもちろん大事だが、
転んでスリムクのを恐れて、接触プレイを躊躇するようでは
「勝つサッカー」は絶対に身に付かない。

子供達に「勇気あるプレイ」を身につけさせる為にも、
フカフカの芝は大切なのだ。

全国に先駆けて、
小・中学校のグランドを、
全て「芝」にリフォームしてこそ、
初めて「スポーツ立県秋田」を、
堂々誇れるのではないだろうか。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/232-388134fc
該当の記事は見つかりませんでした。