ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

素敵な公園とは?

SC00241.jpg
何の変哲もない、無愛想な街の児童公園(街区公園)。

ココは(かつて)サッカー部のない隣の小学校、中学校のエリアに属すため
サッカー率が極めて低くって、
私にとっては、誰にも邪魔されずに個人練習が出来た場所。

夕暮れ時の、いつもの愛犬の散歩中、
犬は公園の柵につなぎ、
独り、ドリブルや、リフティング、
壁打ちのショートパス練習などにいそしむ毎日だった。

ちなみに長く生きていると残念なことがイロイロ起こる。
小学校は移転し、中学は建て替え…
グランド側にまず新校舎を建て、完成したら、旧校舎を解体し、
更地にしてグランドにする方式らしく、
我々の血と汗と涙のグランドはもはや存在しない…。

勝手に準ホームにしていた秋田大グランドも、
ご存知のように現在関係者以外立ち入り禁止な上、
醜悪極まりない人工芝…。

高校では「サッカーなんて女の球遊び!
     俺の目の黒いうちはサッカーなんて絶対認めない、
     グランドも使わせない」

厚顔無恥にも、そう言ってのけたラグビー部監督(現在は県の同競技の重鎮らしい…)
の徹底妨害工作で、遠征などでグランドが空いてる日も
部員の見張りが立って、断固使わせない陰険さ。
高校グランドに思い入れなど一切ない。

結局、出来たばかりのサッカー同好会は、
みんなで小遣いを出し合って、
公共施設などを借りて使うなどしていたけれど、
それも常に移動のジプシー状態。
八橋だろうが、秋田港だろうが、向浜だろうが、
おかまいなしに走って参上する。
時には野球場、神社の境内なども(代価として施設の改修工事を手伝ったりもした)。
そんなだがら、「ドカタ・サッカー部!」なんて呼ばれもした。

結局、40年(以上)の年月を経て、
変らないのは、こういった愛想も何もない街区公園のみ。

無論今は「野球(キャッチボール)禁止」
    「ゴルフ禁止」
    「サッカー禁止」...。
ゴルフは論外としても、じゃあ何の為の児童公園?と思う。

月・木はキャッチボール専用、
火・金はサッカーボールを使った練習専用…
他の曜日は…??と目的別の公園があって、
そこにアドバイザー的なボランティア・コーチが曜日毎に常駐する…。

そういうのが、素敵な公園=素敵な街作り!ではないかなあ(?)
なんてふと思うのだ。

今はただの「犬の散歩公園」に過ぎないようで、
取り合えず、芝はよく育つようだが....。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/241-22e45206
該当の記事は見つかりませんでした。