ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

お盆帰りの"LOVE IS OVER"

G_7816.jpg
風邪ひきの、恐らくその最終段階は、
眼の奥をキリキリと何かの棒で引っ掻いて、
結果、頭がズキンズキンと酷く痛む…
って云う、オゾマシすぎる段階。
最後まで手を緩めず、ひたすら攻め続ける「風邪の使者」…
そんなに一生懸命働かなくてもいいのにね…。



以前、拙ブログ「もうひとつのあまちゃん」
http://pipco1980.blog.fc2.com/blog-entry-243.html
にて、コッソリ紹介した
「デビュー曲を先輩歌手に奪われた残念な歌手の話」の件を、
なにげなくネット検索してみたら、
なんとこれが意外にも、よく知られた話題らしく、
私なんかバカだから、
「この秘密…バラしたら命狙われるじゃないか?
 仕掛けたのは、とかく噂の芸能界の首領=黒幕らしいし….」
などと本気で思ってたんだけれど、
実際にはあっけらかんと、
後年、いかにもカバーバージョン的に、
正体を偽り、身をヤツしつつも、
オリジナルバージョンが発売されていたり、
PVまで作られ、今では堂々YouTubeにノホホンと上がってたりする。

「これがオリジナルじゃい!文句あっか」

と、ばかりに。

真っ正直に、ことの真相をヒタ隠しにし続けて来たオバカな私は、
実に30何年かぶりで、
懐かしい亡霊のようでいて、
何か後ろめたい、青春の悼みみたいな「その曲」と
今回、向き合うことになったわけです。

イヤ、まさにお盆さながらと申しましょうか…。

実際には、あれ?こんなに彼女の声って細かったっけ?とか、
印象のズレなど悲喜交々ありますが、
まあ涙なくして聴けない感無量なものには違いがないわけです。

何はともあれ、これで彼女も少しは報われたのだろう(!?)
と思うことにして
まずは良かった!と…
そんな妙な決着でいいのだろうか?的な
2013年のお盆でありました。

この曲と、今も芸能活動、頑張ってるらしい彼女に、
合掌....いや、乾杯。



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/249-13171fff
該当の記事は見つかりませんでした。