ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

街角POP!

IMG_2678.jpg
-PORTO-

私が長いこと住んでた杉並区というところは(まだ家族が住んでるが)、
JR中央線レベルでは高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪・西荻窪とあるわけで、
それぞれの街が音楽をテーマとして競い合い、
個性を醸し出す努力をしている。

高円寺は「ロック」(または阿波踊り!)。

阿佐ヶ谷は「阿佐ヶ谷ジャズ・ストリート」を打ち出し、
初期の頃こそ、いきなり駅舎を背にしてビッグバンドが演奏されていたけれど、
今はかなり進化し、街の「鎮守の森」をメイン会場として、街中に拡散してるらしい。

荻窪は「クラシックの街」を打ち出し、
オーケストラはさすがに公会堂内だが、
弦楽四重奏やバロック吹奏楽団など小編成単位では、
商店街のアチラコチラで演奏を聴くことが出来る。

西荻は…なんと「ワールドミュージック」!。
街中にあるエスニック料理屋さんがその核となって、
様々な国の音楽や文化を楽しめる。

そしてそれらをひっくるめて
「杉並区」を「音楽の街」として位置づかせているのだ。

他の地域も、街主催の音楽祭などを数多行っているはずだが、
同じ区内で競い合う構図、というのは、杉並区以外では知らない。

秋田にも街中音楽だらけ(!?)なイベントはある!
そしてそれは、なかなか…いや、かなりいい感じで、
杉並区のあの感じと良く似ている。

演奏者は誰でも参加出来る!?というわけでは恐らくないだろう。
あくまでもクオリティの高い演者を
あらかじめ実行委員会が選別し、
ストリート主体の極めて稚拙な演者は除外されているようで、
これは極めて大事なことだ。

色々な街の音楽祭を体験しているが、
失敗する街の、その大きな原因は、演者側の稚拙すぎる演奏力とか、
節度やルールをわきまえない無法な輩に、
演奏もイベントも、
ガラガラと音をたてて破綻してしまう光景というのも、
度々目撃した。

そういった意味で杉並も秋田も、極めて健全であると云える。

そして今年も、安心と信頼を担保して、
アミーゴなバンド=PORTOとAUGUST MOONを存分に楽しめたし、
他にも目を丸くするくらいハイクオリティなバンドの数々を、
お腹いっぱいに体験できた、有意義な1日であった。

今後益々「誇れる音楽祭」に進化して欲しいと願う。

IMG_2765.jpg
-AUGUST MOON-

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

4 Comments

小林 says..."昨日もありがとう!!"
おはようさん!!昨日も、すてきな写真をありがとう!!でも何がうれしいかというと、会場に来ていただいたことです。イベントで会えることも、大きな楽しみです!!そして、今後の楽しみにしていることは、一緒のステージに立つこと!これからもよろしくお願いします!!
2013.10.07 09:32 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."よっちゃん、おつかれっす!"
と、いうわけで、おつかれさまでした。

楽しかったですよ!
なにしろ、PortoとAugust Moonの両方が一気に観れるわけですから、
気分はミラノ食堂!、それはそれは得した感満載でありますよ!

こちらこそ、これからもよろしくです。


2013.10.07 14:35 | URL | #- [edit]
ももPAPA says...""
こんばんわ

そういうのって いいですね!

少し前まで隣市に住んでいたのですが ひと昔前まで けっこうな
大物ミュージシャンを呼んで 地元商工会の主催でLIVEがあったり
してましたが 今はとんとなくなりました。

記憶に新しいのでは 日野皓正のユニットのLIVEがかれこれ10年
ほど前催されたものですが・・
2013.10.09 22:00 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんわ"
毎度です ももPAPAさん

毎年、小沼ようすけ君っていう、地元出身のアーティストに
参加してもらってるようですが、
正直いうと、私は彼のステージは遠慮させてもらってます。

演者も客も同じ目線で、一緒にライブを盛り上げ楽しむ!
というフェスティバルの趣旨と、プロのアーティストの演奏の
主旨は大きく異なっていて、無料で聴かせていただいても、
アーティストに申し訳なくて、後味悪いものになります。

言い方に語弊がありますが、
プロフェッショナルな音楽は、金を払ってこそ楽しめる!
と思ってますから。小沼氏のステージも、きちんとクラブなどで
聴かせてもらうことにしています。

あと、経歴40年以上!といういぶし銀のようなミュージシャンは、
市井にこんなにいるのか!?と驚かされるのも
楽しいものですよ。

2013.10.09 23:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/274-acbaea3d
該当の記事は見つかりませんでした。