ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

幸福のトレイン

IMG_2895.jpg

去年に引き続き、SL秋田こまち号の走行がどうやら定例化したようで、
実にメデタイ!

数日前から、勇壮な汽笛の音が街を響かせ、
「ああ、この音、昔ってこうだったよなあ」と
思わずノスタルジーに浸るのだが、
まあ、何を見ても聞いても懐かしがる
誠にオメデタイおやじであるなあ、自分は!?と、
少々呆れる。

公式な走行は今週末。今はまだ試走だったり、
関係者接待走行だったりの段階だが、
早くも沿道には「撮り鉄」の方々がボチボチ、のっそりと集合し、
こちらの方々も試し撮りというか、アングル決めなどの試行錯誤に余念がない。

そして機関士の方々、窓から手を振る乗客の方々、
超高級一眼レフから携帯まで、さまざまカメラを向ける人々、
沿道から手を振る人々、いずれに関わらず、
みんな笑顔で幸せそう。
実に良い表情をしているのだ。

さらに、この場に居なくても、確かに感じるSLの汽笛やその気配に、
笑顔になられる方々も多かろうことを思えば、
いっそ、もっと頻繁に走らせられないものかJR!…とも思う。

確か週末だけ定期運行している秩父鉄道のSLに乗ったことがあるけれど、
頻繁に運行してるわりには、
沿道で手を振る方々がみんな笑顔だったことが意外で、
また嬉しかったことが思い出される。

いつも赤字と廃線不安など、
暗い、負のイメージのニュースばかりが続く我が県の秋田縦貫鉄道。
ゲージの違いとか諸々問題はあるだろうが、
定期的にSLを走らせるくらいの思い切った方策を執らないと、
もはやどうにもならないと、無責任のようだが、そう思う。

カネ掛けないで黒字化せよ!?
そりゃ無茶っすよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

2 Comments

ももPAPA says...""
こんばんわ

SLといえば 学生の頃、京都で学生をしてた友人のとこへ行き帰り 山陰本線を走るSLに乗って揺られたことを思い出します。 片道7~8時間
ガタン ゴトン シュ~  ポッポー・・
あの独特の郷愁というか雰囲気は何ともいえないですね。 途中で食べる駅弁が美味しかったことも記憶に残っています。

2013.10.10 20:55 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんわ"
山陰本線、SL....とっても趣きありますねえ!

旅情って、すでに死語なんですかね!?

我々の街だけではないと思いますけど、
ここも一応県都なんですけど、昔に較べて圧倒的に
街の音が聞こえなくなって、恐ろしく静かなんです。

その静けさをツンザくSLの、なんだかとても猛々しい汽笛の音が
ほんの少しだけれど、活気を促す希望の音って感じがして、
勇気が出るんですよ!

「オマエらなんだよオトナシくなっちゃってよ!元気出して行こうぜ!」
ってね、そうSLにいわれてるような気がしたんですよ。


2013.10.10 21:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/275-b8089075
該当の記事は見つかりませんでした。