ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ヘビーローテーションで風は吹いている♪

DSC03876.jpg

5年前の冬、新潟市に長期出張をし、その時履いていた革靴では
どうにもこうにも歩きにくかったので、生まれて初めて、
ちょっとしたブランド物のスノーブーツなるものを買った。
お陰で新潟では快適なスノーライフ(?)を過ごせたものだ。

しかし東京に持ち帰った所でその後全く利用機会なく、
下駄箱の肥やしとなったまま忘れていたものを、
今般、大雪と評判の秋田まで家人が送ってくれた。

これでどんな雪道もへっちゃらだぜ!と、
ちょいと面倒な編み上げブーツを履いて勇んで外に出てみたら、

いきなり派手に転倒した。

靴底に食い込みそうで食い込まない、
いやむしろ猛々しくワシワシと雪を噛む前に、
あのサラサラ粉雪野郎が靴底をあっさりとひっくり返してしまうようだ。

秋田の雪道侮りがたし!

この決定的な憎ったらしさは、さすがの秋田!って感じであり、
スノーブーツをも軽々跳ね返す雪の力強さ?こそ、
観光資源にならないものかと、一瞬だけ頭をよぎるが、
すぐに、バカバカしすぎてよぎったことすら後悔する。

要は寒くて辛い、とびっきりスペシャルな冬の姿が、
ただそこにあるだけなのだ。
雪が降って、また降って、ただただ降って、
そして、ヘビーローテーションで風は吹いている…

それが私にとって35年ぶりの、故郷秋田の冬。
大歓迎でありがとね.......

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/28-e64c4a88
該当の記事は見つかりませんでした。