ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

憧れの街

DSC02373.jpg
初めて飛行機体験…は、受験のため札幌に行った時。

市営バスで秋田空港=通称「割山飛行場」に向い、
そこから戦後国産初製造となった旅客機「YS-11」に乗って
千歳空港に向かった。

なにしろ初体験だから、当然怖い。
しかもこの機体は、プロペラの騒音が半端なくウルサくて、
スッチーさんが一生懸命に避難具の説明をしたり、
飲み物を薦めてくれたりするのだが、
まったく聞こえない上、機体振動も激しくて、
ドアなんか今にもパカっと開きそうなくらいバタバタしているし、
胴体は、今にもネジが外れ落ちそうなほど、
ガタピシと歪んでキシむ音が絶え間なく続く恐ろしい状態。

とても優雅に珈琲を飲んだり、雑誌を読んだり、
ましてや受験勉強をするなどまったく出来ず、
ガタガタとダラシナくも奮えながら、千歳到着を迎えたように思う。

札幌では実技検定含みで試験日が4日間にもおよぶので、
結局滞在は1週間近くになった。
東京なら父の会社の寮もあれば、親戚も多いので、
さほど費用は掛からないのだが、
なにしろ縁もゆかりもない北の大地。
しかも1校のみ受験に滞在期間1週間は、
費用も含め相当効率悪いなあと思いながらも、
実は忙しい中なのに、色々と思い出が多い貴重な旅となった。

秋田ではとうに廃止してしまった市電と地下鉄併用の衝撃…
当然街の主要施設は市電沿いに構成されていて、
それ以外のニュータウンを、地下鉄がフォロ−する
真っ当な都市構想=インフラ構築がそこにあって、
既に深い感銘を受けていたような気がする。

道路拡張優先で、モータリゼーションに丸投げする
無責任で乱暴な都市構想は、既に我が故郷の街に風潮として蔓延していて、
結果あれから40年近く経って、街の有り様はどうなったかは、
もはや語るに落ちるというわけだ。

結局20倍の難関は突破出来ず、浪人決定となる。
ちなみに帰還時は札幌から夜行列車に乗り、
早朝の青函連絡船乗船という侘しい旅。
中学時代の修学旅行コースをなぞってみた…というか、
それしか知らないからという単純な理由だったが、
それが自分本来のノンビリ旅…意外に楽しかったりした。

実は家人と「東京と秋田以外で住むならどこに住みたいか?」という設問には、
即座に「札幌」と答えるワタシであるが、
家人は「寒いところは膀胱炎が悪化するからイヤだ」と云うことらしく、
「じゃあ、終の住処は別々だなあ…」というと、
どうせ寒いなら「京都辺りで手を打てないか?」が、
いつものこの会話のオチとなるのだが、
実は本気で住みたいなあ、札幌…なのである。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

4 Comments

ももPAPA says...""
こんばんわ

飛行機といえば 生まれて初めて乗ったのが 出雲空港から隠岐島へと向かう便
機体も小さめで揺れも大きくて 着陸するまで気が気でなかったのが今となっては懐かしいです。
pipcoさんの体験 ちょっと大げさになりますが、あの トワイライトゾーンのオムニバスの1話 高度2万フィートの恐怖 もチラっと思い浮かんだり...
飛行機 もうここ2年ばかり乗っていませんが、今でも乗る機会があるときは緊張します。
2013.11.05 01:28 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんにちわ"
そうですねえ、まさしくトワイライトゾーン(映画版?)の
あのお話は、トラウマになるくらい強烈でした。

>出雲空港から隠岐島
旅情満点で良い響きですね!
チャンスがあれば....です。
2013.11.05 08:56 | URL | #- [edit]
Keith says...""
今日わんこそば     pipさん

YS-11って懐かしいですね。私はあのうるささや振動に、これぞ正に「飛行機」
と言う感触が好きでした。あの名機ゼロ戦を設計した堀越氏他、戦争中の名技師
がわんさか集って出来た飛行機ですもの。B747にはない哀愁があります。

札幌は、昔は良かったです。小学の頃は70万人しかいなかったのに、今や200
万弱。リトル東京と呼ばれて久しく、東京の支店経済となって相変わらず。
地元の私は、年が年だけに南の暖かい土地に移住をマジで考えているのです。
2013.11.06 13:38 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Keithさん こんばんわ"
あれあれ、Keithさんの地元でしたか!

函館も然りですが、温故知新なしっとりした街作りは、
羨ましい限りであって、
我が街の、何でもかんでも壊しては作りの連続の挙げ句、
そして誰もいなくなった的な状態とは雲泥の差ですよ。





2013.11.06 21:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/284-9f5849bd
該当の記事は見つかりませんでした。