ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ラジオな日々 2

9952288_orig.jpg

高校生の頃は、まあミニコミを発行していた関連などで、
地元ラジオ局関連や、大学周辺のコミューンの一角にいたなどから、
一般高校生に比べれば潤沢に、さまざまなジャンルや傾向の
「洋楽レコード」を聴けていたと思うのだが、
それでも相変わらず重要な情報ソースは
「ラジオ」にほかならなかった。

しかし、いかんせんここは「最果ての地=秋田」…
実質存在するのは、地元民放ラジオ局ABS秋田放送とNHK-FMの2局のみ
(NHKのAM2局は音楽的に論外)。

しかし深夜になると、電波渋滞状態が解消されることで、
在京キー局の放送が聴こえてくる。
ニッポン放送、文化放送は比較的早い時間帯から聴くことができるが、
TBSはABS秋田放送と帯域が重なっているから、
ABSが放送終了しないことには聴くことが出来ないなど、
なかなか苦労したものだ。

ある深夜、糸居五郎氏の放送(ANN?)を、
例によってエアチェックしながら聴いていたのだが、
不意に、実に感動的な曲がかかったのだ。

女性が唄う、カリプソ的なその演奏こそ、
自分が求め、目指す理想のギターサウンドであったのだ。

しかし、曲紹介の部分で大きく電波が乱れて、
誰の何という曲か全くわからない。

ラジオのコメントで辛うじて認識できたのが
「ジョン・ホール?」という名前…。

すぐに名前から「The Orleans」というバンドが浮上。
ところが秋田のレコード店には「オーリアンズ」の在庫は見当たらないどころか、
日本盤発売も怪しいらしい。
大学コミューンも放送局関係も情報なく、
仕方なく「通信販売」で新宿の輸入盤専門店から、
オーリアンズ3枚のアルバムをまとめて購入(これはこれでハマる!)。
ギタリスト的にはジョンホールで間違いなさそうだが、
ではあの女性Vo.は誰?何のアルバム?…。

難問は結局、秋田時代から東京時代に引き継がれる。
すぐにジョン・ホールのソロアルバムが発売されている
という情報を得るのだが、何とこのアルバムは当時すでに希少プレミア盤!で、
入手困難!見つかっても数万円(今ならamazonで1980円)!?
もはや迷宮入りか?という時に...

「Bonnie Raitt初来日…?」
その特集でFM-NHKで彼女の当時出ていた5枚ほどの
ディスコグラフィ(つまり全曲)がOAされ、やはり録音していたのだが…
その中に…

あっ…あった…遂に見つけた。

あの幻のジョン・ホールの名演は、
雑音混じりのカセット録音から学び尽くし、
既に私の血となり肉となっていたどころか、
そのプレースタイル自体が、自分の原点ともいえるものとなっていたのだが、
何しろノイズのないクリアーな状態で録音されているモノには、格別の感動。

早速、有楽町のニッポン放送1Fにあったプレイガイドに足を運び、
ボニー・レイット来日公演(虎ノ門・久保講堂)のチケットを購入。
コンサートでは、その曲も演らないし、ジョンホールもいなかったが、
未だに人生ベスト3の大満足なコンサートとなったのだった。

未だにボニー・レイットがらみの新譜はドキドキしながら聴くのだが、
残念ながら、あの時以来の興奮はもはや得られるものではない。

ジョン・ホールはその後、NO NUKESなどの活動を経て、
反原発系の下院議員になってしまいました。


ではその、やっと見つけたBonnie Raitt の「You Told Me Baby」!
素晴らしいギターソロの他にも、ストラトのブリッジ付近を叩いて得る、
スチールドラム風なバッキング・サウンドも、当時驚きでした。


オーリアンズはこの曲じゃないなあ...と思うけれど、一応代表曲に敬意を表して。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

6 Comments

ももPAPA says...""
おぉ!!
何という偶然

ボニー・レイット 取り上げようと思ってたとこです。
この人は ギターといい Vocalといい 実に味わいが
あって好きです。
2013.11.22 22:17 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん まいどです"
ボニー・レイットは、言わばコテコテのブルーズギターの人ですけど、
ブルーズ臭の希薄なジョン・ホールとのコラボによって
彼女の音楽に、深みと豊かさ(味とコク)が増すわけで、
そこにとても心動かされるわけです。


2013.11.22 23:28 | URL | #- [edit]
taka says..."Go Go Go & Goes On!"
メインの音楽の話はついて行けず!

(無理やり)話に加われるのが、ニッポン放送。
五郎さんの現役時代を知ってるのが自慢。私中坊でしたけど。
買収騒動の時、亀渕昭信(カメ)が社長なんで(°д°)
2013.11.23 18:25 | URL | #XtpRPBkU [edit]
pipco1980 says..."takaさん 毎度!"
こんばんわ!

表題(Go go go〜)には、懐かしすぎて涙が出ますよ!

カメカメ合唱団〜カメ&アンコーも懐かしいっすね。
あの騒動の時の「カメ社長」にも度肝を抜かれました。

それにしても当時の文化放送のエースは....もんたっパ!
2013.11.23 21:01 | URL | #- [edit]
ジオヤー says...""
こんばんは

アハハ、み〇もんたも洋楽番組やってたの記憶してます(笑)

ジョン・ホール、名前が妙にホール&オーツと被りますが(笑)
オーリアンズの有名曲は知ってましたが、メンバーでもあったのですね。

それにしても、このパキパキのギターが刺さる高校生って凄いですね。
私は、もっぱらディストーションサウンドをこよなく愛してました^^
でも、このギター、バッキングもソロもいいです。
この手のサウンドが好きになったのは、ず~っと後、
ザ・バンド、ロビー・ロバートソンが分かるようになってからですけど。
2013.11.23 23:50 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."ジオヤーさん こんばんわ"
西新宿のUSA盤専門店「O」と店で、ジョン・ホールのソロを所望したら
バイト風の店員に「ダリル・ホールとジョン・オーツでしょ?!」と
軽くバカにされたヤなトラウマが有りました。

私もパキパキ・ギター(?)の最初は、ロビー・ロバートソンだったと思います。
んで「真夜中のオアシス」でのエイモス・ギャレットとかジェフ・バクスターとか
鈴木茂さんなどを経過して、ジョン・ホールに至るわけです。

ディストーション系よりも、ルイシェルトンとか、
軟派なPOP系バッキングギターが大好きでしたね。

2013.11.24 01:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/292-044260f8
該当の記事は見つかりませんでした。