ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

憂鬱な空と体調の話

IMG_2572.jpg
近頃メッキリ出番の減った変態カメラ



8月ぐらいからずうーっと体調が悪い。
とりわけコノゴロは腹が痛くて、痛み止めの薬は辛うじて効くが、
肝心の調剤薬では一向に改善の兆しなく、もう何週間も痛みを伴う低調な状態だ。

昔は、40度近い熱を出してうなされたところで、
それは概して一夜のことで、朝になれば熱も下がりケロッとしてるし、
ちょっと重篤なインフルエンザなどでも、2日も安静にしていればもう完調。
人間の身体とはそんなものだ!なんて思い込んでもいたが、
今は朝になっても、状態は全く昨日の朝と同様…。
熱がある時は2週間も一向に下がらず、
あの熱明けの「爽やかな朝」を迎えることなど一切ない。

いよいよ、そんな脳天気な免疫力などあてに出来ない、
不憫で面倒臭い年令になったのだなあと、
あらためて実感させられる今日このごろである。

そうしたわけで、天気が良くても、ほとんど外に出掛けられず、
このままじゃいかんなあ…と思いつつも、
逆に、今の時期の秋田そのものでもある、
暗く陰鬱な、救いようがない悪天候も、
自分が外出できない理由を、
この忌々しい天気のせいに出来るからありがたい。
その分、晴天の日は恐ろしく気が滅入るのだけれどね…。

ふと子供の頃を思い出した。
風邪などで学校を休んだ同級生のために、
最寄り、または特に仲の良い同級生が、
諸々連絡用プリント物と一緒に、給食のパンを届ける…
という儀式のようなシステムがあった。

私は結局40代後半までは、もっぱら病気知らずの健康体だったから、
ほとんど届ける側で、正直この儀式の意味が理解できなかったのだ。
パン(コッペパン)なんて今と違って、
午後2時にもなればもはや硬くなり始め、
実際届ける夕方にはもはや食べられたシロモノではない!。
それなのにナゼわざわざ大事そうに届けねばならぬのか?
かえって迷惑ではないのか??と思っていた。

ところが、滅多にないことながら、自分が熱など出したりして、
学校を休んだりして、家でモンモンと過ごしてる時に、
会えないまでも、友達が自分のためにわざわざパンを届けてくれた気配を知ると、
なんだか本当にありがたくて、不思議に勇気付けられたりするもので、
ああこれは良いことなんだなあ、
自分もパンを届けるくらいのことで、友達に勇気を与えられるなら、
これからもバシバシ届けるゾ~!なんて思ったものだ。

だから大人になっても、病気で寝込んだり、入院したりの知人のお見舞いなど、
出来る限り出掛けるようにするのだが、
その一方で「迷惑!」という陰口も耳に届いてはいた。

たしかにタイミングによっては「迷惑」な局面もありえるだろうが、
当人に会えずとも「来たよ!」というメッセージは送るようにしている。
自惚れかも知れないが、「うれしい」に決まってると思うから。

マア、今のズブズブ慢性体調不良な状態の自分のところに来ていただいても、
どうして良いかわからず困ってしまうので、
関係各位様には「無用」ですからね、あしからず。



先日の記事のコメントで、自分が発した「ルイ・シェルトン」
というギタリストについて、突然思い立ってYouTube検索したら、
涙が出るほど素晴らしい、他人事なのにまるで自分自身の集大成みたいな
ギタープレイを発見! 
小指ピロピロ(!)など、全てが影響大だったなあと
あらためて感慨に耽る、素晴らしいプレイでした。GREAT!!



にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

ももPAPA says...""
こんばんわ

車もそうですが、人間の体も年数を重ねるごとに経年劣化していくんだなぁ 
と自分も実感し始めて何年か経ちますね。
持病の腰痛がだんだんと骨身に堪えるようになってきました。
これから寒さがいちだんと増す折柄 どうかご自愛くださいね。

ルイ・シェルトン 渋いですね。  
ジェリー・ロペス風な(いや ロペスがシェルトン風なのかも)プレイが心地いいです♪


2013.11.26 23:25 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんわ"
昔、スタジオ仕事なんかでは、ディレクターによく云われたんです。
「ルイシェルトンみたいにさあ、チロリーンって、
 軽快に跳ねる感じで弾いておくれよ!?」
まあ取り敢えず、業界ウケする弾き方...っていうのだけは理解してました。

彼は、ラリーカールトンの師匠ですね。
ちなみにジャクソン5のレコードは、シェルトンですが、
来日時のライブ用バンドのギタリストは、
若き日のリーリトナーでした!。



2013.11.27 01:11 | URL | #- [edit]
ジオヤー says...""
こんばんは

今まで忙しくしてこられたのが
たたってるのでしょうね~。
ゆっくり養生され、早く回復されること願ってます。

「i Want You Back」、前にブログで、私の中での
最高のイントロ大賞なんて書いた覚えがありますが~・・・
ルイ・シェルトン知らなかったという迂闊者です(爆)
ホント知れて良かったです、ありがとうございます^^
2013.11.27 02:43 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."ジオヤーさん 毎度です"
いやいや、ジオヤーさんと、ももPAPAさんのコメントによって
何となく眠っていた記憶が呼び起こされて、
結果として、素晴らしい映像に巡り会えたのですから、
お礼を云うのはこちらの方です。

それにしても、何かが産まれそうに腹が痛いですよお。
2013.11.27 04:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/293-569b6e20
該当の記事は見つかりませんでした。