ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

This Land Is Your Land...

DSC02173.jpg


子供の頃から好きだった場所に行ってみた。
好きだった...といっても実家の近所ではない。概ねだが距離にして7kmほどあるらしい。
7kmといえば、東京でいうと杉並の「我が家」から「新宿」までの距離であり、
徒歩と電車で15分ほど、これはつまり「非常に近場」ということとなる。
しかしここは残念ながら日常的に頻繁に行くような場所ではない上に、自動車以外で
15分でいける所でない。
しかしだ、今はどうだかわからないが、実に7km隔てているとはいえ、同じ中学の
学区内なのであった。杉並、中野、新宿の三区で一つの中学校!!という具合を考え
れば、どんな人口密度なんだ??なんて笑ってしまう。
実際には7kmなんて笑っちまうぜ、我が中学なんて半径で20km圏くらいだぜ!
なんて難儀な地域もあるんだろうなあ...なんて思うと途方に暮れる。

いずれにしろ小学生の頃は自転車でよくここに来たものだが、界隈の子ら(別の小学校)
が川に入り楽しそうにヤスで魚を突いていたのが羨ましくて仕方なかったが、
ついに加わることは出来なかった。やがてヤスの小僧たちとは中学で一緒になり
仲良くなるのだが、一緒にヤス!は未だ実現してない。

中学ではサッカー部にいたが、この界隈在住の上級生に随分とシゴかれた。
生まれて初めて、殺意すら抱いた相手だったが、ある日の休日、この辺りの同級生の家に
遊びに来たおり、その上級生が牛を引き、畑を耕している情景を目撃した。
家業の手伝いだろうが、その時を境にこの上級生を恨むのをやめた。
不条理なイジメは相変わらず続いたけどね。




スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/3-23bd6593
該当の記事は見つかりませんでした。