ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

都市生活者の真髄!

DSC_8224-1.jpg
最盛期の吉野家CMソングが、
♪牛丼一筋、八十年〜...
あれから幾星霜でありますよ。



今でこそ故郷秋田に居るが、首都生活35年間の、
その慢性的な空腹の20%くらいを満たしてくれたのは、
他ならぬ「吉野家の牛丼(通称ヨシギュウ)」に相違ない!?。

上京したての頃、街を歩いていると「牛丼」なるものの
摩訶不思議な看板をあちこちで見掛けるものの、
なにしろ故郷にはそんなモノなかったから、
それが一体全体どういうものか分らない。

ある時、学校の近所にも遂に「牛丼の吉野屋」が開店。
開店記念で半額の150円というので、初めて入店。
…大概はここで「衝撃のうまさ!」「未体験の驚き!」
という言葉が並ぶのだろうが、
私の第一印象は....

「何だこの薄っぺらい紙みたいな肉は?」
「とても食えた代物じゃないなあ」…であった。

また「並(盛り)」という店内言語も、当時は馴染みがない言い方で、
並=上中下の下、松竹梅の梅….そんな印象が強くて抵抗があったから、
あえて「普通盛りで…」とか言い換えてしばらく注文していたと思う。

いずれにしても、その不味くてイケスカナイはずの牛丼というものを、
初めて食したその日から、なぜだか昼夜昼夜昼夜昼夜と毎日食った。
食いながら思った。
「不味いなあ、不味いけどクセになるなあ…」

そんな調子で、外食の中心は以後何十年も「ヨシギュウ」。
まだ24時間営業というのも少なかった時代だから、
折に触れた深夜のそのシーンには、いつも吉野屋が登場する。

失恋して涙に咽びながら食べたヨシギュウ。
仕事で失策し、信頼してたヒトに裏切られ、東京なんて大嫌いさ、
もう故郷に帰りたい…と、泣きながら食べたヨシギュウ…。
(さすがに吉野家で求婚はしなかったけれど…)

50歳を過ぎて、会社の健康診断で引っ掛かった。
栄養指導の先生という、うら若い女性から、日頃食してるもの?を聞かれ、
昼食は?で真っ先に答えたのが
「ヨシギュウ」。

先生「並ですか?」
私 「ハイ、生卵付きで。あれ美味いんです」
先生「そうですねえ、私も大好きですよ。でも、お気の毒ですが、
   次から生卵はNGです。」
私 「え?」
先生「並盛りだけならギリギリ許可します。紅ショウガも七味唐辛子も控えめ。
   あっ、ツユダクもNGですからね!」

そんなこんなで結局緊急手術などとなり、
故郷秋田に戻って気長に治療することになって、
吉野家…取り敢えず1軒だけ東の方で見つけ、久々食してみると、
これがなんとも妙に安心・納得の「東京の母(?)」の味。

まさしく都会生活者の「真髄 (Soul Food)」!!。

そう確信するに至るのであった。
(実は松屋もすき家も大好き…なんだけどね)



エルビス・コステロ…実は個人的に最も来日コンサートに出掛けた回数の多いヒト。
10回は簡単に越えるはずだ。早い話がもう「大好き」!。
で、なぜ敢えてこの曲なのか? ご当人の「ビートルズ愛」に溢れた歌唱が
何とも微笑ましく、愛らしい….そんな感じかな!


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

8 Comments

amamian3 says..."ペニー・レイン"
大好きな曲です!!

学生時代 8人の下宿仲間と夕食のとき
「今日は、スキヤキ」って おばさんが。
肉を一口食べて、?????!
「こりゃ、なんの肉??」
他の7名「?????」
すき焼きって 豚肉だと思っていました
牛や馬は「農機具」とばかり・・・・
吉野家は 懐かしいです
2013.12.22 07:34 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
実は私は、この曲にさほどの思い入れはなかったのですが、
コステロが歌うこの回は、何だかジワーッといい感じで、気に入ってます。
ピッコロトランペットのお兄さんも、誠実そうで良いです。

それにしても、Strawberry Fields Forever c/w Penny Laneというシングル盤は
あらためて、「最強だなあ」と思ってしまいました。

世代なんでしょうか? あまり牛肉を食す習慣がなくて、
スキヤキさえも、何だか豚で誤摩化されていたように記憶しています。

ですから吉野家の功績は「牛食」という意味で大きいと思いますが、
「牛ってこんなもんか??」という疑問も確かに....で、ありました。




2013.12.22 08:37 | URL | #- [edit]
ももPAPA says...""
こんばんわ

吉野家の牛丼 美味しいですよね。
初めは ん? って味でも慣れてきて美味しく感じるから味覚って
不思議なものです。

昔 学生だった頃 下落合の一角にあった小さな中華料理店で食べた
生姜焼き定食 の味にハマってしまって よく学生寮の悪友?と食べた
ものです。
夜は、逆方向で軒を広げてた屋台ラーメンの味が恋しくて何度も通いま
したね。
2013.12.23 22:26 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんわ"
牛丼も然りですが、生姜焼き定食、カツ丼、肉野菜炒め定食、
日替り焼き魚定食、半チャンラーメン…。
みんな学生時代にその味を知って、
そのまま習慣に至った外食の定番でした。

勤め人になっても一人の時は大体定食屋。
少し経済的に余裕ができたので、
定食に+一品で鰺の開き+納豆+冷奴+ビール…となります。

そう考えると、都市生活のソウルフードは、
もっと多岐に渡るのかもしれませんね。
ああ、なんだか生姜焼き食べたくなってきた!
2013.12.24 00:15 | URL | #- [edit]
ジオヤー says...""
こんばんは

ヨシギュウと掛けてエルヴィス・コステロと解く
その心は、ポップで、ロックな革新性と、
技術の高さの配分が絶妙でしょう。
2013.12.24 03:03 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."ジオヤーさん こんにちわ"
おーい、ずうとるびの山田くん、
ジオヤーさんに座布団1枚!。

思えばThe Police同様、ビジネス・パンクで出現した時は
あんまり印象よくなかったですかね。

見た目はややオッサンぽいのに、異様にぎらついていて、
塩コショウがバッチリ利いて、味濃いか?と思えば、
バラッド(Alisonだねきっと...)では酒、みりん等の
塩梅も最高で、メンフィスやリヴァプール産のフレーバー
さえ漂う薫陶の味...。

気が付けば毎日コステロ....。
ウーム、確かにヨシギュウです。


2013.12.24 10:20 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."コステロオジサン"
初めまして何時も訪問ありがとうございます。
コステロオジサン、ポールのアルバムのフ
ラワーズ・イン・ザ・ダートでは共作したりし
てますね。
私はスティッフレコードのデビューアルバム
からのお付き合い。
まだアナログでしたし、当初輸入盤のみで
した。
ジャズ、カントリー、バートバカラックと共演
とは音楽幅広い。
旧譜何度もボーナストラック付きで何度も
再発が困りもんです。
77年からもう30作多作の人ですね。
蛇足ながら多作の御三家私的にですが
コステロ、ニール、プリンスでしたが最近
はニール・ヤングだけですね。
2013.12.24 14:49 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんにちは"
コチラこそいつもお世話になっております。
oyajisannさん、タダモノではないと思ってはおりましたが、
やはりそうでしたか....。

私はタダ券もらって初来日コンサートに足を運んで以来の
ファンですから(学ラン姿で銀座ゲリラライブ→逮捕!の時ですね)、
英盤STIFFの頃だなんて、尊敬以外のナニモノでもありませんよ。

クロスオーバーだのAORだのと、やけに浮かれた
薄っぺらい音楽にウツツを抜かしてた自分に、
冷水を浴びせ「目を覚ませ〜」って云ってくれたのが
コステロであり、トーキングヘッズであり、P.I.Lでした。
おかげで随分と濃い80年代〜90年代を過ごすことが出来ましたよ。

今後ともよろしくです。

2013.12.24 18:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/302-d3d3c948
該当の記事は見つかりませんでした。