ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

♫ Oh! Please...

IMG_2669.jpg
【PORTO 2013】

小学5年の確か3学期、音楽の授業は、
レコード鑑賞などで時間を消化するダラケタ時期に入っていて、
音楽教師が選んだクラシック鑑賞が普通だけれど、
どうしたわけかその時は、教師の私物だろうか?
ビートルズの「Ob-La-di Ob-La-Da」のレコードを聴かされた。

これまでに聴いた事がないような「飛び跳ねる」感覚の陽気な音楽に、
私はなんだか異常に興奮したようで、
帰宅後、興奮したまま同曲のシングル盤を、親にせがんで買ってもらった。

POPSではこれが恐らく私のハジレコ(初レコード)となる。

これに味をしめたか、ビートルズ好きが本格化してしまうのだが、
いかんせん小学生の少な過ぎるお小遣いでは
シングル盤さえ満足には買えないから、
とにかく親戚や近所、友だちの兄弟などまで情報網を広げ、
レコードを借りたり、カセットテレコをワザワザ持ち込んで、
マイクをスピーカーにかざして録音させてもらうなどして、
少しずつコレクション(殆どコピーだが)を増やしていった
(前年に家でカラーテレビを購入したらオマケにカセットレコーダが
 付いて来たのがラッキーだった!)。

中には「ウチの姉ちゃんの友達がビートルズの日本語版持ってるぜ!?」
という謎な情報…ドイツ語版の「抱きしめたい」なんかもあるから、
日本語版もあるのか!と、ドキドキしながら聴かせてもらったら、
これが「東京ビートルズ!」...

♫オープリーズ オマエ-を、抱きしめた〜い〜…。

それがこれ!


コレクターへの道は果てしなく厳しい!と痛感するのだった。



さて、中学に上がるとビートルズと併行して、
この変態チックなオッサンの美しい歌にハマる。
いまや「エルトン・ジョン卿」と呼ばれるこの御仁。
本名ではない。

彼がソロデビュー以前に参画していたジャズバンドの先輩ミュージシャンの、
エルトン・ディーンとジョン・ハイズマン(共に後にソフトマシーン)にあやかって、
その名前を頂いたもの(ロング・ジョン・ボルドリーから、という説もある)。

何となく丹羽長秀と柴田勝家の織田家両上司にオモネって
羽柴秀吉と名乗ったアノ男とダブるなあ。

また、意外と知られてないのが、レコードデビューしたその当日に、
ロバートフリップ以外のメンバー全員に脱退されたキングクリムゾンを、
契約通りにグループを継続させる為に、
クリムゾンの所属プロダクション(EG)が、ソロデビュー作
「Empty Sky」をリリースしたものの、
鳴かず飛ばずだったエルトンジョンをスカウト!。
グレッグレイクの後任ヴォーカルとして、
すでに契約金まで支払ってしまっていたのだが、
フリップは「あんなカエルを踏んづけたような声のヤツなんか認めない!」
の一言で、ご破算に。

しかし彼はその時の契約金(違約金か?)を元手に、出世作となった2作目
「ELTON JOHN(僕の歌は君の歌)」を制作する。
(ジェントルジャイアントのオーディションも受けてたらしい…意外にプログレ好き?)

で、我々世代にとって思い出深いのは、何と云ってもこのシングル!
「イエス イッツ ミー」

聴き方によっては、キングクリムゾンの「エピタフ」とか「〜宮殿」
のように聴こえなくもないから不思議だ!?

日本のオリコンベースでは、
あのダイアナさん追悼に歌詞を替えて発売しバカ売れした
「Candle In The Wind 1997」を除けば、
この「イエス イッツ ミー(It's Me That You Need)」が、
最も売れた彼のシングルなのだそうだ。

やっぱりプログレ畑の、
サードイヤバンドのポールバックマスターによる
ストリングスアレンジがおどろおどろしくて、
固唾をのんで聴いていた中学時代だったな。


そのバックマスター節全開の名曲が「リーヴォンの生涯」。
リーヴォンのモデルは、なんとTHE BANDのレヴォン(リーヴォン)・ヘルムらしい。
The Weight - The Band
ちょっと、イメージが違うなあ…。

エルトンを聴いてたピークがこの時代(中2頃?)なので、
相変わらずシングルが基本ベース。
昼のパン代や、バス代を浮かせながら
レコード代を捻出してたな。
LP(CD)は、ずうっと後年に「オトナ買い!」。


Rare MastersRare Masters
(1993/05/02)
Elton John

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

bt9 says...""
まったく、当時のレコードは高かった。
昭和40年代の中ごろ、LPのアルバムは、私の安月給の 1割以上もしました。
いつか、月に 1枚、LPを買える身分になりたいというのが夢でした。
2014.01.24 04:13 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."bt9さん こんにちは"
2000円っていうのが途方もない大金でしたから、
LPはもう財産でしたね。

まだ子供でしたので、お正月のお年玉まで我慢の日々。
指折り数えてその日を待ちこがれながら、
何のLPを買うかを考え、レコード店に何時間も
居座ったりするのが、楽しかったです。
2014.01.24 10:29 | URL | #- [edit]
ももPAPA says...""
これまた・・
奇遇? な といっていいのか

その曲を、初赴任地(隠岐)の小学校4年生のクラスで聴かせたクチです。
デズモンドはほんとに家庭的~ お掃除お洗濯~
などと日本語で・・ 英語も歌ってました。
朝の歌  でしたね。

エルトン 初めて聴いたのは ワニロックでした。
2014.01.24 15:54 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんわ"
それはそれは!
ももPAPAさんは、良い先生だったのですね!

私らの子供時代は、ビートルズもロックも不良で
悪魔な音楽でしたから、それを授業でかけるというのは
教師として相当な覚悟??とも思われるのですが、
案外、音楽を純粋に愛する者にとっては、
極めて普通な行動だったかもしれません。

ワニロック....あたりまでですかねえ、
真面目にエルトン聴いてたのは..。
暗く、悩める青年が、突然カミングアウトして、
オネエなピエロ...!、みたいになっちゃうものですから、
驚かせ過ぎです。




2014.01.24 18:27 | URL | #- [edit]
Keith says..."やっぱし"
今晩わんこ      pipさん

どうりでやっぱしストーンズが出て来ないハズだねぇ~。
ウチでは、兄貴がバイトしてビートルズのLP勝って来て訳ダス。

個人としては、「Jumpin‘Jack Flash」が初めて買ったSPでしたっけ。
その後、ワイルドになって行ってんだねぇ~。
好みの女の子もね。  (笑)
2014.01.24 19:42 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Keithさん こんばんわ"
いやいや、大好きですよストーンズ(も)...。

残念ながら、頼りになる「兄貴」が我が家には居ないので、
その分、ストーンズにかけるべき熱量が行き渡らなかったかもしれませんが、
CDも「FLASH POINT」あたりまでなら、完璧に全部揃ってますし、
今回は無理ですが、コンサートも過去ほとんど行って、
フーフー合唱してますよ。

ただストーンズの最大の魅力である、バンドノリのかっこよさ
(独特のグルーブ)!というのを感じてハマったのが、結構大人になってから。
ところが、スタジアム級の時代に入ると、音もノリも雑に
大雑把になってガックリ...その辺、ご理解いただけると思います。

今回のツアーのVを色々見ますが、久々にバンドらしさが甦って来て、
一層カッコ良くなってますね! 
なぜこのコンディションで新作を作らない!?
やっぱり謎なストーズです。

2014.01.24 21:15 | URL | #- [edit]
ジオヤー says...""
こんばんは

東京ビートルズ、決してマジではなかったと祈りたいです。

リヴォン・ヘルムは、人格者、いい人だったというのは、
聞いたことある話ですが、エルトンにこのように歌われると、
えっ!?、そっちも?ってなことになってしまいますね~。
2014.01.25 02:54 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."ジオヤーさん こんにちは"
当時の日本のオトナ達に、本物ビートルズも
こう聞こえていたんでしょうね!
恐ろしや。

最後の方のビートルズやストーンズ周辺のイギリス勢
にとって、THE BANDは「神」だったと云いますから、
そっち?ではないでしょう...。
みんな自分のバンドそっちのけで、THE BANDあたりに憧れ
アメリカに出奔した時代でしたね。

GET BACK セッションも、本当のところは
THE BANDサウンドを目指していたし、もうジョージなんか
最初から音が、レズリー通しのロビーロバートソンそのもの。
キースもTHE BYRDS周辺に急接近するわけです。

2014.01.25 10:27 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."おはようございます。"
おはようございます。
東京ビートルズ、存在CDの時代になってミニCD
再発買いましたよ(笑)
小中学生ではレコード高嶺の花。
シングルだって昼飯のパン買わずにレコード、それも
シングル。
初洋楽レコードは、アーチーズ(架空バンド)のシュガー
シュガーで初LPは昨日初CD化されて届いたビートルズ
のヘイ・ジュード。
エルトン・ジョン好きです。
ブログ拝見して当時1万近くして今は廃盤のBOXのto be
continudeを久ぶりに聞いてます。
ソロ前のバンド時代が1曲目、上記のyesは3曲目に入って
ます。2000年のリマスター盤でないので音イマイチ。
そう言えば彼がアルバイト?で名前変えて当時のヒット曲の
カヴァー歌手やってたCDも買ったけど、当時は苦労してたと
しみじみ・・・。
最新盤の去年買いましたが今でも現役嬉しいです。
2014.01.26 08:33 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんにちは"
おやおや、oyajisannさん、本格的なエルトンファンでらっしゃるのですね!。

私もBOXセット所有してますよ!
oyajisannさんほど熱狂的ファンではありませんでしたが、
熱中した時代の中心がイエスイッツミーであり、僕の歌は君の唄であり
人生の壁、リーヴォン、フレンズ(!)などでしたが、皆シングル曲。
LP曲はまだほとんど知らないのが、笑えますね。

初めてLPは、LET IT BE。それも初回限定のBOX仕様...。
ところが中学時代に誰かに貸したまま行方不明。
のちに、中古市場で10万円ほどになってるブツを見て、
貧乏学生時代、どれだけ地団駄踏んで悔しがったか....!
今でも、添付の写真集だけでも返して欲しいなあと思いますよ。

2014.01.26 15:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/315-20b680f8
該当の記事は見つかりませんでした。