ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ナミダの理由

645088.jpg

今週は名古屋方面のとんでもない落差の
世界一の「ツンデレ娘」のおかげで、
涙・泪の週末です。

涙は今もまだ収まらず、ニュースやスポーツ番組でもまた涙、
ネットの活字を読んでまたナミダ…もうどうするよ!?ってほどボロボロ、
いやいやポロポロなここ数日であります。

こんな号泣型のナミダは、一体いつ以来だろうか?と思い、考えてみると、
「あまちゃん」最終週の「鈴鹿ひろ美」が北三陸の海女カフェで
『潮騒のメモリー』を達者に唄ったあの場面!….
あの時以来に違いない(紅白でも、少しだけ…)。
どうしたんだオレ?

むろん若い頃など、泣くとか涙するなんて殆ど、いやまったくあり得ない。
40歳を過ぎて父親が亡くなった時も、故郷に向かう新幹線の中で、
いろいろ思い出して目頭がやや熱くなった程度。

それから少しして勤務先が潰れて、まあ昼間こそ平静を装ってはいたが、
夜遅くに帰宅して、夕食を食べている最中に、突然、
家人の前でオイオイと声を上げて泣いてしまって、これには自分自身まったく驚いた。

いずれにしても「泣く」とは、非日常の特別な情況での制御不能な感情の発露…
に違いないのだろうが、ここのところの自分の情けないまでの安直な「涙」は、
一体どうしたことだろうか?

トシのせいなら、今後益々齢を重ねるわけだから、
箸が転げても笑うどころか、
入れ歯がハズレるたびに泣けてしまったらどうしよう!?と、
今から心配で心配でタマラナイのだ。




いつの時代も私はXTCが好き。
特に機材を色々買いそろえて、一人暗く部屋に籠って
自宅録音に興じている時代の
まごうことなきその「目標」が、
まさにこの曲だったりする。

ちょっとマニアックで恐縮だが、シングルB面曲に何らかの真価が現れるのが
まさにXTCのXTCたるところである。
というわけで、その典型がこの XTC - Extrovert


で、B面遊びに飽き足らず、結局「変名バンド」で
趣味音楽に徹したアルバムをリリースし、
これまた高評価を得てしまうのがXTCのスゴいところ。
XTC…いや変名The Dukes Of Stratosphere - Vanishing Girl


Rag & Bone BuffetRag & Bone Buffet
(1996/03/19)
Xtc

商品詳細を見る


Chips From the Chocolate FireballChips From the Chocolate Fireball
(2001/06/19)
THE DUKES OF STRATOSPHEAR

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

Keith says..."あなた泣いたわね"
お久し振りでお早うわんこ      pipさん

あ~た泣かされたのね、あの真央とか言う娘っ子に。フリーの演技に。

私は前日のショート見て、灰皿ぶん投げてひどい目にあっただわす。
だから、フリーの夜はふて寝して見なかった。

誰が泣くもんですか!。一番のトリに55点16位の娘っ子に!アンマシだわ。
2014.02.23 10:12 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Keithさん こんにちわ"
Keithさん ひさしぶりで嬉しいです!。

やられましたね~、あのツンデレ娘に。

でも考えようでは、メダルなど無くても、
或いはジャッジなんてもう別次元…という価値観を
五輪という殺伐とした世界にもたらした、
スゴい出来事のような気がします。

2014.02.23 12:23 | URL | #- [edit]
ももPAPA says...""
こんばんわ

あの子には自分も泣かされました。
ミスっても絵になる 表情から心中の思いが汲み取れてそれがいっそうまた涙を誘って・・

涙腺 その他 いろんな部分の栓が緩んで ここのとこ慌てることがふえてきましたよ
2014.02.23 21:23 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
ジオヤー says...""
こんばんは

世の中には勝つことよりも素晴らしいことがあるってことでしょうか。
いや、結果勝ってるようにも思いますけどね。
にしても、泣き過ぎでは?(笑)

「Vanishing Girl」は、普通にいい曲過ぎて、XTCではないみたいですが
(まぁ、別名を名乗ってるくらいだからXTCではないのでしょうけど)、
本質は、結構こっちなのかなと思いました。
2014.02.23 23:56 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん こんばんわ"
そうなんですよ、涙腺の弱さと老眼は
どんどん進んでるみたいで、ちょっと怖いですねえ。

オッサンの、美しいナミダの演出法というか、
そういう正当化の手法を、考えておかねばなりません。
2014.02.24 00:19 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ジオヤーさん 毎度です"
クーベルタン男爵の「オリンピックは参加することに意義がある」
って言葉を、我々は軽視し、あろう事か
否定するような風潮もありましたけど、
今こそ、この言葉の真意が、新たな価値を得たような、
そんな歴史的瞬間に立ち合えたような気がしましたよ。

このDukes〜は、いわゆるサイケのオマージュと云うか、
パロディがふんだんに盛り込まれていて、
その出典元捜しが楽しい作りのアルバムです。
まだまだ素晴らしい曲がたくさんあって、1曲選ぶのに
実は相当悩みましたよ。
2014.02.24 00:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/325-b0c6ef33
該当の記事は見つかりませんでした。