ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

四日間戦争 二日目

DSC04533.jpg
入社2日目。
4時間そこそこの睡眠時間で、朝6時には出社した。
夕べ遅くに、係長に昇進した筈だが、相変わらず自分のデスクはないし
何の係の長なのかもサッパリ分らない。

すると2名、昨日の私と同じような「迷い子」を発見した。
盛んに、先輩先輩と色々聞いてくるのだが、
私とて聞かれても大したことは答えられないから、
どうせ聞くならもっとベテランに聞けよ!と思うが、
誰が新人で誰がベテランなのかすらまだよくわからない。
後に分ることだが、最ベテランで、社長の番頭のような
振る舞いをしてる男でも、入社半年に充たない…そんなものだった。

50代の教育係が私を呼んだ。

教「オマエはもう係長なのだから、研修プログラムは中止して、今日から即戦配備だ。」

私「即戦と云われましても、正直、まだ会社も仕事も理解してませんが...」

教「オマエの仕事は、首都圏の駅前をくまなく歩いて、
 当社店舗の好適地に狙いをつけたら、その物件の情報を徹底的に集めて、
 いかなる手段を使っても 当社が出店する道筋を付ける…それが仕事だ」

私「いかなる手段も…?」

教「逐一、報・連・相しながら、情況が揃ったら社長許可の後、好適店舗を選定する」

私「えっ、カフェじゃないんですか?」

教「ウチはカフェだけじゃない、パチンコ屋、ゲーセン、美容室もあるし
 あと、…まあそのうち分る...。それと当社のルールだが、特別なアポや商談が
 ある以外は、一日に最低3カ所、出来れば5カ所の街を回ること!これは厳守!
 あと、当面毎日1店舗以上の当社店舗をお忍びで入店し、情況報告。
 まあスパイだな。個人的なアドバイスだが、
 早速◇◇坂の直営店を見て感想を聞かせてくれ。
 それと社長の意向だが、早くオマエに実績を積ませて、俺の後、
 つまり新人教育とか本部側コントロールを引き継がせろってことらしいから、
 ちょっと急ぐぞ、いろいろとな」

私「………」

さて、またしても怒濤の朝礼が始まった。
例によって赤目社長は、部屋に入るなり、その強すぎる眼光で
のっそりと舐めるように一人一人を注視する。
突然、私の名が呼ばれた。

社「pipco、オマエ係長だからって、何チャラけてるんだよ…」

私「チャラケてなんていません!」というと、

社「じゃあ、何だそのチャラケたストライプシャツ!?何様だコラ!」

白地に薄いグレーのストライプで、さほど派手なものではないのだが、
それがお気に召さないらしい。
注意深く眺めれば、確かにカラーシャツは次長以上?で、
課長以下はみんな白シャツ…。

私「申し訳ありませんでした。明日から留意させていただきます」

と答えるが、社長の本日のターゲットはどうも私らしく、
事態は簡単に収まりそうも無い。

社「で、そのネクタイのセンス!?それどっかのブランド品だろ?」

私「頂き物なのでよくわかりませんが、Coach…って…」

社「いいか、pipcoさんよ、中小企業の元副社長様なんてクソな肩書きは
ココじゃ通用しねんだよ…。そういうクソな風をココじゃ吹かせないで
欲しいわけよ、なあ副社長さんよ」

私「そんなつもりは一切ございません…」

社「そのシャツが、ネクタイが、物語ってるって言うんだよ。
 シャツは白でネクタイは無地。スーツもダークのみ、
 それが外回りのイロハじゃないのかねえ。
 だから潰れるんだよ、破綻するんだよ会社、なあ副社長さんよ!」

相当執拗だなと思ったが、当面従うしかないわけで、仕方なく

私「勉強になります」というと、

社「どっかオマエ俺を馬鹿にしてるだろ!」と、まだ絡むので、

私「諸々教えていただくようお願いします」と頭を下げると、

社「おい、こいつ副社長の器だと思うか?なあ課長」

突然振られた課長も返事に窮すだろうなあ気の毒に…と思ったら、即答で

課「はい、器ではないと思います」と澱みなく云った。

次長(女性)はどう思うよ?オマエも以前は役員だったよなあ。

次「前の会社でどうだったかなんて、この会社じゃまったく
 関係ないってことを早く理解して欲しいものですね…」

やれやれ言われ放題。もはやイジメである。


そのうちに、やっと本来の会議に戻り、当日の予定と教育係リクエストの
直営◇◇坂店に寄って見るというと、社長は、

「◇○坂店に行くかあ...、まあ楽しみにしてる、副社長殿のお見立てを…」

これが仕組まれた地雷であることを知るのは、当日夜のこと。

取り敢えず出掛けた。
一日3カ所以上の駅前徘徊は予想以上に大変で、
少し大きな街だと、駅の東西南北全てに商店街が広がっているから、
丸一日いたにしても全てを見聞出来ないところを、2時間程度で効率よく
回らねばならない。食事休憩なんて時間はほぼない。

なんだかんだで1日10kmどころではない距離を歩き、
同時にテナントビルの中もくまなく歩いて、良さげなテナントを見つけると
店が営業してようがしてまいが、当該の不動産屋に行って情報を収集し、
ヘトヘトになって夕方最後に直営◇◇坂店に入った。

正直に言うと、店内は汚いし、カウンターもダラシナい雰囲気で感心しない。
まあそれも正直に報告しようと思いつつ帰社すると、
新人さん達=1日だけだが後輩達の姿がないのに気が付いた。
一人は午前中に、もう一人は午後にそれぞれ「やっぱ辞めます」と
電話で通告して来たとのこと。そんなものなのかなあ…と、彼等の品格を疑った。
しかし、やがて彼等と同じ心境に自分も至るのだ。

その日のメモを纏めていると、50代教育係が来て、
◇◇坂店はどうだった?と聞かれる。
正直にあるがままを話すと、教育係の表情はみるみる変わった。

教「あの店の担当は俺なんだよ!。最近業績はあまり良くないが、
 堂々たる一級店だ。だからさ…」

私「問題なかった…という事にすれば良いのですか?」

教「そうだ…余計な波風を立てないでくれよな!」

夜の会議では、心ならずもそんな大人の事情で、
虚偽の報告すると、社長が云った。

社「残念だな…あの店はもう最低なんだよ!弛みきってる!
 店長を明日クビにする。 それをオマエは…もう分った。下がれ!」

さらに付け加えてこう云った。
 
社「主任に降格…オマエには失望した...」

教育係が、一瞬笑ったように見えた。


12時帰宅。
帰宅時間は以前の会社に較べれば、まだ相当早いのだが、
疲れがどっと押し寄せ、翌朝起床するのが、相当辛くなっていた。 

怒濤の3日目、そして運命の最終4日目へ…続く(長文御免)。




MTV Unplugged という番組は、
出演アーティストほぼ全員の、意外なほど真摯な熱演に
多くの衝撃と感銘を受けた画期的な音楽番組だったと思う。

その中でも、個人的に最も衝撃を受けたという意味では、
「Pearl Jam」と「Nirvana」、
そしてこの「Cranberries」が、特に素晴らしかったと記憶している。
なかでも印象深かった曲「 Ode to my Family」


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト

6 Comments

ももPAPA says...""
pipさん こんばんわ

ってことは、その教育係さんと社長さんに仕組まれたってことですか。
性根悪い社長さんですね~
でも 実は・・って展開になるのかなぁ

次話 楽しみです。
2014.03.05 22:09 | URL | #Wgi4adpQ [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩は何かテレビドラマにでもなりそうな話ですね。
普通の神経じゃいられないような・・・。
量販店なんかは体育系、馬鹿、カス、間抜け等の
怒号がバックヤードで響き渡ってるそうですが、
それとはまた違う異色な感じです。
「Pearl Jam」と「Nirvana」当りから新人さんに疎く
なってグラミーとか取って後から聞くようになりま
した。
2014.03.05 22:26 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."ももPAPAさん どうもです"
長文御免です。

お話はどんどん茶番劇というか三文芝居な方向に向かいますが、
あくまでも「一つも盛ってない真実」なので仕方ないです。

逆にもっと妙竹林なコネタもたくさんあるのですが、
紙面のツゴウでカットさせてもらってます。

4日目に辞めますので、今少しお付き合いください。
2014.03.05 22:59 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん いらっしゃい"
実は勤務期間中はその時間すらなかったんですが、
辞めてからWebで検索してみると、
何じゃこりゃ!というほど社長&上層部罵倒の嵐!
しばらく楽しめましたよ。

パールジャムとか、私も同じで見逃してましたが、
この番組で「素晴らしさ」を知りました。
そのイキオイで嫁と武道館にも出掛けたんですが、
当然ながらアコースティック..なんて、露ほどもなくて
最初から最後まで大爆音のコンサート...
夫婦でぐったりでしたよ(笑)。
2014.03.05 23:12 | URL | #- [edit]
ジオヤー says...""
こんばんは

これはまたとんでもない会社ですね~。
何か、新宿ってイメージでもありますが、
何も社長が好きこのんで社員をイジメる会社っていうのも
ないと思うので、次回以降どういう展開になるのか楽しみです。

真摯で、むき出しのクランベリーズって感じですね。
私は、ポップなオブラートに包まれたクランベリーズを良いと
思ってたので、別のバンドを見るようでした。
2014.03.06 00:15 | URL | #LkZag.iM [edit]
pipco1980 says..."ジオヤーさん 毎度です"
これまで、色々な「社長さん」を見てきました。
皆さん、さすがに周りの空気を一瞬で変えてしまう
独特の存在感をお持ちなのですが、
「妙な威圧感」というか「爬虫類的空気感」の社長は
さすがに初めてで、対処法が遂に分りませんでしたね。

クランベリーズとはこのTVがファーストコンタクトなので
後にCDを買うんですが、逆に「加工品=POP(?)」っぽく
感じました。

語弊ありますが、Pearl JamもNirvanaもCranberriesも
内面を曝け出したという意味では、
この「アンプラグド」が最高傑作(!?)ていう気がします。
2014.03.06 11:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/329-e02bdb88
該当の記事は見つかりませんでした。