ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

コミュニケーションは大事だ!

6060.jpg

先日、家の近くを歩いていると、
見知らぬ年輩のご婦人から不意に声をかけられた。

〇〇サンちの〇〇君でしょ!
小さい時と全然カオ変わってないからすぐ分かった!とのこと。
50を過ぎて変わらないと言われてもねーなどと返すが、
実はそのご婦人が何処のどなたかさっぱりわかってない。
で、結局分からないまま,ではまた・・・。
以来、気になって寝付きが悪い。一言聞いていれば….。

某コンビニで買物をしていると
「○△カードお持ちですか?」と自店のポイントカード提出を促される。
「持ってない」と答えるが、それに対する返答は一切なく、
この話はなかったことに・・・という空気が一瞬流れ、
レシートとつり銭を渡され、否応なく取引は終わる。

何故カード加入を薦めないのだろうか?

「持ってない」→「ビジネスチャンス到来!」と思わないのだろうか?
または店長が、アルバイトにそういった指示ができない理由でもあるのだろうか?
と、ずーっと不思議に感じつつ、
こちらも「カード作れば何かいいことあるのか?」
というツッコミを入れたいところだが、ややこしいのも御免だし、
なんだか面倒になって、何とも言い知れないわだかまりを抱えたまま
店を出るのが通例なのだ。

ところが今年の元日にたまたま買い物したら、
カードは?→ないよ

じゃ、お作りしましょうか?…

一瞬耳を疑った。
実は待ち焦がれたその言葉が、
突然思いもよらず返ってきて、
少し狼狽したものの、
悟られぬよう、急ぎ自己修復して、

「つっ、作りましょう、そうしましょう!そうだそれがイイ...」
 
どうやら元日はアルバイトが確保できず、責任者さんが店で対応していたらしい。
そんなことで、何となく正月から気分が良くなって、
以来、少し家から離れているが、まめにそのコンビニに通い詰めてたりする。

「ポイントカードは?」→「はいはい、ありま〜す♪...」

お馬鹿な話だが、
本当にコミュニケーションって大事だなあと改めて思うのだった。



スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/33-1ac50625
該当の記事は見つかりませんでした。