ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

恥ずかしくてまだまだ。

DSC02477.jpg

趣味が写真?!なんて考えたこともなかった。

カメラ自体は、何となく仕事も含め必要で、いつの時代も持っていたし、
デジカメに至ると、発売されてすぐに買ったものだ。
以後も、興味ある新製品が出れば都度買い直している。
携帯電話のカメラ機能が充実してくると、腕時計を外すように、
その機能に依存するようにもなった。

恐らく、とてもとても普通な一般ピープル状態だったと思う。

数年前、30年来の友人が、突然カメラにハマったらしく、
面白いからお前さんもやってみろや!
と、型落ちのデジタル一眼レフカメラ(デジイチというらしい)
のボディを譲ってもらった。ただしレンズは自分で買え!っと。

んで、その友人と銀座の中古カメラ屋にレンズを見に行くのだが、
その時初めて知って驚いた。
カメラもデジタルの時代だから、技術革新は日進月歩、
他のデジモノと同様、値段は日が経てば安くなり、そのうち値も付かないほどになる。
しかし、レンズはあくまでもアナログな一種の工芸品だから
値崩れなどせず、しかもカメラ本体を買い換えても、同じメーカー(グループ)なら
レンズは生涯、いや末代まで使える資産だということ。

早い話がレンズは中古といえど、ほとんど値段が下がってないのだ。

その時はホコリが微量混入してるかもしれないという理由で
安くておすすめ?らしい中古レンズを購入。
安いといっても高級新品コンパクトデジカメ(コンデジという)が
充分買える値段である。

さてそれからの展開は、写真を撮ることがこんなに楽しいとは!なんて
ありがちな展開では残念ながらなく、
撮影旅行どころか、散歩すら出来ない超多忙状態がしばらく続き、
カメラのことなどすっかり忘れていたし、
稀に、さて今日のお出かけには!と思ったとしても、
重いし嵩張るから、やっぱりやめておこう、と持って出ることは殆どなかった。

そのデジイチをようやく楽しめるようになったのは、
皮肉なことに、セミリタイヤで秋田に舞戻ったつい最近のこと。

少々ごついデジイチと数本の交換レンズをカバンに突っ込み、
千秋公園を歩き、思い出などを偲びながら写真を撮る。

撮ること自体が楽しいと、そこで初めて感じた。

さらにこうしてこうすればもっと美しく、楽しくなるということを、
ゆっくり自分のペースで学んでゆけるのも、楽しくて仕方がない。

やがてもっと軽量な、ミラーレス一眼カメラなる最先端テクノロジーの
お散歩カメラを新たに購入したりもした。
これでフットワークも軽快になったはずであった、

しかし、千秋公園だけではさすがに飽きる!

行動範囲を少し広げるため、自転車を購入。
土崎港、高清水、新屋方面、空港方面などなど自在となったが
で、それから???が思いつかないのだ。

秋田市って他なんかなかったっけ??

そうなると、これまでの人生長〜いこと、いくらでも撮る題材には事欠かない
場所に住んでいたのに、何をやっていたのか??と悔やまれるのだ。
しかし同時に、戻ったら戻ったで、ああ秋田の「あれ」を撮るのを忘れていた、
普通過ぎて感じてなかった秋田に居なければ撮れない〇〇をなぜ忘れたんだろうか
などと悔やむのだろうなあと思うと、

まあおあいこだな。

今の環境でできることを、きっちりやっていこう…
などと一人で嘆いたり、納得したりのめでたいオヤジであった。

スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/35-72069916
該当の記事は見つかりませんでした。