ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ギリのサクラ

IMG_0190.jpg

病院で2日間かけてしっかり検査をしたら、
何だかゲンキンにも、ここ数日体調も良いので、
所用あって「寺」へ行くついでに、ギリの桜を見に太平川へ。

マジ、ギリだったけど、何とか間に合ったぜ、よかったなあと、
強引に自分に言い聞かせ、納得するポンコツオヤジである。




実際の病状は決して芳しくなく、いつもお世話になってるクリニックの先生には、
「ウチではもう手の打ちようがないから、大病院で治療してよ!」
と見限られる始末。

深刻と云えば深刻だが、今日明日にどうなるものではないし、
不良箇所が多すぎて、もはや全体的な体質改善を行って、
病状改善の為の土台を作り込むしかないという感じらしい。

事態を漏れ聞いた家人の九州の実家サイドも、
漢方薬だのクマザサの青汁だの送ってくれたようで、
またしてもアタマが上がらなくなった。
今のところ家人に

「新しい恋が芽生えたので…」

と突然記者会見をされても、
一言もない情けない旦那状態なのである。

まあ取り敢えず連休明けにも「大病院」再検査が始まる...
入院だけは、もうしたくないなあ....。



一時、8チャンネルMTRと、
パフォーマーというシーケンスソフトを核とした
「DTM=自宅録音」にハマっていた時代、
実は同時に「エスニック=民族音楽」にも相当ハマっていて、
当然、名だたる世界各国のキラ星のスターがいる中で、
私は意外にも我が日本代表の「サンディ( Sandii)」に、
すっかり惚れてしまっていた。

今やフラダンス界最大の「大先生」になってしまった感があるけれど、
元気だったら渋谷のフラ教室に通いたいくらい!?…
まあそれほどハマっていた。

元々好きだった服部良一先生の蘇州夜曲の数多あるカバーの中でも、
群を抜く素晴らしい出来のSandiiバージョン

さらにはもはや誰も超えられぬ南太平洋=Pacifica路線の
最高の表現=Aloha Mai〜Pacificaメドレーを!(後者は残念ながら映像がない)。



MERCYMERCY
(2002/05/09)
SANDii

商品詳細を見る


PacificaPacifica
(1992/01/22)
Sandii

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

amamian3 says..."連休は"
ゆっくりですね

ギリの桜 凛と咲いています 「しっかりしろ」と言ってます

懐かしい曲のはずですが、なぜか新しく聞こえてきましたよ
母がよく 台所で口ずさんでいました
その背中を思い出しました

連休は常連さんのご案内でルアー釣りのご案内
加計呂麻島2泊 本島1泊です
太陽が出るとたちまち25℃を超えてきますが
今回は私もロッドを出そうかな

病めば気が滅入ります
滅入るとますます病みます
名医に出会うことを記念しますよ
「治してやる」という気迫をお持ちくださいね
いつもナイスな曲をありがとうございます
ではまた
2014.05.03 06:39 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
叱られちゃいました!
深く感謝します。

連休もお忙しそうで、羨ましいです。

私も長いこと、「連休こそ仕事!」という
生活をしてきましたから、妙にこの時期は
テンション上がるんですね。で、上がったモノを
今はどう処理していいか分らないわけで、
バカバカしいかもしれませんが、今年も桜を見るってことに
異常な執念を燃やしたりするわけです。

SANDIIさん版「蘇州夜曲」のリズムやコードアレンジが
私の自宅録音の一つの指標でもありました。
Major6.7.9.13thというテンションコードの華やかさに
圧倒されますが、実は服部良一さんのオリジナル版で既に
これと殆ど変わらないコードが使われてたというのを
気付いたときは、その先進ぶり、なによりオシャレさに
本当に驚かされました。戦前ですよ!!


2014.05.03 12:17 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩は、彼女はまだサンディーアイの頃からのお付き合い
ですが元旦那の久保田真琴組んでた頃が一番聞いてました。
オーストラリアでナンバー1ヒットも出しましたね。
今も原点回帰で現役バリバリなんですね。
2014.05.03 20:21 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です!"
セクシーシンガー’サンディアイ’...でしたね。
FMで四人囃子と、マッカートニーの「あの娘におせっかい」
歌ってたのが印象的でした。

仰るように、サンセッツの頃はあんまり彼女らしくなかったですが、
ハワイ出身の彼女が「南太平洋路線」と出会い、さらには
本来のルーツに辿り着くことで、才能が爆発した!
って感じでしたね。

2014.05.03 22:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/352-ddc803be
該当の記事は見つかりませんでした。