ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

いろいろ熱い季節です

IMG_0333.jpg
とてもタイトで素敵な赤の世界…。



さて4年に一度のワールドカップがもうじき始まる。
個人的にはこれから入院と云う酷いタイミングで、
少なくても緒戦…もしかしたら予選リーグ3試合もろとも
「院内観戦(!)」となるだろうと思う。

思えば2006年ドイツ大会の最中にも
私は全身麻酔な手術を伴う入院をしていて、
特に緒戦オーストラリア戦は手術の前の夜。

前夜だけに特別に調剤された「誘眠剤」による
真っ当な睡魔と戦いながら、あの絶望的な結末を、
朦朧とした中で体験し、翌朝も陰鬱な気持ちのまま、
手術台に向かった日のことをよーく覚えている。

2戦目はおそらく術後の朦朧とした日々の中、
観戦した記憶はあるが。内容は全く記憶にない。

3戦目のブラジル戦は車椅子観戦。
結果はもちろん惨敗。現役最後と密かに決意していた中田選手の、
あの長い長いピッチ上の邂逅…それを同じように絶望的な気持ちで
呆然と眺めていた車椅子の私。

ジーコジャパンは完全に失敗だった。
攻撃のリーダー(中田)と守備の統率者(宮本)の「サッカー観」の隔たりは、
最後まで理解し交わり合うこともなく、
また指揮官(ジーコ)からも適切な指示・アドバイス・命令なく、
最も肝心な事が修正されないまま、結局3連敗した。

次の2010年南アフリカ大会の岡田ジャパンも、
思えば大会直前にチームは無惨にも瓦解していた。
岡田監督も万策尽き、ぶっつけ本番でゼロトップのMF本田が最前列…
捨て鉢&ヤケクソとしか思えない、見たこともない異様な陣形は、
散々日本を研究し尽くした相手チームを混乱させた結果、
「超まぐれ」で日本はベスト16まで勝ち進んだ!。
しかしゲーム内容は、とてもワールドカップの晴舞台にはそぐわない
大雑把かつお粗末なもので、
成績のわりには多くのサッカーファンを失望させた。

その頃の私は、体調はあまり芳しくはなかったが、
それなりに充実した勤め人生活を送っていたけれど、
同じ年の暮れにやっぱり倒れてしまい、緊急入院&手術…。
ワールドカップイヤーはそうしたわけで、私にとっては鬼門とも言えるわけだ。

さて本田圭佑が常々言うように「優勝!」…これは100%無理だ。
別に敢えてネガティブ発言をするのではなく、
冷静に強豪国の強さを鑑みれば、
少なくても論理性を伴った優勝など、全くもってあり得ない。

それよりも、順当にベスト16、そして何とかもう1勝してベスト8…
ここらあたりまでを「あたりまえ」といった感じで
危なげなく進むのは、実力的に困難ではないので、
そういう準備を粛々として欲しいと願うのみ。
それ以上は目標ではなく完全に妄想の世界。叶わぬ夢。

そして『その先』を愉しむには、
もう少し長生きせねばならないようだ。



さて、にわかに北国秋田も暑くなってきて、
今日も『真夏日直前』だったんだそうだ。

「〜直前」というのが、奥ゆかしいというか、
この踏ん切りの悪さが、なんとも我が故郷らしいのだが、
私はといえば、単純にTシャツ1枚で終日過ごせるのが
なんとも心地良くて、嬉しい。

....というわけで夏が来たら、そりゃあ夏なんです....
お決まりのこの曲です。
日傘ぐるぐるボクは退屈….。


風街ろまん風街ろまん
(2009/02/18)
はっぴいえんど

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

10 Comments

amamian3 says..."おはよう~~~!!"
ナイスな紅です!!

サッカー
確実に強くなっているのか!?ってとこですよね!
ラグビーと違い「意外な結果」もあるスポーツですが
その意外は相手にも公平にあるわけで・・・
冷静に見れば仰せの通りですよ(笑

夏の開放感
まるで無防備な、いでたちでも成立するところが好きです
鬱陶しい梅雨の最中でも確実に気温はあがり
そろそろそれに近くなりました
案内中でなく、時の晴れ間のフリータイムは
カメラを持って飛び出します
いい「青」が撮れたらいいなぁ~

2014.05.15 05:53 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3 早起きですね!"
サッカーは、冷静を装いながら、いざゲームが始まると
熱くなって、行け行け、死んでも勝て!その他
あらん限りの差別用語の罵声を繰り出しますので、
テレビ観戦も出来れば一人でと願いたいところですが、
恐らく今回は病院のテレビ、しかも早朝.....うーん、困った。

そちらの「青」は、素晴らしいんでしょうね!
いつか......。





2014.05.15 09:27 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."もういないだろうなぁ"
ワールドカップの年なんですねと言う程度
しかサッカー知識ないですが・・・。
海外組とか多くなったし強くはなってるだ
ろうけど優勝、決勝戦なんて奇跡でも起き
ない限り私が生きてる間にはないでしょう
ね。でも予選リーグは突破してほしいなぁ。
松本さんはドラマーというより詩人ですね。
2014.05.15 11:45 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん 毎度です!"
松本隆氏の、特にこの曲の詩は、上村一夫氏の描く女性の
イメージが昔から強いんですね。

日傘ぐるぐる....縦長フレームの青い空、白い雲、
鎮守の森の深緑、田舎道、
(登場しないけど)田舎のバスと茶屋(雑貨屋?)の前の停留所、
むせ返るセミの声、浴衣の女性.....。
ああ日本の夏です。

予選突破は当然のこと...と、余裕かまして闘って欲しいですね。
それが強豪国たるもの...ですよね。

2014.05.15 12:54 | URL | #- [edit]
天安 says...""
日本サッカーのおもしろさは、
どうなるか誰にもわからない、という点にあるんじゃないのかな。
細かいパス廻しがどうのこうのっていうんじゃなくて、
ドカーンとあたって、
バスーンってゴール入れて、
ガチョーンって乗っていってほしいですね。
くれぐれも、点入れられてシュンとする姿だけは見たくないな。
入れられてもヘノカッパっていうような大和魂が必要ですね。
オイドンは、本田が好きなんだけど、最近彼、まったく調子悪いみたいで。
Wカップ本番では、かっこいい姿見せてほしいところです。

2014.05.15 19:54 | URL | #1wIl0x2Y [edit]
pipco1980 says..."天安さん こんにちは"
本田選手に頑張ってもらわないと確かにしんどいですが、
相当深刻な状態に見えますね。
単にミランの選手と息が合わないだけ....ならいいんですが。

FKのボールを絶対に譲らないいつものパフォーマンスに
カカは激怒してましたが、調子悪いときは無理せず、少しは
チームメートを信頼すれば良いのに....って思いましたよ。

2014.05.15 21:06 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.05.16 21:04 | | # [edit]
天安 says...""
本田、かなり調子悪いみたいですね。
点入れた、っていう映像がゼロですもんね。
同じFC2ブログでサッカーの映像を載せてくれてるのがあるんですが、
今はそれも見てません。
やつの調子の悪いのを見てもオイドンの調子が上がるわけでもないんで、、。
がんばれよ、って、気持ちで応援しながら彼の調子の回復を祈っます。
FKのボールを絶対に譲らないあのパフォーマンス、オイドンとしては
続けてもらいたい気分す。ゼンニンとか模範生みたいにはなってほしくない
ですね。ある意味での我を主張できるキャラが世界を舞台にやっていく上では
不可欠の要素なんじゃないのかな、って思います。^^

2014.05.17 06:39 | URL | #1wIl0x2Y [edit]
pipco1980 says..."天安さん 毎度です"
天安さんの御意見も、おそらく結論のない2分する論理の片方と
思います。俺様キャラ・王様キャラ・何様キャラ(!)も
そのリスクは全て本人にあるので、逆風もまた当然であり
覚悟の上だとは思いますし、見事とも思います。
しかしご承知の通り、サッカーは最高峰のチームワークが
求められる競技であり、個の力やイデオロギーは、あくまでも
それを補助するチームメイトの力量があってこそ発揮される
のが強者の論理であると思われます。ミランでまさに彼の
力が発揮出来ないのは、そこに起因すると考えられ、そこは
彼も譲ることは譲らねば....と考えます。

起業家などの方々には理解出来得ない、宮仕え的な論理かも
しれませんがね(笑)。
2014.05.17 13:51 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんばんは"
とても現実とは思えない、素晴らしい世界を
垣間見せていただきました。ありがとうございます。
さらにオイオイと楽しませていただきますので、
よろしくお願い致します。
2014.05.17 19:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/357-6043fa74
該当の記事は見つかりませんでした。