ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ぼちぼち生きてる入院編 グローバル・ホスピタル

DSC01271.jpg
病室から見える曇り空の「娑婆」。



結局、心臓の不調で倒れるまで在籍した
現状では直近の職場に5年あまり居たのだが、
同時にその5年間は、私が唯一体験した
グローバル化以後の会社組織ということになった。

とはいえ、あくまでも会社に居る目的とか意義は、
営業担当者である以上、まずは目標予算達成=儲けて会社に貢献し、
組織の発展と個人の収入アップ以外にはない。

かといって評価は1年後ではなく、毎月チェックされた揚げ句
「これからがんばります!」などの詭弁は通用せず、
「何をどう調整して数字を元に戻すのか、
 具体的方策を上司とともに会社に報告せよ!」ということになるから、
気も抜けないのだ。

さらに、会社は
「目標予算達成以外に、会社のためにお前はいったい何をするか?何が出来るか」
という計画書というか血判状のようなものの提出を求められた。
営業が営業以外に何をする??部下を育てる?交通費や経費を節約する?
中には、営業成績を上げて多額のインセンティブを獲得し、
会社の株を買う!なんて約束した奴もいた。
さらにそれらを評価しやすいように数値化しろ....
かつて、10年に一度の天才東大生と言われた竹中平蔵のおかげで(?)、
世の中こんな風にややこしくなったのかあ...と、
嘆いてもみたものだった。

昭和の日本の社会構造は、予算なんてのはあくまでも
「絵に描いた餅」みたいなもので、
とどかなくて当たり前=多少上から文句も言われるが、
上とて目標なんて相当に盛った数値だから、
社員には内緒の、「本来の下方修正予算」にさえ届いていれば、
問題などなくて、社員も薄々そんな数字には気づいてるって状況。
だからお粗末な成績でも減俸も降格もなく、
もちろん解雇なんてこともあろうはずがなく、
スキャンダラスな問題でも起こさない限り、
同期入社なら給料に開きすら出ず
「あんな奴もこんな奴も」一様に出世する...そんな社会。

実はそんな構造に幻滅し、
上にぶら下がりへばりつく邪魔なおっさんがたを軒並み抜いてやる!
と息巻いた若かりし自分の姿というのもあったが、
実際に既に40代も後半で、そうした明快な社会状況を、
おっさん新入社員として迎える事態になると、
今度は「それは今になって不公平だろ」という気持ちになるのだ。

前置きがすっかり長くなってしまった。

病院に入院するのは3年ぶりということになる。
しかもこの病院はこの4月に「新装開店」を遂げ、
医者の多く、看護師も大幅に入れ替え、かつ大増員したようで、
以前のちょっとルーズでだらしない感じの印象とは大幅に異なる
「當世今風大病院」に、すっかり生まれ変わっていた。

どうやったか知らないが、過去の悪習を継承する古株の
医師や看護師たちは、どうやら見事に駆逐されてる様子だ。

まず、担当医(主治医)から、私の病気をどう治療し、
どこまで回復させるか?いつまで?...との決意表明が文書化され、
患者(私)に提出される。

病棟の看護師達からも、看護計画というのが作成され、
毎日きちんと計画通り行われているかをチェックし、その感想を聴かれる。

担当看護師も個人的な計画が明記され、そしてもちろん患者も
『患者目標』にサインさせられるのだ。

そしてさらに、治療や検査以外に催される様々なイベント=
毎日の合同勉強会や、看護師とマンツーマンの
「病気とのつきあい方10分間レクチャー(毎日)」など、
何しろ煩わしいほどに、熱心この上ないのだ。

そして最後は、(まだ最後を迎えては居ないが)、
私の退院時生体数値明細を元に「達成万歳」を叫ぶか、
それとも達成せぬ場合には、医師も看護師も低評価で、
あわやリストラ...なんてことになるのだろうか?。

いずれにせよ、世知辛い世の中、
毎日寝そべってて正解かも...???



意外にも、時間に制約がない生活をしていると、
相当にややこしくて、めんどくさい音楽も、すんなりと
心地よく体に浸透するものだ。

そうしたわけで久々登場のZAPPA&MOTHERS OF INVENTIONである。
ザッパ家の未亡人は、名演と誉高い73年ROXYでのLIVE3日間の完全版
音源&映像を出す出すと言い続けて早10数年.....。
久々に聞こえてきた新情報は「資金不足...?」。

そういうわけで、またしても小出しとなるROXY関連CDを、
なんと「販売ライセンス」込みで「販売」という、旦那同様の
「めんどくささ」。自由に焼き増ししてOKだが、
そうして売った分はきっちり、1枚につき$10.00払えよ!って言う条件....。
なんだかね....でも音源の素晴らしさは間違いなし。
この時代のZAPPAの音は、私には全く難解ではなくて、
他に類を見ないほど、完璧なPOPSであるのだが....。


Roxy By ProxyRoxy By Proxy
(2014/03/25)
Frank Zappa / The Mothers Of Invention

商品詳細を見る


Roxy & ElsewhereRoxy & Elsewhere
(2012/08/23)
Frank Zappa

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

天安 says...""
担当医が決意表明しますか。
おもしろい世の中になったものです。驚きました。
ピプコさんの病院ルポ、新しい情報が満載で読ませます(なんてったらちょっと失礼ですけど)。
決意表明までされるお医者さんのようなので、
ここは神妙に、先生の「教え」に従われたほうがいいのかもしれませんね。
マイペースでがんばってください。
2014.05.23 19:46 | URL | #1wIl0x2Y [edit]
pipco1980 says..."天安さん こんばんは"
こんな時間ですけど、そろそろ消灯、就寝なんです。

アメリカの病院は、はなから「サービス業」と割り切ってるようで、
そういった風潮が、日本の田舎の病院にも到来したって所でしょうか。

何でもかんでもアメリカの真似をしたところで、さしてメリットもないぞ!
って分かりきってるのに、とりあえず企業経営のノウハウだけは
アメリカ式がグッドチョイスなようです。
国民の半分も満足に病院にも掛かれない国のどこが
「最も裕福な国」なんでしょうかねえ?
2014.05.23 20:30 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."幹事会でした"
高校の学年会長なんてやってるもんで、、、(汗

今年は
全国同窓会を滋賀(琵琶湖のほとり)でやることになり
関西地区の実行委員から「ヘルプ」!!の連絡
人集め後方支援会議でした

しかし最近
寄ると触ると薬と病院の話で盛り上がります(笑
でも、逝ってしまった級友の話には 私ついていけません・・・(ルイルイ
あの活気溢れた400名を越える同級生でも  いつしか
そんな話が飛び交う歳になった訳で・・・辛いです

 息をしているうちに
取り繕うことが出来るなら、それは是非そうして欲しい
薬でも何でも試して欲しい
医者や看護師の宣誓も 笑って(心で)受け入れましょう
そう思います
収監を引き算にするか足し算にするか
気持ち次第ですよね

絶対に「復活する」って言ってください!
いつか ギターを聴かせてください!!
病室にエアギターはだめなんですか 気がまぎれるはずです
その日のために触っておけるといいのになぁ・・・・と勝手に、、、(笑

今日は29度でした(汗
おいしい朝食に ありつけますように!!!(笑




2014.05.23 23:21 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
高校学年同窓会ですか!?
私は結果的に故郷に不義理しどおしの人間ですから
同窓会通知など小学校時以外、来た試しがありませんよ。
毎年賑やかに催うしてるとは、去年初めて噂に聞きましたし..!。
ですから、ある意味うらやましい限りです。

確かに我々の時代は、団塊さんほどではありませんが、
子どもの数は多かったですね。
稀に「中学の同窓生」と称する人が突然眼前に現れても、
どうしても思い出せず、失礼したりしてます。
女性は忘れないんですけどね....。

まだ何の処方もされてませんが、その計画書によると
思っていたよりも、意外に早く退院できるようです。
この生活もまんざらでもないんですけど。









2014.05.24 11:12 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/361-f3d0ca2e
該当の記事は見つかりませんでした。