ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ぼちぼち生きてる入院編 興奮の一夜

DSC01331.jpg
徐々に雑然と...グダグダになりつつある我が病室...。



入院中に皆が皆困ることといえば、
同室患者さんの「いびき」に悩まされ、
安眠を妨害されるところではないだろうか。

まあ、結論的には、これはもう仕方がないと思ってあきらめるしかない。
どうせ今眠れなくても、日中、いくらで眠れるのだから、
大きな気持ちで赦し合うしかないのだ。

しかしだ、いびき、歯ぎしり、そして何より「マイペースすぎる人」には
少々苛立ちを通り越して、ブチキレそうになる時もある。
まだかろうじて抑えているが。

夜、そのオジサンは一番先に眠る。
概ね7時、既に大いびきをかき始めている。

やがて9時の消灯。
規則的ないびきというのは、案外馴れるもので、
だんだん気にならなくなるのだが、
今度は突発的な奇声も含む、不規則いびきになり始めると、
またこちとら、苛つき始める。

しかし人間の順応性というのは素晴らしいもので、
これすらもやがては克服し順応してしまうのだが、
明け方になると、今度は耳慣れない、
なにかドイツの工業系ノイズ・ミューックバンド
アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン....
そんな、グラインダーでバシバシ火花を飛ばしてるような
なんとも奇怪なサウンドで三たび目が覚める。

「歯ぎしり」というやつのこれまた随分と激しいやつ。
あるいは、「歯ぎしり鳥」という九官鳥の親戚みたいな鳥が、
今まさに発情期を迎えたかのような連続的なサウンド。

やれやれ、もうどうにでもなれ....と、もはや疲れ果てていると、
何しろ早寝の大将だから、まだ起床時間前の4時半だというのに起き出して、
毎朝恒例、トイレでドデカイ屁を一発こいた後、洗面所の水道を全開にしつつ、
オッサンは何を思ったか鼻歌を歌いつつ
(なぜだか恋するフォーチュンクッキー?見えてないが振り付きかもしれない...)、
つい数分前まで大活躍の「歯」を磨きながら室内をウロウロ。
こちとら出しっ放しの水道の音がやけに気になるのだが、
オッサンおかまいなし。

さらにやっと水道の音が止まったと思ったら、
お次は電気カミソリ...ジージジジジ。

うーん、ここまでマイペースだとね、
なんだか妙に感心したりもしてね。

このオッサンはこうやって、周囲のことなど一切、何にも気にせず、
殿様のように何十年も生きてきたんだろうなあ、
ある意味うらやましいなあ...なんてね。

とにかく、もう少しの間、この「興奮の一夜」に付き合わざるを得ないようだ。

やれやれ。



ギターを弾く動機は、当然、
「ロックスターと同じように弾いて歌いたいから..」
に、ほかならないのだが、ある程度他人に聴かせられるだけの力量になると、
ちょっと違った「ツール」として活用したくなるのも人情で、
やっぱりそれは「モテたいから」「意中の女性を惹き付けたいから」に相違なく、
ここはあえて積み上げてきた「技」を行使する...ということも長い人生、時にはある。
長いといっても所詮青春のある一定期間に過ぎないけれど...。

中学生の時、初めてEL&Pの「展覧会の絵」というアルバムを聴いた。
その中のThe Sage/賢人っていうのに激しく魅かれたんだが、
なにしろ難しそうで、どこから手を付けていいのか皆目分からない

やがて高校に入って、同じバンドの、よりによってサックス奏者が
これを見事に弾いてるではないか!。
私はバンドのギタリストであるプライドなどかなぐり捨て、
サックス奏者に必死に懇願し、伝授してもらうことになった。
ちなみにそのサックス奏者も、「これは口説きツールに使えそうだな」と確信し、
別のギター弾きの友人から教わったのだそうだ。

ちなみにこのツールがどれほどの成果を上げたかは、
もはや記憶の外ということにしてもらおう(笑)。


展覧会の絵(紙ジャケット仕様)展覧会の絵(紙ジャケット仕様)
(2002/11/21)
エマーソン・レイク&パーマー

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

5 Comments

amamian3 says..."さながら"
牢名主さま、、ですね

おはようございます
はげしい雷鳴と共に 雨がどっさり降っています
ワンコの散歩はおあずけです

昨夜は長男の長男(小2)が救急車で搬送され
ふためきましたが、B型インフルだそうで
2時には帰宅しました
子は熱を出すものです
それでも気をつけないと、その熱が怖い
朝からまた 様子を見に行きます

同室の名主さん
どうぞ気になさらぬよう
「ある種の動物」だと思ってください
部屋を替わるのも 手 かもです

では
2014.06.03 07:36 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようごぜいやす"
牢名主でござんす。畳を嵩ねて座しておりやす...。

amamian5たる(?)ご嫡男のご容態はいかがでありましょうか...。
タミフルはよく効くらしいですが、いかんせん死の商人ラムズフェルドの
会社の製品ですから、私は「ご免被る」と医者に言ったら、医師曰く
「3日で完治するのが6日掛かりますぞ!」でしたが
「それで結構!」....ちなみに東京の家はマンション12階なので....。

マイペースなオッサンは、夜は「怪獣」ですが、普段はとても
善い人なんです。さっきもエアコンが利きすぎて寒いという
同室者の意見で設定温度を上げますと、オッサンは憮然として
勝手にまた設定温度を下げてやがりましたよ...。




2014.06.03 10:38 | URL | #- [edit]
天安 says..."心の発条"
こういう輩はどこにでもいらっしゃるんですね。
和をもって尊しとなす、が日本人の基本的なバックボーンだったはずですが、
いつのまにかこういう部分がなくなっていくようにも思えます。
この「ある種の動物」を説得することは至難の業なので、
諦めるか部屋を替えるか、でしょうね;;;
何事にも動じない心の発条を養う絶好の機会ととらえ、
ココロを養ってくだされ。

2014.06.04 09:52 | URL | #1wIl0x2Y [edit]
pipco1980 says..."天安さん こんにちは"
和をもって尊し....は、その騒音に耐え続けながら、
明日以降の人間関係を、ギクシャクしたモノにしたくない
という一心から、じっと耐え忍ぶの図。
それに他ならないです。

外国の人は、こんなときどう反応するんでしょうかね?
ちょっと興味あります。
2014.06.04 13:14 | URL | #- [edit]
天安 says...""
ケースバイケースなんで、一概にこうだとは言えませんが、
韓国の場合は、必ず誰かが「注意」のことばを言いますね。
おとなしく聞き入れる場合もあるでしょうけど、
だいたいは反発が返ってくるはずです。
でも、注意したほうも負けていません。他の人も加勢するハズです。
こういうシチュエーションではおそらく韓国のほうがずっと「やりやすい」ものと考えられます。ブアーッと「言うべき事は言う」という文化が昔から成立していると見ています。この面では日本人としていつもうらやましいなって気持ちが強いです。でもあくまでもケースバイケースです^^。
2014.06.04 16:08 | URL | #1wIl0x2Y [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/366-7d95a562
該当の記事は見つかりませんでした。