ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

時は過ぎ去りて...

DSC01542.jpg
何とか間に合った今年のガクアジサイ。
この時期、必ず訪れる場所。
まだ若くて清廉で、ひたすら鮮やかなティファニーブルーの
この花と季節が好きだ
(7月も過ぎると、なんだか色も濁り、ちょっとグロテスクな感じになる…ロリコンか!)。

東京に住んでる頃(まあ人生の大半だが…)は、
驚くべきことに、この花の存在はもちろんのこと、
野の花のことなど考えたことすらなかったように思う。

恐らく路傍にはたくさんの花が咲き乱れていたのだろうとは思うが、
一切、私の視界に入ることはなかったから、
相当に余裕のない、ツマラナイ生き方をして来たのだろうな…と悔やまれるのだ。

家人が毎週のように玄関やダイニングの花瓶の花を変えながら、
「ねえねえ、見てよ、キレイでしょ」と云っても、
「はいはい、キレイキレイ…でも花じゃオナカ一杯にならないしな…」
と、ナマ返事をしていた自分が、今はとても情けなくて恥ずかしくて、
最近電話で家人に「イママデイロイロゴメン」と詫びたのだが、
当人は何のことだかわかってないようで、まあそれはそれで良い。

子供の頃の「遊び場=庭」である秋田市の「千秋公園」。
その最も奥の裏道に何故か群生するこの花とこの場所を、
今はとても愛おしく感じている。

ここはウラ寂しい遊歩道に過ぎないが、
私にとってこの時期だけは他の場所とは違う、
なにか神々しささえ感じてしまうカケガエのない特別な場所となっていた。

公園敷地内のわりにはベンチもないので、
無造作すぎる群生花園のそのタダナカに、
ドッコイショとしゃがみ込み、実家から大して離れてないのに、
また今年もココに来れたことを感謝しつつ、
来年こそは、もうココに来ないようにせねばなあ…と、
ネジくれた感慨に浸るのだった。



小学6年生の後半あたりから洋楽ポップスに興味を持ち、
以来、世紀を超え幾星霜…ずっと変らず、
少々頑固なまでに洋楽愛好を続けているから、
中学生の頃など、クラスの仲間達が国内のポップスアイドルに熱中する中、
私は殆どその方向には興味も持たず、入れ込まず…
ただひたすらビートルズだレドゼペリンだキングクリムゾンだ
ニールヤングだクラプトンだザッパだと、
汗臭いオッサンアイドルにウツツを抜かし続け、
哀しいことに今日に至るも、あんまり変ってなかったりする。

そんな私だけれど、70年代後半のある時期、
やや唐突に「ヴァレリー・カーター」という女性シンガーに夢中になった。
自分でも驚くほど憧れ、身悶える(?)…。

東京蒲田の商店街の普通な街のレコード屋のオヤジさんと交渉して得た
彼女の宣材ポスターも、四畳半の自室押入の薄汚れた襖に張り込んだ。

良くない噂も聞いた。「魔性の女」と云われ、
ジャクソンブラウンもリトルフィートの連中も、
みんな手玉に取られたらしい。

朝、目覚めたらフッと居なくなってしまう…腕の中に居るようで、
いつも心ココにあらずな、そんな不安定な女…。
そして時代は一気に飛び、90年代…
私はジェームステイラーのコンサート会場=中野サンプラザホールに居た。
やや鼻にかかったような、何となく聞き覚えのある声の、
なんとも恰幅の良い白人のオバさんがコーラスを付けていたのだが、
何となくずっと「誰だっけ??」と、気になり続けていた。

そして終盤、ジェームステイラーは、お約束の「君の友達」を
親友である彼女とデュエットすると云って彼女を紹介した。

「ヴァレリーカーター!」。

ホントに驚いた…だって…そんな…恰幅が…
過ぎ去った年月はもう戻らない...。

というわけで、ローラニーロで有名ながら、彼女の代表曲でもある「Ooh Child」を。


Just a Stone's Throw AwayJust a Stone's Throw Away
(1994/01/25)
Valerie Carter

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

amamian3 says..."確か"
アジサイは 日本が原産
最初の学生時代をすごした長崎でも
坂のあちこちに 咲いていました
シーボルトが持ち帰ったとか、、オタクサと言ってたとか・・・
都市計画の先生の校外授業は 後の反省会がそのままコンパになり
楽しかった思い出がたくさんありますよ
アジサイは ほのかな恋の思い出でもあります(爆

当時 ディスコはまだなく ゴーゴーホールって・・(笑 曲は
ストップ・ザ・ミュージックやオブラディ・オブラダだったかな?
最近 DVDで見て感じるのですが
かっての大歌手が そりゃあ、声質は思うに任せなくとも
やっぱり 大歌手に違いなくって しかも
ファンを納得させるエンターテーメントを持続している事に
驚きと 尊敬を 今更ながら覚えるのです
ヴァレリーは知らなかったけど 魅力的ですねぇ・・・
そんな素敵なショーを見れた幸運は
それは 貴方の宝物です!!
2014.06.22 21:17 | URL | #wZiQHpeI [edit]
ぽん says...""
紫陽花、大好きです。

額紫陽花も年々好きになり、今では、額紫陽花のほうが好きかも。

ブログにアップされた写真を見ると、あ、pipco1980さん、元気なんだと思います。

よしよし・・・ってね(笑)

2014.06.22 21:35 | URL | #6LV7VrnU [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんばんは"
うまく言えないんですけど、
amamian3さんは、貴重でたくさんの御体験と
現在とを、本当にうまく繋げていらっしゃるなあと
いつも感心し、また羨ましく思っておりますよ。

一つ一つの出会いや体験、そして年月を、
上手に積み重ね、さらに自然と調和しながら
生きてらっしゃる...
素晴らしいことだと思います。


2014.06.23 00:55 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ぽんさん 毎度だす!"
いやいや今回は、ぽんさんブログで随分考えさせられましたよ。
大事なモノ(コト)ってなんだろうって...。

ぽんさんの場合は、壊れた想い出の品よりも、
ぽんさんの気持ちを慮って、プレゼントしてくれた
ご友人や、見守ってくれる方(々)なんだろうなあと...。

というわけで、思わずセンチメンタルのスイッチが
ONになってしまったわけでしたよ。

ああ、元気ですよ。
相変わらず坂では息を切らせてますけど、
それが以前のように苦しいものではなくて、
心地良さに変ってますから、やっぱ元気なんでしょうね。

2014.06.23 01:09 | URL | #- [edit]
taka says..."いい青ですね"
Takaです。

ガクアジサイの撮影場所は、千秋公園ですよね。

いい青ですね。

こんなふうに撮りたいもんだな。

🎶
レンズが違う、カメラが違う
陽が違う、腕が違う♫   
    山口百恵 イミテイション・ゴールド調で。
2014.06.23 09:47 | URL | #XtpRPBkU [edit]
pipco1980 says..."takaさん おはようございます"
ココはご存知と思いますが、北向きの土手っ腹、
一日ほぼ陽が当たらないので、本来撮影には適さないんですが、
このブルーだけは日陰が幸いする「色合い」なんですよね。

まあ若干、"Photoshop"の補正力も借りてるんですがね....。
レンズだってお散歩用のチープなパンケーキ。
それでも目一杯「寄れば」いい味出しますよ!
2014.06.23 10:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/377-cc88ddea
該当の記事は見つかりませんでした。