ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

黄昏のキラメキーMake Love Companyの復活!

6505050-1.jpg

彼らは皆それぞれに、長い長いドラマの主人公として人生を演じて来た。

今は孫と遊ぶ幸せなおじいちゃんだったり、
厄介な病気と闘っていたり、
残念ながら既にこの世から姿を消された方も少なからずいる…。

しかしまだ人生の序章たる青春真只中なその時期に、
彼等はこの秋田の地で、それぞれのブルースバンドで活動し、
大喝采を浴びていたのだ。

私は、彼らより少し下の世代にあたるけれど、
そんな超イカシタ、大学生や社会人のアンチャン達によるブルーズバンドを、
憧れの眼差しで追い掛けていたギターキッズ(高校生〜予備校生)の一人として、
またその時代の目撃証人として、今宵は「その場」に立ち合うべきだろう…
そう思った。

『Make Love Company』…
秋田市でまさに一時代を築いた伝説のブルースバンド。
実質活動期間は2年に満たなかったらしいが、
私の印象では、あっという間に秋田のバンド界の頂点に登り詰め、
ギターの三ツ井さんはじめ、メンバーの方々は
地元バンドキッズ達の羨望の的となった。

高校の教室で、ストーンズやマイルスやザッパを語るのと同じレベルで
「メイク・ラブのAin't Nobody Buisinessは無茶苦茶カッコいいぜ!」
「三ツ井氏のあの赤い335がシブすぎるぜ」
「オサムチャンさんが秋田で一番ロイクーな唄い手だぜ!」
そんな風に語られていたのだ。

そのメイクラブカンパニーがこの夏、約40年ぶり(?)に復活する!。
そして昨夜がその初回。

県外在住者等々の都合で、ホーンセクションを含むフルバンドスタイルでは、
8月17日に川反「ベアフット」で行なうらしいが、
昨夜はその「プレ版」、「(仮)」といったところ。

それにしても百戦錬磨のバンドのソコヂカラは凄まじく、
そこらのオヤジバンド達とは異次元の、
恐ろしいほどの存在感とオーラを発しながら、
昔も確かに感じた、ユルい空気を醸し出しつつも、
時折、ピリッとした「緊張感」が、瞬間瞬間に走るその様を、
はっきりと目撃できた。
この方々独特の間合い…いや凄かった…。

最後は70年代論議や、当時の地元ミュージシャン達の消息など、
個人的には久しぶりのアルコール摂取!?も含めて、
実に楽しい時間を過ごさせていただいた。

高年齢な参加者を意識してか、カロリーオフ&糖質0ビールが
用意されていたのも有り難く、
楢山登町の「J's Cafe」オーナー「ジュンペイさん」のご配慮にも大感謝でした。
ジュンペイさんは元「安全バンド」のドラマーでいらした方、
お話も面白かったです。

というわけで、今日は安全バンドの名曲「13階の女」を…
と思い、捜したんだけれど、残念ながらオリジナル音源は見つからず、
ROLLYのカバーヴァージョン…しかもジュンペイさんが思いっきり御出演のヤツを
感謝とリスぺクトを込めて。

 にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

6 Comments

コバヤシ says..."ありがとうございました!!"
あのオヤジ達は、いくら追いかけても追いつけない。きっと、一生追いつけないんだろうな・・・と、思い知らされた夜でした(笑)あの後、ギター担いで家まで45分かけて歩いて帰りました。また一緒に楽しみましょう!!
2014.07.01 00:25 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."よっちゃん お疲れっす"
確かにあの方々の、ツボにハマった時のオーラはモノ凄かったですね。
昔とちっとも変わらぬ、あの余分な力の抜けた独特なグルーヴ感は
なんなのだろう...。いやはや自分でも一種異様な感動に驚いてます。

あの辺りはどうも微妙な距離感のエリアだよねえ。
新宿から東中野...歩いちゃおうぜ!みたいな...わかりにくいかな?



2014.07.01 01:19 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."なんとまあ!!"
すごい集まり!!
ローリーさん 相変わらず上手いですねぇ~・・・・・・
感性とテクニックを兼ね備えている方は
こんなに音楽を楽しめるんですね

戻り梅雨の土砂降り、雷鳴轟く中での釣りのご案内 終了です!
釣果がぱっとせず 精神的に疲れましたよ(笑

ところで
「稲葉喜美子」ってご存じないですか?
横浜辺りの歌手だった記憶がありますが
たまたま見に行ったコンサートで「私結婚します」って・・・
いい歌手だと思ってたんですがねぇ・・・

たまっていた仕事をこなします
では
2014.07.01 07:46 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
お仕事ご苦労様でした。

「稲葉喜美子」さん...残念ながら存じあげないです。
時代的にはクロスしてるみたいですが、活動域が
違っていたのかなあ??と思います。

世界規模での憧れのアーティスト...と、地元規模の
憧れのアーティストという垣根が、当時も今も、私には曖昧で、
そういう意味でも、かなりナチュラル・ハイな夜となりました。



2014.07.01 11:41 | URL | #- [edit]
Mitsui says..."楽しかったね!"
Things A'int What They Useed To Be
By Duke Ellington (邦題 昔は良かったね!)

マッツが赤目のベース弾いたとか
メイクラブ聴いてすぐ東京にとか…
楽しかった。
ありがとうまたね!
2014.07.01 19:35 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Mitsuiさん 楽しかったっす"
いやはやお疲れでしたあ。

やっぱ御大は凄いです!
それでもって同時代のお仲間方も、
力の抜け方が実にいい具合で、やっぱり凄かったです。

ヨッチャンが、俺たちゃまだまだだなあ!って云ってましたが、
この年になってそれが云えるヨッチャンもまた凄いな...って
思いましたよ。アイツらのこと、あらためてよろしくです....。
2014.07.01 21:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/381-aa026a6a
該当の記事は見つかりませんでした。