ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

自転車にのって...

DSC02412.jpg
先日、嵐が来る前にと思い向かったのが、
以前から見物したいと思っていた秋田市・高清水公園の一角にある
「伽羅橋(香炉木橋)」。

子供の頃から親しんだ藤田嗣治の巨大壁画?「秋田の行事」の、
ほぼ中央に描かれている「謎の橋」。
しばらくはどこにあるのかさえも知らなかったが、
さすが便利なりネット社会!というわけだ。

ところが、高清水方面に向かうには、私の古い記憶では
「旧国道」の坂を延々と自転車で登らねばならない。
それがどうにも手枷足枷となって、訪れるのをためらっていたのだが、
ここ数年では今が一番体調が良いし、一つ良い汗をかいてみるか!と、
勇んで向かったのだった。

ところがいざ向かってみると、記憶とはかくも曖昧なものか?
意外なほど坂はきつくなくて、

「♫ヤレソレヤレソレ、ナンダ坂コンナ坂…」

とブツブツ言いながらも、思ったほど心拍数も上がらず、
わりとすんなりと現場に到着。

さてさて、北前船の時代、悪辣な大坂商人に、
ヒトの好い秋田人はまんまと騙されて、
この橋の架け替え工事をモチカケられ、
超高級香木「伽羅」の橋材を、
まるごと奪い取られたというイワクツキの橋。

現在は残念ながら、その麗しい名に反した無骨な石の橋だ。

私はその前に立ち、悠久の時と風を感じながら(?)、
さてお約束のファインダーをオモムロに手向ける…のだが、
どうもエヅラが決まらない。

事前に閲覧していたGoogleのストリートビューのサマツな画像と、
どうやっても大して変りがないのだ…。
色々な角度を試してみるが、どうしても「これだ!」
という構図が決まらないまま、既に100枚近く撮っている…。

最後の手段は、わき水の水源近くからの遠景描写、
すなわちパノラマチックな構図を思い付くのだが、
水源はすぐに土手にぶつかってるし、下流側も急勾配になっていて、
パノラマも地形的に無理….。

仕方がないので、まあこれも一応これまで観たことがない
「箱庭的風情」ということで撮ってみた構図。
まあ苦し紛れ…そういうところですな。

さあ帰りはお楽しみの「人生下り坂、最高!(by火野正平)」ザンマイ!。

ところが、下ってみると楽しい時間はあまりにも呆気ない…
過ぎてみれば苦しさばかり…それが人生…ウゥ…ツライッ!。

さらに2日も経つとカラダのアチコチが筋肉痛で一斉に悲鳴を上げる!
ギャアアァァァ…。

というわけで、今日はミカバンドの「サイクリングブギ」にしようかなあ…
なんて思ったのだが、この歌のような軽やかさなど、
とてもじゃあないが、今の自分の伽羅...いやいやキャラではない。

というわけで、高田渡さんの「自転車にのって」…。
むしろこっちが風情としては今の自分にピッタリだなあ.....なんてね!

この方、黄色い電車の総武線でよくおミカケしましたよ。
吉祥寺辺りで。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

4 Comments

amamian3 says..."わたるさん"
不思議な方ですねぇ・・・
山平さんの復刻版も出ませんかねぇ・・・

写真ですが
こりゃ 構図を考えるのは大変そうです
そんな謂れのある橋なら もっと美的な保存をしておいてほしいです
それにしても 筋肉痛 その後いかがですか
踏ん張ったら>>筋肉痛・・・って
ますます普通に元気ですよ!!
2014.07.11 05:16 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
>そんな謂れのある橋なら もっと美的な保存をしておいてほしいです

驚くべきは、旧街道から路地に入るんですが、
なんの表示も案内板もありませんし、
現場も一切の保全・補修の形跡も見られず荒れ放題。

この辺りは古代王朝の古墳や、大和朝廷による侵略の刻印が
生々しい土地なんですが、まあそれだけに荒れ放題....??という
感じでもありますかね。(やばいかな?)

筋肉痛は何だか情けなくて、3歩進んで2歩下がるみたいな
そんなナサケナイ、典型的なオヤジ体質ですかね。

2014.07.11 07:04 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."渡さん"
おはようございます。
チャリ健康的ですね。
台風6時頃というので我がマンション
傾斜地で普通でも風強い。
一番下の階の最奥が我が家(母宅)で何
かあったらと仕事の時と同様の時間起
床たら肩すかしでした。
故高田渡さんとは珍しい選曲。
私もよく武蔵野タンポポ団のメンバー
なんかといらっしゃる所何度か見ました。
ライブ中に居眠り伝説ですね。
2014.07.11 07:52 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん おはようございます"
東京にいる家内からもさっき連絡ありましたが、
思ってたより大した事なかったようで、まあよかったですね!
こちらなんか「これから!」な筈なのに、なんだか穏やかに
なって、お日様なんてさし始めましたよ。

高田渡さん....今の耳で聴いても、全然古くなくて、
それどころか、とっても瑞々しくて良いですよね!

(「鯉のぼり」の節で)
「♫ギャラより高い交通費..」が懐かしいです!。
2014.07.11 09:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/387-6d48cd58
該当の記事は見つかりませんでした。