ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

憧れのブルーベリーヒル(?)

DSC03539.jpg
秋田市民にはお馴染みの、市街地ど真ん中にある丘と土手…。
お堀の対岸の、非常に美しいロケーションなのだが、
丘にも土手にも入路はなく、市民の進入(侵入)を頑に拒んだままになっている。

私有地であるのかもしれない。
幕政時代のお殿様の所領として、今は同地を離れて久しい
その子孫一族の所有地とも聞く(御令嬢が東京高円寺で飲み屋を営んでいるが…それは余談)。

しかしこの一帯は明治の時代に秋田市に移管され公園として整備されているから、
所有権は所有権としても、「公園」すなわちパブリックな地域でなくてはならぬと思うが、
いずれにしても不可解極まりない、未だナンピトタリトモ入るべからずの
手つかずのサンクチュアリであるのだ。

もちろん「悪ガキの機動力」は侮れず、
当然の如く、小学生時代の我々は丘も土手も制覇(?)していたばかりか、
丘の頂上には「秘密基地」まで設え、夏休み中はここを陣取り、
カブトムシやヒグラシ、お堀では雑魚釣りやゲンゴロウ捕り、
なぜか後半はミドリガメ捕獲などに邁進する前線基地であり、
捕虫網やら釣り竿、かいぼり(掻い掘り?)道具などの隠し場所(?)
として使っていた上に、冬は「竹スキー専用ゲレンデ!」としても重宝した。

丘にはヤマブドウや、アケビの木が自生していて、
おやつにも事欠かない、小さな「桃源郷」であったようにも思う。

やがて土手のワキにあるまだ平屋だった私学高校が、
決して品位が高いとは云い難いビルディング形式な校舎に建て替わり、
小学生ながら「何と無様な景観に貶められた!」と思ったのと同時に、
嘆かわしくも、丘や土手へのアクセスは完全に封鎖されてしまった。

以来40数年、未だにここは市民の侵入を拒み続ける
「公園のフロント」であり続けるのだ。

あまり大きな声では云えないのだが、
昔、明らかな「市道」に突然家が建った…。
もともとが近所の裏道で、その周辺の有力者(日本国籍を有してはいない人物)が
ほぼ私用でそこに物を置き、通行出来ない状態にした上で、
やがては小屋を作るなどしながら、最後はアカラサマに家を建て、
そこで飲食店を始めた。

義憤を感じた我が家の父親が、市役所へ通報したが、
担当者は「明らかに違法だが、建ててしまったものはもう撤去出来ない」
などと黙認した為に、以後、父親は様々な嫌がらせに遭うことになる。
「旦那さん相手が悪いや!」と警察にまで嗜められたらしい。

やがて不法占拠一家は商売に失敗し、夜逃げしたらしいが、
どっこいその建物は未だにあるし、経営者は替わったが、飲食店は営業している…。

東京でもそうした話はよく聞く。
銀座や赤坂の土地は、大震災や大空襲で所有区分が不明確になって、
その混乱に乗じて日本国籍を有してない方々が先を争って縄を張って
「所有地」を主張。未だに一帯の殆どの土地は所有者不確定のまま
「借地権所有?」状態で、売買は出来ない…という話だ。

さて公園の一角の所有に「ケチ」を付けようと云うのではない。
当該の所有者サンも、おそらくは「借地権」の私学サンも、
ここは『市街地の、市民にはカケガエのない公園の一部』であるというのを
理解して欲しいのだ。
その上で、出来れば開放し、市もきちんと整地して欲しいが、
そうでなくても、ウッドデッキの桟橋を土手下の水辺に通し、
中土橋まで繋げるか、美術館跡の何らかの施設へと繋ぐのか…
などとする方策も色々考えられる…。

まあ、どこの政治家さんも、「あまり金の引っ張れない」、
あるいは「名前の残らない事業」には、一向に興味は示してはくれないようで、
それはなにもここの土地だけのお話しではないようだ。



こんなときに、公園、コーエン…と考えて、この曲しか捻り出せない
己のアホさ加減に呆れてしまうのだが、
実際ほかに浮かばないのだから仕方がない!。

この曲を初めて聞いたとき、
「ああ、シカゴも何だかユルくなって、終わっちゃったかな…」ってそう思った。
実際この曲が入ったアルバム「Chicago V」以後のアルバムを未だに聴いた事がないが、
何故だかこの曲は大好きだったりする…。

Saturday In The Park…ううう…ベタすぎて恥ずかし。


Chicago 5Chicago 5
(2002/12/10)
Chicago

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

2 Comments

amamian3 says..."この手のお話"
よく聞きますね
ごね得を許す風潮 諸悪の根源です

いずれ市のほうで改善されることを願います

調子はいかがですか
熱い暑い日が続いています
一日家にいることなどとても出来ない と
山の木陰に逃げ込むんですが
帰ってからがいけない
癒え自体が 煮えているのです

ご自愛ください

2014.07.26 06:04 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
まあ35年間、故郷を留守にしてたんですが、
利権絡みに関しては相変わらず進展なし....。
無駄に「自動車の道」だけは立派になってますけどね。

ちょっとお祭りなどが立て込んでしまって、さすがに
疲れちゃったみたいで、ちょっとダウン気味でしたが
それも復調してきています。

北の最果てですが、夏は忙しいんです(笑)!
そのかわり、冬は閉じまざるを得ませんが....。

2014.07.26 08:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/395-04ba3ac6
該当の記事は見つかりませんでした。