ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓮華と南瓜とキースジャレット

DSC03.jpg

お天気もまあまあ良いので、お堀の蓮華でも撮りに行くかいな!
と、早起きをして出掛けたまでは良いのだが、
どうしても良さげな構図というのか、
気に入ったアングルが見つけられず、
その難しさに、未熟なオマエサンにはまだまだ無理!?
修行してまた出直しておいで!!と、お堀の龍神様に云われてるような気がして
「はいはい分かりましたよ、失礼こきました」と尻尾を巻きつつ、
やっと開店時間となった、お向かいの総合ミュージアム?
『アトリオン』にお手洗いを借りに行くと、
あれあれ?ここにも巨大な蓮華が!。

しかもその向こうには妙にプラスティッキーに
テカテカした光沢も麗しい巨大ドット柄カボチャが!!
なんだか見たことあるぞこのパンプキン!。

と、いうわけで本物の蓮華撮影には失敗したけれど、
コッチでどうだ!?
「時計仕掛けの蓮華とプラスティッキーな南瓜の意外な狂宴…」
なんちゃって。


ジャズのお話しの捕足を少し...。

モダンジャズって音楽には、さほど曲の良さによる感動とか共感、
ロック的なエネルギーやらクリエーティブさってのは求めないわけであって、
じゃあいろんなヒトがかつて云ったように

「もはや死んだサカナのような音楽…」
と言い切るのもちょっと違う気がする。

そこにあるのは人間国宝級の名人や巨匠と云われる方々の至芸、
もしくはそのぶつかりあい=共演という最高峰の勝負…
その結果の化学反応による至高の果実…それを味わう贅沢、
もしくは期待する至福。

そして大概の場合、味わうことになる苦い失望…。

異論あるかもしれないが、私はキースジャレットという
基本『即興ピアニスト』のソロ、
もしくはスタンダード・トリオ…夥しい枚数だが、
新作が出れば殆ど間違いなく買って聴いている。

しかしおそらく70%以上は「失望」。
それでも追い掛けるのは予想外の「化学反応」、
もしくはご当人の元に稀に現れる(ご降臨される?)神様のごとき「奇跡」…。
それを待っているからに相違ない。

思えばマイルスの時もそうだった。
「もう降りては来ないのだろうなあ」と分っていても期待する。
恐らく世界中のファンが同様に期待し、そして失望する。
これが現実なのだ…というリアルで醒めきった表情で、
聴き終えたCDをケースに戻し、棚に収納する。
おそらくそのCDケースを、もう2度と開くことはないだろう。

それが私にとってのキース・ジャレットであり、
モダンジャズであるのだ。

そんな中でも、このアルバムなんかはもう、最初っから最後まで
「音楽の神様」が降りて来て、隣で一緒に歌ってる….そんな気がする。
アルバム「The Melody At Night with You」からガーシュウィンの名曲
「I Love You Porgy」


The Melody At Night, With YouThe Melody At Night, With You
(1999/10/14)
Keith Jarrett

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

-6 Comments

amamian3 says..."これはまた"
何でも飲み込む花かと!!
人の考え付かない構図やデザインを
こともなげにやる人の「脳内」を見るようですよ

いい音ですねぇ・・・・
ワンコと一汗かいて座りなおして・・・
ん、、やっぱ いいですわ!!

発生した台風のおかげ様で 風があり
空を雲がはしっています
湿気はタマリマセン
ですが 私にとってはいい環境
今日は出かけずに
音つくりしたい・・なんて思ってますよ
2014.07.30 06:37 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん おはようございます"
スポーツ中に、いわゆる脳内エンドルフィンが分泌されて
ハイになる=神経が研ぎすまされて疲れない....という経験は
生まれてこの方、2度しかないんですが、
スポーツ中(私の場合サッカーの試合中)ほどではないにせよ、
スタジオ、ステージ上、あるいは夜中の作業中などに軽く
「降りて来てる...」って実感を持つことがシバシバありますね。
まあ、そもそもの才能がないので、だからといって素晴らしいものが
生まれて来るわけではないのが、哀しい限りなんですけど....。

このアルバムは、神経症を患い、その療養生活からやっと復帰するぞ....
というときのキース氏の自宅録音のようです....。
不思議なパワーを感じる特別なCDですね。

amamian3さんの創作の刺激になっていただければ幸いです。
2014.07.30 07:29 | URL | #- [edit]
taka says..."からくり時計"
もうずいぶん前からあの状態ですね。
直して欲しいな。
2014.07.31 18:24 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."takaさん こんばんわ"
....ずっと3時みたいですね...。

普段、ここに所用ある時は、大体裏口…というか
仲小路側から入るので、こんな巨大蓮形時計の存在には
全然気が付いてませんでしたよ。

出身小学校がこの近くだったもので、校歌の歌い出しの
「風もハチスの香に薫る ミホリのホトリ学び舎ゆ…」
っていう一節が当時からとっても好きでしたね。
ただし歌のわりには、我々の時代はこれほどまで華が密集しては
いなかったように思われますがね…。
2014.07.31 20:42 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
今晩はうちの前の道路には〇〇商店街の
アケードに時計があり、店が次々閉店し
てずっと10時55分だか11時55分
さしたままでした。
店も数件それもコンビニや歯医者の類に
なっていつの間にかアーケード消滅。
JAZZは仕事引退して知ったかぶって
ブルーノートの作品やコルトレーンでも
聞いてみようと思ってます。
今聞いてるのはラモーンズです(笑)
今月もよろしくお願いします。
2014.08.01 18:12 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん毎度どうもです"
A型なもので、どうも時計とか本来動いてなんぼのものが
動いてないというのは確かに気持ちが悪いわけで、
ちょっとだけイラッ...って感じですかね。

ジャズだからどうした!?ってことではなくて、普通に
ストーンズ聴いた後に、じゃあ次...上原ひろみちゃん聴くべ!
って感じですよ。

ちなみ彼女は最も影響を受けたアーティストが
キングクリムゾンとフランクザッパ...ですって!。
俄然聴きたくなるでしょう!?
2014.08.01 19:23 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/397-61c3e3b8
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。