ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

陽の当たらない坂道

DSC03864.jpg

「○○と煙は高いとこが好き」というが、
まさに私はその○○か煙らしい。

20代後半に初めて購入したマンションが8階建ての3階。
ところが何故か上階に居住の方々に対し、
いい知れぬコンプレクスを抱かざるを得ない事件が多々あって、
その後は10階建ての9階、12階建ての12階(現在)…というように、
まさに煙か、おだてりゃ木に登るなんかの動物...的に、
移り住んで来た。

しかして今の歳になると
「断然低層階マンションがいいなあ…出来れば少し高台の1階…」

結局のところ、「○○と煙」な性質は、あんまり変ってないようだ。


もう一つ、チャリンコ散歩中、
ふいに気になる「坂道(山道)」に遭遇すると、
気候、体調顧みず、取り敢えず「登ってみたい衝動」についつい駆られる。

もちろん好き好んで汗をかきたいわけではないが、
この坂道の先には何があるんだろうか?

辛くてキツい坂道の行き着く先には、
必ずやその労をねぎらうにあまりある素晴らしい景観や幸運が
用意されているに違いない…。
そう思うと、見過すことが出来ないのだ。

仕事にしても、今は苦しいけれど、
この苦しみの先には必ずや幸福が待っているはず…
そう信じて生きて来た。

しかし今のところ…私の拙い人生の中で、
その可能性は極めて低く薄いということは、
既にイヤと云うほど知り抜いている。

知らない坂道をワクワクしながら登ったところで、
その先は往々にして行き止まりだったり、民家だったり、
深い深い神秘の森…のつもりが、突然「なんちゃらニュータウン」って
分譲住宅地が出現したりと、呆気ないほど肩すかしな事実は、
枚挙にイトマがない。

今日もそうしたわけで、地元国立大学の裏手周辺に
手頃そうで、魅惑的な登り坂を見つけてしまった。

結果は、もう見えているよなあ自分!。
どうせ徒労に終わるってば自分!。
悪いことは云わない、やめておけ自分…。

そんな自制の甲斐もなく、気が付けば炎天下、
エッチラオッチラ登り始めてしまってる。

途中で熱中症ほどではないが軽い目眩を感じながらも、
休み休み水分補給しながら登るのだが、
結果はやはりタダの行き止まり....。
だいぶ高くまで登ったわりには、開けた場所もなく景観ゼロ…。

ハッキリしているのは、これでまた数日間、
筋肉痛で苦しむ日々…。

もはや楽しみは「人生下り坂最高!」しかないが、
狭い道幅と、傾斜角がキツすぎて、
ほぼブレーキMAXでキーキー音を立てながらチョボチョボと下山…。

まあ、私の人生、えてしてこんなものなのであるなあ...。



坂道に限らず、歩いてる最中はBGMが必要になる。
かといって、私はあの「イヤーホン」というのがコソバユクてどうも苦手だから、
基本的にウォーキング中に音楽は聴かない。
何のことはない、自分の頭の中のiPodで勝手に音楽をガンガン鳴らせば済むことだ。

ヴォリュームはお好み通り、
曲のストックは音楽ファンを40年以上もやってるからもう無数…。

で、この山道を行くテーマミュージックは、
どうしたわけかブライアンフェリーのLet's Stick Together…。
軽快に歩を進ませるには丁度いいテンポとリズム。
もちろん頭の中のiPodだから
テンポもリフレインの回数も自由自在なんだがね…。


Let's Stick TogetherLet's Stick Together
(2000/03/15)
Bryan Ferry

商品詳細を見る


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

amamian3 says..."いいなあ~これ!!"
このリズムで
台風養生をしますよ!!

「丘の上の馬鹿」ってビートルズ唄ってましたよね
あの フガフガって感じが好きでペンネームにしてたほど(笑
ドンズマリ、ニュータウン、、結構じゃないですか
そこへ登らないと解らないことや見えないものに
ちゃんと出会っていらっしゃる
人生 捨てたもんじゃないっすよ!!
3泊4日のお客様 無事お帰り
いつもではないのですが 今回はドラマチックでした
最終日に いい思いが出来ましたからね

私も 丘を登って
ぼーっと・・・あ、あ、できません
台風に備えます!!
2014.08.06 09:23 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん こんにちは"
この時期は次から次からイロイロ大変ですねえ!
まあそれだけに、平穏な時の、この世とは思えない美しさが
際立つのでしょうねえ....。

まあ未知の丘といっても、そこは故郷なので、なんとなく
先の雰囲気は掴めてる...と思うのが大間違いで、なにしろ
40年近いブランクがありますから、様相は激変してるわけです。

子供の頃、重いスキーを担いで数時間掛けて登った
ゲレンデへの長い長い山道も、今は自動車で簡単に行けるどころか
高速道路がそのワキを掠めてたりしますから....。
ちょっとだけ「やな感じ!」でもあります。



2014.08.06 12:01 | URL | #- [edit]
たっつん says...""
坂道の先には、きっといいことが待ってますよ。

ご訪問いただきありがとうございました。
また、よろしければお立ち寄りくださいませ。
2014.08.06 13:50 | URL | #YHInhhNk [edit]
pipco1980 says..."たっつんさん こんにちは"
たっつんさんのところとはまるで違う
行き当たりばったりなダラシナイブログですが、
温かい目でお付き合いいただければ幸いです。
2014.08.06 16:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/400-17185df2
該当の記事は見つかりませんでした。