ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

August Rain....

DSC04171.jpg

竿燈祭り最終日も実質中止になるほどの激しい雨の中、
August Moonバンマスのよっちゃんに
「当然中止でしょ?」
とメールすると返って来たのが
「やるよ!」
「エッ?……」
バケツをヒックリ返したような土砂降りに、
多少…いやかなり気後れしつつも、
自宅から徒歩7分じゃ、シカトというわけにも行くまい…しゃあないなあ…
でも行って良かった仲小路。
August Rain…じゃないAugust Moonの白熱の雨中ライブ!でありました。



高校1年の夏休み、受験前からの計画だった「東京旅行」が実現した。
目的の第一は、いよいよエレキギターを買うこと。
そして予算的に余裕があれば輸入レコード
(ビートルズやレッドゼプの海賊盤など)を数枚買い、
タイミングが合えば何らかの洋楽アーティストのコンサートに出掛けること
(マウンテンやニッティ・グリッティあたりとタイミングあいそうだ…)。

早い話が、かねてからの夢を一気に実現する「大東京ツアー」。
家族同伴ではない「上京」も初となる。

エレキギターはさすがに秋田でも売ってはいたが、
予算的に3万前後!というラインはとっても微妙なところというか、
早い話が最も安くても4万円を超えてしまうわけで、
聞くところによれば東京の秋葉原という電気街(!)に行けば、
電気製品(!)なら種類も豊富で、何でも安く買える夢の街?
そんな怪情報を信じたところにある。

ところが、東京と云わず、関東には親戚がやたらと多くて、
私が上京したのに「訪問しなかった」では親の側の立つ瀬がない。
少しばかり手間だが、数件の親戚をくまなく廻るべし…
という密命を受けてしまう。
少なからず旅費ををカンパしてもらう身の上としては、
ある程度の煩わしさも仕方がない。

さて、夜行列車で上野到着。
まずは出向えてくれた従兄と一緒に向かったのが、
神奈川県は三浦市三崎町の叔父の家。

母に云われた通りに秋田から横須賀までの切符を買い、
後はバス…のはずだったが、それは昭和20~30年代の情報らしく
(父情報だと戦中戦前情報になってさらにややこしい!)
既に品川から京浜急行に乗って終点三浦海岸駅(まだ三崎口まで延びてない)、
そこからやっとバスに乗り、北原白秋だったか(?)で名前だけは知っていた
城ヶ島大橋前で降りたら、バス停に義叔母とまだ小さかったイトコ達が待っていた。

すぐに島に歩いて渡り、磯で泳いだ。
房総半島は見えたが、伊豆半島は見えなかった。
一泊だけしてさていよいよ大都市東京へ!と思っていたが、
役所勤めの叔父が翌朝突然、明後日の日曜日にドライブに連れてってやる…
と云ったものだから、結局、計4日間も「ひたすら静かなまぐろ漁港の町」
に留まることになった…。

毎日、朝早くから小さなイトコ達にウクレレを弾いてくれとせがまれつつ、
午後は磯へ云って釣りかシュノーケリング…
井戸でキンキンに冷やしたスイカを食べ、ラムネを飲む…。

ん?…俺ってここへ何しに来たんだっけ? 

テレビでは夏の甲子園大会…怪物江川卓の作新学院が、意外に呆気なく敗れ去っていた。

さて5日目にして叔父叔母、さらに泣いて別れを惜しむイトコらを説き伏せ、
やっと大都市東京に戻って来た。

たまたま練馬在住の叔父の婚約者の弟…がグループサウンズ
(当時既に死語だったけど)でベースを弾いてたから!?という意味不明な理由で、
秋葉原を案内してもらうことにした。

ところがいきなり連れて行かれた場所が「二重橋」で次が「銀座」…
「さて次は地下鉄に乗って浅草に行こうか…」。
私はちょっとキレ気味に、「違うでしょ!秋葉原!」
するとグループサウンズ出身の彼いわく「アキバにエレキなんて売ってねーよ!…」
と突然真顔で若干キレ顔になる。軽くショックを受ける私だが、
もはや後には引けぬと、強引にアキバに連れてってもらうことにした。
「行ったってないからね…楽器屋ならお茶の水か渋谷あたり…」
彼はずーっとそう云い続けていたが、
私は「夢の激安タウン秋葉原伝説!」を頑固に信じて疑わなかったのだ。

普通に照明器具とかが大量においてある大きなビルに入った(ヤマギワ??)。
コレだけ大きいのだから楽器の激安フロアくらいあるのではないか?
ただそれだけの理由。元GSはすでに完全に呆れ果て、
勝手にしろといった感じで口もきかなくなっていた。

ふと階段の踊り場に…あるではないか!エレキギター。
それもまったく聞いたことないGibbonだのGaban、Frecher…
価格も1万円代、2万円代。SGかレスポールモデルを狙っていたのだが、
すぐに目に留まったのが何故かベージュのストラトキャスター(もちろんモドキ)。
「美しい!」と思った。ヘッドのところにFernandesって書いてある。
あまりにもFenderパクリで恥ずかしいな…と一瞬だけ思ったけれど、
もはやこのギターに完全に魅入られていた。

値段は予定より少しオーバーだが、
何と前日に大宮だの参宮橋だの石神井公園だのと親戚をくまなく廻ったら、
おこずかいが増えていたのだ!

もう心は決まっていた。意図的でイヤなロゴマークはそのうち消せば良い….
そう思っていたが、それから1~2年も経つとFernandesは国産でも
優良なギターメーカーに育っていた。

予算は殆ど使い果たしてしまって、予定していたビートルズや
LZの海賊盤も買えなくなるし、コンサートも行けないが、
イジケたはずのGS兄ちゃんがその夜、最大のプレゼントをくれた。

高円寺だったと記憶しているが確証はない。
吉祥寺だったかもしれないし、下北辺りだったかもしれないが
(GS兄貴は既に故人なので確かめようがない)、いずれにせよ、
生まれて初めてライブハウスというところに連れていってくれたのだ。

小坂忠さんのライブ….元はっぴぃえんどの面々が、
既にキャラメルママと名乗っていたかどうか微妙だが、そのステージ…。
私はまだ日本のロックデビューはしてないから、
「は~ん?」というのが本音だったけれど、取り敢えず最前列で観ていると、
突然細野さんが

「じゃあ、ゲスト...今、一緒にアルバムを作ってる…あらいゆみさん…」

ステージ袖からではなく、いきなり私の隣席から、
ちょっとケバい感じの、いいニオイのする女性がスクッと立ち上がり、
ステージに上がった。拍手はまばらだったと思う。

ベルベットイースターと曇り空(たぶん…)を唄った…。
正直、美人じゃないし、唄も上手くない。
時々、高音域で完全に音程をはずしつつ奇ッ怪なヴィブラートが
ギャオスの雄叫びみたいで耳を塞ぎたくなるのだが、
何だか分らない種類の、経験したことのない衝撃、そして余韻…。

絶対売れないな、売れるわけがない!と確信しつつ、
「あらいゆみ」という名前は心に刻まれ、半年後、
デビューアルバム『ひこうき雲』は、私にとっては人生初の、
洋楽以外のレコード購入となるのだが、それはともかく、

こうして当時の夢の集大成たる「超個人的東京(&三崎港)ツアー」は、
地味だか派手だかよく分らぬまま、粛々と終わったのだった。



August Moonのステージを見ていて不意に思い出したのが
「VINEGAR JOE」
お馴染み歌姫エルキーブルックスと故ロバートパーマーの双頭バンド。
ブリティッシュ・ソウルとか英国版デラニー&ボニーなんて云われてたな。


ヴィネガージョー解散後、なぜか私はロバートパーマーを追わずに
エルキーの方を追い掛け、名曲カバー満載のこのアルバムに行き着いた。
その中から「Love Potion No.9」

Vinegar JoeVinegar Joe
(2008/08/18)
Vinegar Joe

商品詳細を見る


The Best of Elkie BrooksThe Best of Elkie Brooks
()
不明

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

amamian3 says..."吹き荒れ始めました"
 これから 更にひどくなるでしょうが
やれる養生は やってしまったので あとは
停電にならぬことを祈るのみ です

 すごいいい体験をされたのですねぇ~・・!!
一人旅にコンサート!!
アライユミって、、、ユーミンじゃないですか(笑
確かに 「ギャオス」だったかも(笑
 私が記憶に残るコンサート・・・寺内たけし 日劇ホール です
「運命」やってましたっけ

 「となりから」といえば そうそう
銀座のディスコ、オープンに御呼ばれしたとき
隣の席のクレオパトラカットのお姉さん「山口小夜子」
当時パリコレのトップモデルだったそうで
唄っていたのはデビュー前の「シャネルズ」でした(笑
やたらハモリの上手いバンドだったと覚えています

 ところで
August Moon のPVはないのですか?
画面からかなりのバンドだと推測しています
ぜひ UPを!!
2014.08.07 17:46 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amamian3さん ご用心下さい"
タイフーン...重ね重ね大変ですね!お見舞い申し上げます。

そういうわけでユーミンとはデビュー前(アルバムデビュー)からの
お付き合い...なんて勝手に語らせてもらってますよ...40年間ずっと!。

これも業界では社外秘なんですが、もう良いんではないかなあ...
シャネルズをスカウトと云うか、アマチュアの時代から面倒見て
様々デビューに尽力したのが、実はR&Bマニアの
「高木ブー」さんなんですよ。
キャラとは違うんで内密だったですけど、もうほぼこの事実自体を
皆が皆、当人まで(!)忘れてるみたいなんで、
敢えて....なんですけどね。

August MoonのPVというかLive Vは、YouTubeでAugust Moon Akitaで
検索すると沢山引っ掛かりますのでお試しください。





2014.08.07 21:43 | URL | #- [edit]
amamian3 says..."いまいち"
拍子抜けしそうな台風・・・ここだけの話デスヨ
聴こえると ヤツは荒れ狂うので・・・

聴いてきました観てきました
いや~~~!!楽しいバンド!!
ボーカル 上手いですねぇ~ お二人とも!!
ドヤっぽく ブルージーかと思いきや
めっちゃ明るい と思いましたが
間違ってますか?(笑

島は旧暦でお盆
今日は「迎え」の日ですが
家族総出の例年と違い 雨風の中一人で迎えてきました(お墓から)
「風きついから、しっかりついてきてよ~」と念じつつ
今はゆっくりくつろいでいるはずです(笑
夕方から長男、3男の家族で賑やかになります
盆と正月は故人を交える・・島の伝統です

では
2014.08.08 10:39 | URL | #wZiQHpeI [edit]
pipco1980 says..."amanian3さん とりあえずよかったです。"
嵐の方はヒトマズご安堵のご様子、何よりです。

August Moonの方は、メンバーになりかわりお礼申し上げます。
ボーカルが変るとドヤっぽくブルージー(笑)なバンドに
変身するんですが、まあコチラはコチラで彼女の明るさが
持ち味の良いPOPバンドだと思います。
まあ何より地元ではカリスマとも云える「ブルース・マスター」が
いるバンドですから....。

生き死に関係なく、みんな戻ってくるんですね....。羨ましいです。
我が家は皆忙しがって誰も来てくれませんよ....まあもともと
実家に寄り着く習慣をもたなかった私の自業自得ですけどね。
2014.08.08 12:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/401-629e6165
該当の記事は見つかりませんでした。