ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

ロンバケ中の夜は更けて

6000.jpg
『大鉄道ジオラマ博とのりもの展 in ALVE』 (8/8〜8/17)
写真好き繋がりのJR絡みの知り合いから、
「行くなら夕方の閉館ギリギリが良いよ」
と云われたけれど、意味が分からなかった。
空くから?お子様達があんまりいないから?何だろう?....。
答えはこの通り...会場の明かりを落として
「夕暮れ時を愉しむ(三丁目の...?)」。
主催者側の粋なハカライ! ナイスだ!。

私は基本的に鉄男君ではないので、
軽やかに走るNゲージ?の勇姿にはあまり興味を示さず、
様々な街並表現のジオラマの中の、
懐かしそうな細い路地をトボトボ辿りながら、

「ああ、自分はこの街が好きだ!」
「こんな街なら住んでみたい!」

そんな街を、気が付けばツラツラと捜している。

大都会な面も悪くはないけれど、
やはり小さな私鉄駅の、近くに銭湯とバーがある風景…
そんな麗しの場所、実は3箇所も見つけてしまいましたよ。



気が付けば竿燈祭も終わったばかりというのに、
曜日の関係か、早やお盆休みに入っているらしく、
やたらと帰省組から連絡が入ってくる。
よもや自分が故郷にいて、「迎える側」に廻るとは
夢にも思わなかったことで、どう対処していいのかよくわからない。

「おお、まだそこにいたか!田舎が良くてもう東京に戻る気ねえんだろ!…」

実は最も堪えるのがこの文言を云われることだが、
口さがない連中のこと、ほぼ間違いなく、
容赦なくこの言葉を浴びせられてしまう。

コチラはなにしろ切り返しようがない上に、
半分図星でもあるわけで、
「あんまりカラダに負担の掛からない楽な仕事でも見つかれば、
 すぐにでも戻るんだがね…」とバカ真面目な応対をすると、途端に

「無理無理、アンタは楽な仕事もややこしくするって有名よ!
 もう若くないんだから休むことが許されるうちは休むのが一番。
 そのうちアンタまたガリガリギリギリ仕事にのめリ込んじゃって
 カラダぶっ壊すに決まってんだからさ…」

「俺ってそんなだったか?」

「よく言いますよ!エコノミックアニマルってアンタの為の言葉でしょ!
 アンタにとってホントに良い機会だと思うよ、このロンバケはさあ…」

「ロンバケか…」

「そうロンバケ。でもいつか終わりが来るからね。
 その時はゆっくり、ドッコイショって復活すりゃ良いじゃん」

「そうかロンバケ…ね......まあ今夜は呑もうぜ」

そうしてお盆休みの夜は更ける…。

オマケ 都会的な風景もあるんですがね…。
53.jpg

お風呂屋さんの柔らかい燈火....。やっぱりいい!この街、気に入った。
0011160.jpg



最初の頃、ケイトブッシュと云う生粋のお嬢様(お姫様だな)がどうも苦手だった。
ところが何枚目かのアルバムか忘れたが、ピーターゲイブリエルの向こうを張って
100何チャンネルかのマルチトラックを操って仕上げたというアルバムが
「The Dreaming」というアルバム。
ハハ〜ン、確かにスゴいサウンドだねえ!と感心しつつも
その実「だからなに?」という気持ちもないではなかったのだが、
A面の何曲目かに突如出て来た、さほどトラックも使ってなさそうなこの曲に
私は打ちのめされる。
なんだこの女!この凄みは何!この迫力は...!というわけで
Kate Bush - Pull out The Pin


DreamingDreaming
(2011/05/16)
Kate Bush

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

6 Comments

amamian3 says..."三丁目の夕日、、でしたっけ"
まんがを追っ駆けた訳ではありませんが
あの作者の感性は好きでしたよ

それにしても粋な計らい
主催者の気持ちも嬉しいですねぇ・・・!!

ジオラマ・・子供の頃
河原で作った石ころの「村」を思い出しました
仲間が帰った後も 一人ぶつぶつ言いながら
夢中であそんでいた・・・
母が探しに来て「あんた 馬鹿じゃない?」って(笑
村の中にいた母は こんなに怒らんかった、、なんてね
しぶしぶ家路についたもんです

今日は「送り」の日
夕方にはまた
静かな我が家に戻ります
2014.08.10 08:31 | URL | #wZiQHpeI [edit]
taka says..."いいこと聞いた!!"
ロンバケ かぁ!!

私も今度聞かれたら、『ロンバケ中』と答えてみよう!!
2014.08.10 10:35 | URL | #XtpRPBkU [edit]
pipco1980 says..."amamiann3さん こんにちは"
西岸良平な世界....ですね。

そう、河原の砂利とか砂浜とかて、気が付けば壮大なジオラマが
自分でも思いもよらず出来上がってしまい、
満潮の波で破壊されるのを哀しげに見守る,...。
amamian3さんはそんな子供だったんでしょうね...って、
私もそうでしたよ(笑)!

もう「送り」ですか...コチラはまだこれからですね。
ちょうど終戦記念日あたりと重なりますから、
その時期は何となくセンチメンタルな感じになります。

2014.08.10 12:16 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."takaさん まいどだす!"
うーん、他人から云われるのは仕方ないにしても
自称するには、ちょっとあざとくないかあ?
って、ちょっと反省してますよ(笑)!

...という風に「プチ・リタイヤ生活」に、
ある種の罪悪感を持って生きるのも、なんだなあ...
もっと胸張って前向きに生きんかい!とも思うんですが、
コレがなかなか....。
takaさんにはご理解いただけるんじゃあないかなあ...
この繊細で折れやすいオヤジ心...。
2014.08.10 12:28 | URL | #- [edit]
oyajisann says...""
今の会社にしがみついてるのが情けない
と思いながら働いてるのですが、バーケ
―ションどころかリタイアしたいです。
ケイと嬢評価高いけどどうも苦手なシン
ガーです。
友人に分かってないと言われましたが
最終的には嗜好の問題と常々思います。
2014.08.11 20:31 | URL | #eTRrWisM [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんばんは"
体力&気力的なことも含めて、年代的にかそういう
お話を良く聞くようになりました。
実際に会社の数年先の展望とか、それによる退職金の
減衰なんかを予測し、緻密な計算とかしつつ、
今辞めるのが一番!とか判断して50代でリタイヤ生活に
突入した人も数人知っています。後悔の弁は聞いたことはありませんが、
それなりにガテン系(配送センターの仕分けとか?)
アルバイトとかしてるみたいで、それならば何も....
という気もします。

私もケイト姫は苦手なんですよ。ギルモアが一生懸命バックアップ
してるとか、ガブリエルのところに弟子入りしたとか(?)で
頑張ってるのは分るんですが、コレばっかりは生理的なものも
ありますんでね...。ただこの曲は、相当頑張ったねえ、よしよし!
....そんなとこですよ(笑)。

2014.08.11 22:01 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/402-c8aa201d
該当の記事は見つかりませんでした。