ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

それぞれの40周年

ちょうちん

怒濤の『Make Love Company』 40年ぶり再結成コンサート
もう3日も経つのだが、「あまロス」ならぬ「メーラブロス(?)」で、
何となく放心の日々が続いている。
いやはや凄かった、ほんとに恐れ入った…。

当日は、同行者の都合で少し遅れて現場に入ったのだが、
隅々までぎっしり満員のムンムンする中で、
僅かに空いていた席(というか予約席)に向かうと、
その周囲はなんとほぼ「知った顔」で、
昔っからの地元ミュージシャンやアーティスト連中。

アチコチからハイタッチやらハグやら握手やらでなにしろ忙しい。
まさに40年前のこの愛すべきバンドのホームグランド
=今は亡きライブハウス「田中屋」の客席に集まったメンツまで
そのまま再現されているではないか!。

でもちょっと待て…自分は35年も故郷にはいなかった人間で、
その間も頻繁に帰省しては旧交を温めるような、
そんなタイプの人間ではなかった。
言い換えれば35年間、故郷と断絶していたどうしようもない人間である。

あらためて故郷の暖かさ、懐の深さを感じるなあ…
などと感慨に耽っていると、客席の反対側から突然
「○○ちゃ~ん!」と、私の下の方の名前を呼び、
しきりに手を振る一団を発見するのだが、
それはまったく見覚えのない「オバちゃんズ」の一団…。
「同じ名前のドナタか様?…」と、思っていたら、
このオバチャマ方がまた、すっかり変わり果てた(おたがいさまだが)
私の小~中学校時代の同級生達だったりする
(一部バンドメンバーの家族になってたりするが…)。

人間死ぬ直前には、走馬燈がぐるぐる回る中で、
人生の中で出会った懐かしい人達と次々再会するというが、
「オレ、このままここで死ぬのか??」というほどの、
ちょっとジャンルの異なる「同窓会状態」。

いやはや、大丈夫なのか….オレ?さっき気のせいかグラッと来たぞ…。
そういうわけでなんだか急に、もっといろんな人と会いたくなっていたところに、
昨夜、駅前の呑み屋のオヤジで、小学校の同級生の男が唐突に現れるとこう言った。

「オマエんちの隣のビル…売りに出てるの知ってるよなあ…
 オレ、そこ買うことに決めたから。だからこれからはお隣さんということで、
 今後ともヒトツよろしく…」

何だかどうしたんだろうか…風雲急を告げそうな私の周辺である。



そもそも自分自身の寿命も怪しいものだが、
もしMake Love Company50周年!があるとすれば、
こんな感じもありかなあと!…。
がんばれオサムちゃん!


キャブ・キャロウェイキャブ・キャロウェイ
(1999/11/20)
キャブ・キャロウェイ

商品詳細を見る


ブルース・ブラザース [Blu-ray]ブルース・ブラザース [Blu-ray]
(2012/05/09)
ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド 他

商品詳細を見る

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

ヨッピちゃん says..."初めまして"
駅前の昔話が懐かしく最近ちょくちょく拝見しております。
高校の部活帰りには、広小路協働社の和食レストラン「はくと」でいつもカツ丼を食べてました。
小学校の同級生の方が駅前ビルを買われたそうですね?
もしかするとそのビルは、私が一足違いで逃した物件かもしれません。
一階が親子で営む居酒屋さんなら間違いないです。
あの通りは、唯一当時の雰囲気を残す場所ですね。
これからもブログ楽しませて下さい。
2014.08.21 10:44 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."ヨッピちゃんさん こんにちは。"
早速ブログ拝見させていただきましたよ。
面白かったです。

30年くらい前、秋田に帰省していて、腹が減ったので
「まんぷく食堂」に入ります。昔、金座街裏にあった「銘店??」。
とはいえ、昼間から酒をカックラってる客が多かったんで、
そこは大人の社交場、子供の頃はあまり近づかなかった場所だけれど、
もう充分大人だし!デビューするかね!と入ってカツ丼を注文します。
ところがなんか妙なカツ丼…???。おっ!タマゴでとじてない!
これはそういうものなのか?、単純にミスなのか判然としないまま、
結局二度と足を運ぶことはなかったですね。

ああ今後ともヨロシクおねがいします。
2014.08.21 13:03 | URL | #- [edit]
Mitsui says...""
楽しかったね~♪
みんなに大感謝です。
またね!
2014.08.21 13:42 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."Mitsuiさん どうもでした!"
師匠にはたくさん云わねばならぬ言葉が
あるような気がするけれど、いまはとにかく
「おつかれさまでした」そして
「ありがとうございました」
それだけ云わせてください。

ああそれと...
「素晴らしかった!」
2014.08.21 15:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/407-63e7ce79
該当の記事は見つかりませんでした。