ボチボチと生きてくよ!秋田篇

35年振りに故郷に戻り生活することになった、気がつけば中高年の泣き笑いなど。
MENU

お間抜け一族の陰謀?

909090.jpg

本日、外来受診に行ったら、旧病棟がスッカリ解体されていた。
新病棟の何倍もの広さの「空いた土地」はすべて
『病院専用駐車場』になるのだそうだ。

一瞬だが、花屋や本屋、ケーキ屋にフルーツショップ、
健康に配慮したやさしいレストランに雰囲気の良いカフェなどが居並ぶ
『新しい街の誕生!』に期待し、胸躍った私が愚かだった。

またしてもモータリゼーションの大波!…
街はこうしてどこもかしこもクルマのための無機質な施設に埋め尽くされ、
確実に…廃れて行く。
もうこれは麻薬だな…。



病室の窓は、基本的に10cmほどしか開かない仕組みになってる。
もちろんその意図は、世を儚んで、
それを行動にウツそうとする患者さんへのケア…
その一点に尽きるだろう。

3ヶ月前、「院内行動自由」とはいえ、外出は出来ない
一般入院患者な立場の自分は、何とか外気を吸おうと
病室の窓を全開にしようとするのだが、
中央の細長い回転窓が10cm開くだけじゃあ「外気」な気分は殆ど味わえないから、
そこから鼻と口だけを精一杯に突き出して深呼吸したりするのだが、
やはり外の温度(気温ではなく生活の温度?)とか匂いなど殆ど感じることはなく、
ただただ徒労に終わりつつ、同室のじいちゃん達には
「またこのトッチャン坊や…何か分け分らんこと始めよったぞ…」
と訝しがられるのだった。

ふと、日本がまだ米軍統制下にあって、自由に海外旅行など出来ない時代に、
会社の出張で香港に出掛けた父のエピソードを思い出した。

宿泊したのはヒルトンとかいう、とても貧相なホテルだったそうで(?)。
風呂に入ろうとしたら、なんとバスタブがない。
入浴=バスタブ必須というのが当時の日本人だから、
これには相当焦ったらしい。

しかしふとバスルームの床を見ると、
ちゃんとお湯が溜りそうな3cm高くらいの柵があるではないか。
父は「はは~ん、なるほど!」と閃いて、
シャワーのお湯を出しながらタイル張りの床に這いつくばり、
出水栓をお腹で塞いでお湯を貯めつつ、
香港に於けるバスタブ入浴を、チャプチャプと
無事に果したのだそうだ....。

まあ当然部屋はビチョビチョなんだろうが、
それ以上は恐ろしくて聞けなかったな…。

10cmの隙間から鼻と口を伸ばせるだけ伸ばして深呼吸しながら、
そんなことをふと思い出すのであったが、
本日、外側からその同じ窓を眺めながら、
3ヶ月前の必死に外気を吸う自分の情けない姿が、
なんとはなしに見えるようで、苦笑するしかない自分であった。

お間抜けな父子だが、実はその三代目も相当に面白いのだが、
当人からカタく、ここには書くな!絶対ばらすな! また行き遅れる?!
と、厳命されているので、一応避けることにするが、
あー、書きてー!!



モータウン系からキャロルキング、近年ではクルセイダーズからJ-POP系まで
一体自分はいつからこの人の存在を知り、いつ頃から意識し出したか、
まったく謎ながら、いつもごくごく身近に存在したギタリスト
それが「David T. Walker」。

これは2010年の丸の内「Billboard Club」でのライブ映像だと思う(聴きに行った!)。
近年はなんとDREAMS COME TRUEのプライベートレーベル「DCT」から
新作アルバムをリリースしてるのだそうだ!


フォー・オール・タイムフォー・オール・タイム
(2010/12/08)
デヴィッド・T.ウォーカー、マリーナ・ショウ 他

商品詳細を見る
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

4 Comments

amamian3 says..."陰謀"
企てるのも
それを打ち破るのも大好き!!
・・・少し違いましたね(笑

キャロル いい音色のギターですねぇ・・・
若い頃の音とどう違うのか ここで聞き比べなど
したいのですが  可能ですか?

ところで 右上の風鈴さん
音楽のリズムに絶妙なタイミングが 稀にあるのですが
はずすことが多いですよね(笑
音をクリックしたら静かにしている方法はないのですか?

 今朝のビーチ散歩
空を見上げたら 雲がまったくありませんでした
でも Tシャツがビッシリ汗ばむ季節は
終わったようです
爽やかな 朝です
では
2014.08.28 08:06 | URL | #- [edit]
pipco1980 says...""
陰謀っというより、まあただのお間抜けなお話でありました。

amamian3さんも元業界の方ですからお分りになるかと思いますが
レコーディングセッションに於いては「2番目のギタリスト」って
役目があるんです。1番目がまあ名の通ったスタープレーヤーさん。
ところが彼らはサクッとソロなど録り終えたら「ご苦労さん」。
地味なリズムや細かいディテール部分は結局職人的ギタリストが
じっくりと作り込んだり、修正したり....。
David T. Walkerは元々そう云う地味な立場の人。
レコードのクレジットではよく目にするけど、
実際そんなに印象は強くない.....。
実は私もそんな音楽人生だったなあと
彼と自分をダブらせたりもします。
ま、そんなわけです。

コチラはもう夜相当冷え込むようになりました。
日差しも弱くて、写真を見て、「こんな青空だったの?」って
驚くくらいです。
2014.08.28 09:30 | URL | #- [edit]
oyajisann says..."今晩は"
こちらもちょっとした空地コインパーキングになる事
多いです。現金箱狙った強盗さん多く治安悪くなる。
David T. Walkerさんお名前はお目にかかる事多い
けど実際どのギタープレイか?です。
あんまり興味ないけどドリカムの最新アルバムにもギ
ター弾いてたと記憶してます。
2014.08.28 17:52 | URL | #- [edit]
pipco1980 says..."oyajisannさん こんばんは"
当地では、コンビニの売上げは駐車場の大きさに比例する...
のだそうです。なんだかなあ〜って感じです。

David T.Walkerは上のコメントの通り「2番手」何ですな。
他にもJoe Beckとかスピノザ、ミノロフ、トロペイ...なんて
名前も浮かびます。キャロルキングとのコラボは有名ですけど、
印象としてキャロキンといえば、ダニーコーチマーですものね!
そんな微妙な立ち位置に個人的に共感...そんな感じですよ。
2014.08.28 19:28 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://pipco1980.blog.fc2.com/tb.php/410-656d0f20
該当の記事は見つかりませんでした。